「Z-BYS ES」 製品説明と事例紹介
2009年5月21日
ネクスト・イット株式会社
執行役員 ソリューション技術部
部長
新井英記
こんなお悩みはございませんか?
• バックアップのために長時間、業務を止めなければいけない
• 本当にバックアップとれているの?
• 復旧方法が難しくて判らない。
• 私のシステム、バージョンアップしても大丈夫?
• 上司は災害対策のために遠隔地にデータを保管しろと言うが
災害対策のシステムを構築する予算がない。
• バックアップシステムを構築するのに高度な知識が必要
そんな方には"Z-BYS"をどうぞ
お客様のデータ保護に関するあらゆるお悩みに
Z-BYSはお応えいたします。
お気軽にご相談ください。
以下のソリューションをご提供
お悩み
バックアップのために長時間、業務を止めなければいけない
本当にバックアップとれているの?
復旧方法が難しくて判らない。
バックアップシステムを構築するのに高度な知識が必要
上司は災害対策のために遠隔地にデータを保管しろと言うが
災害対策のシステムを構築する予算がない。
災害対策をしたいが、本番サイトの障害も早急に復旧したい。
災害対策サイトでサーバ(サービス)をスタンバイさせておきたい。
いろんなベンダーなので管理方法が煩雑になってしまう。
データ移行が面倒
ストレージリプレースが面倒
私のシステム、バージョンアップしても大丈夫?
サーバが増えて管理しきれない。
サーバの仮想化をできるだけ安価に構築したいがサービスレベ
ルも下げたくない。
解決ソリューション
構成案1) バックアップソリューション
構成案2) 簡易災害対策ソリューション
構成案3) 災害対策ソリューション
構成案4) ストレージ統合ソリューション
構成案5) サーバ仮想化ソリューション
上記以外にも様々なソリューションをご提供いたします。お気軽にご相談ください。
構成案1) バックアップソリューション
バックアップ
対象サーバ
(例:DBサーバ)
③
マウントされたスナップショットから
テープデバイスへバックアップ
バックアップ
サーバ
Hyper
Trac
お客様の悩み
1) テープへのバックアップの為に、DBを止めなければ
ならない(コールドバックアップ)
2) データが膨大な量なので、ある時間帯(バックアップ
ウィンドウ)内にバックアップが完了しない。
3) バックアップデータの長期保管をしたい。
Z-BYS + Hyper Tracを使用してのメリット
①
DiskSafeにより
Z-BYSへの
バックアップ
LAN
1) Z-BYS ES Client-S + SnapShot Agent にてDBを止めず
に、Z-BYS ES Serverにバックアップが出来る。
2)Hyper Tracを使うことで、既存のバックアップサーバに
取得したスナップショットをマウントでき、DBが稼動中
でもテープにバックアップが可能
構成:
Z-BYS ES Client-S
+ SnapShot Agent
②
取得したSnapShotを
HyperTracによりバックアップ
サーバにマウント
1) Z-BYS ES サーバ
2) Z-BYS ES Client-S
3) SnapShotAgent
4) HyperTrac
最小構成見積もり例:
x1
x1
x1
x1
構成案2) 簡易災害対策ソリューション
Z-BYS ES Client-S
+ SnapShot Agent
お客様の悩み
1) 社内のデータを遠隔地に保管したいが予算が少ない
2) できれば、遠隔地にてスタンバイサーバを立てたい
3) バックアップのためにDB並びにメールサーバを止め
たくない。
本番サイト
DB
Server
Exchange
Server
② 仮想サーバにバックアップ
したディスクをマウント
(ESXi にはRDM実施)
iSCSI
DRサイト
WAN
(Bフレッツ)
①
DiskSafeにより
Z-BYSへのバックアップ
Z-BYS + VMWareESXiを使用してのメリット
1)既設のネットワークを使用して遠隔地へデータを保管
できる。
2)WANは廉価なBフレッツで可能
3)DiskSafeにより、セキュアなデータ転送(暗号化可能)
実現
4)DRサイトでバックアップしたディスクを使用して即時に
スタンバイサーバ(仮想サーバ)を構築可能
5)もちろん、本番サイトのサービスは止めない
構成:
VMware
ESXi Server
1) Z-BYS ES サーバ
2) Z-BYS ES Client-S
3) SnapShotAgent
x1
x2
x2
構成案3) 災害対策ソリューション
Z-BYS ES Client-S
+ SnapShot Agent
本番サイト
DB
Server
Exchange
Server
お客様の悩み
③ 本番サイトでの障害は
①でバックアップした
ディスクを使用して実施
③ 仮想サーバに遠隔複製
したディスクをマウント
(ESXi にはRDM実施)
iSCSI
DRサイト
WAN
(Bフレッツ)
①
DiskSafeにより
Z-BYSへのバックアップ
※Cドライブ含めて
1) 社内のデータを遠隔地に保管したいが予算が少ない
2) できれば、遠隔地にてスタンバイサーバを立てたい
3) バックアップのためにDB並びにメールサーバを止め
たくない。
4) 本番サイトの復旧を早急に実現したい
Z-BYS + VMWareESXiを使用してのメリット
1)既設のネットワークを使用して遠隔地へデータを保管
できる。
2)WANは廉価なBフレッツで可能
3)DiskSafeにより、セキュアなデータ転送(暗号化可能)
実現
4)DRサイトでバックアップしたディスクを使用して即時に
スタンバイサーバ(仮想サーバ)を構築可能
5)もちろん、本番サイトのサービスは止めない
6) 本番サイトでも即時の復旧が可能
構成:
VMware
ESXi Server
②
Z-BYSにてレプリケーション
(遠隔複製)を実施
1) Z-BYS ES サーバ
2) Z-BYS ES Client-S
3) SnapShotAgent
4) Replication Option
x2
x2
x2
x2
構成案4) ストレージ統合ソリューション
お客様の悩み
DB
Server
Z-BYS
A社
Exchange
Server
バックアップ
サーバ
管理
Server
Z-BYS
B社
Z-BYS
C社
Hyper
Trac
iSCSI
①
Z-BYS管理下の仮想ディスクを
各サーバにアサイン・マウント実施
②
各仮想ディスクのスナップ
ショットをバックアップ
サーバにマウントし
テープへのバックアップを
可能にする。
1)管理方法が各社ストレージに依存してバラバラ
2)バックアップ方法もバラバラで管理コストが増大
3) ストレージリプレース時に適切なストレージを選べない
4) ストレージリソースの管理が面倒。
Z-BYS を使用してのメリット
1)各ベンダーのストレージをZ-BYS管理下におくことに
より、単一の管理を実施することが可能
2)ストレージリプレース時にも、Z-BYSの機能を使うこと
によりデータ移行も簡単、ストレージリプレースも簡単
3) バックアップも統合
4) 将来の災害対策にも簡単に着手することができる。
5) シンプロビジョンの機能により、物理ストレージを節約
可能
6) iSCSIを使用するために、高度なSAN知識は不要
構成:
1) Z-BYS ES サーバ
2) Z-BYS WL Client
3) HyperTrac
x1
x3
x1
構成案5) サーバ仮想化ソリューション
お客様の悩み
仮想
Server群
1) H/W 性能が向上し、CPU資源に余剰が発生
2) 1台の物理サーバに一つのサービスを割当
3) 使用率の低いサーバが増加
4) 部門単位に無秩序に設置されたサーバ
5) デスクトップ環境のセキュリティ
6) 物理サーバの老朽化
7) 物理サーバ増加に伴う運用管理費の増加
8) 人、空調、電気、スペースなど
管理
Server
物理
Server
物理
Server
Storage LAN
Management LAN
Z-BYS管理化の
仮想ディスクを
VirtualIronへ
アサイン
Z-BYS + Virtual Ironを使用してのメリット
1) サーバ稼働率の向上
2) 光熱費を含むランニングコストの抑制
3) レガシーなOS対応・サービスの延命
4) Z-BYSによるデータ保護の実現
5) VirtualIronとZ-BYSによる高可用性の実現
6) Z-BYSのスナップショットを使用して
開発サーバの構築も可能
構成:
1) Z-BYS ES サーバ
2) Virtual Iron
x1
x2
構成案6) クライアントPCバックアップ
お客様の悩み
1) 多数のPCをセキュアかつ単一の方法でバックアップ
したい。
2)ユーザが誤ってファイルを消してもユーザ自身でデータ
の復旧を行いたい(管理者の負担を軽減したい)
3) 今後増えていくPCに対して簡単にバックアップ設定を
したい。(出来ればユーザ自身で)
Z-BYS を使用してのメリット
1)ユーザレベルでのバックアップ設定・リカバリーが可能
2) ES-Client では、バックアップ時に暗号キーを設定する
ことが可能で、セキュアなデータ保護が可能
構成:
1) Z-BYS ES サーバ
2) Z-BYS ES Client-P
※5本パック
x1
x2
構成案7) APPLE Server ストレージ・リソース
お客様の悩み
Xserve
Xserve
1)APPLE MAC Serverを接続でき、データを保護
できるストレージを扱っているベンダーが少ない
2)XSANが対応しているか不明
Z-BYS を使用してのメリット
FC SAN
1) XSANの構成事例がある。
2) ストレージ内でスナップショットを取得でき
データ管理が容易に可能
3) ストレージの筐体間ミラーを実施することにより
データ保護が可能
4) 将来的に遠隔複製(レプリケーション)も容易に
構築できる。
5) Z-BYSが管理するストレージはどのベンダーでも
可能(混在も可能)
構成:
1) Z-BYS ES サーバ
x2
Z-BYS ES Server ハードウェア要件
CPUタイプ
AMD Opteron
Intel Xeon
EM64T
メモリ
1GB以上(推奨4GB)
対応OS
RHEL 5 U 1 (2.6.18-53.1.19.el5)
CentOS 5.1(2.6.18-53.1.19.el5)
CD-ROMドライブ
ベンダー名
型式
Dell
R805
PowerEdge R900
PowerEdge R905
PowerEdge 2950 III
HP
1
ProLiant DL180 G2
ProLiant DL180 G5
ProLiant DL185 G2
ProLiant DL185 G5
一般サーバベンダー
認証リスト(WW)
ProLiant DL380 G2
ProLiant DL380 G5
ProLiant DL385 G2
ProLiant DL385 G5
ProLiant DL580 G2
ProLiant DL580 G5
ProLiant DL585 G2
ProLiant DL585 G5
IBM
x3650
x3655
クライアント対応表#1
ソフトウェア
サポートOS
Windows Server 2008 (32-bit and 64-bit AMD Intel)
Windows Vista and Vista with SP 1 (32-bit and 64-bit AMD Intel)
Z-BYS ES Client-P/S
Windows XP Home Edition or Professional with SP 2 or later (32-bit)
Windows 2000 Professional, Server, and Advanced Server, with SP 4
Windows Server 2003 and 2003 R2, Standard and Enterprise Edition with SP 1 or 2 (32-bit
and 64-bit)
Windows 2008 (32-bit and 64-bit AMD Intel)
Windows 2003 and 2000 (32-bit and 64-bit AMD Intel, Itanium)
Windows NT (Server or Workstation) with SP 6
Linux 2.4 and 2.6 kernels
Solaris 7 SPARC
Z-BYS ES Client-W/L/U
Solaris 8 SPARC
Solaris 9 SPARC
Solaris 10 SPARC
AIX 5.2 and 5.3 (64-bit)
AIX 4.3 (32-bit)
HP-UX 11i (64-bit PA-RISC)
HP-UX 11iv2 (64-bit PA-RISC and Itanium)
クライアント対応表#2
ソフトウェア
サポートOS
Windows 2008
Windows 2003
Windows 2000 with SP 4
NetWare Server 6.x with SP2
HyperTrac
AIX 4.3 and 5.x
HP-UX 11.11(11i) and 11.00
Red Hat Enterprise Linux 4 (32-bit and 64-bit)
SUSE Linux
Solaris 8, 9, and 10 (SPARC)
Windows 2003
Windows 2000 with SP 4
AIX 5.2
Snapshot Agent for File
Systems
Red Hat Advanced Server 3、 Red Hat Advanced Server 4
Solaris 8 SPARC and x86
Solaris 9 SPARC and x86
HP-UX 11
NetWare 5, NetWare 6
SnapShotAgent対応アプリケーション
IBM
Lotus
Microsoft
DB2 Universal Database
Informix
Lotus Notes/Domino 8
Lotus Notes/Domino 7.0.2
Lotus Notes/Domino 6.5
Lotus Notes/Domino 6.0
Lotus Notes/Domino 5.11
Exchange 2007
Exchange 2003
Exchange 2000
SQL Server 2008
SQL Server 2005
SQL Server 2000
VSS
Novell
GroupWise v6.5
GroupWise v6.0
GroupWise v5.5
Oracle
Oracle 8.05
Oracle 8i (v8.1.7)
Oracle 9i (v9.0.1)*
Oracle 10g (v.10.0.2)*
Oracle 10.1.0.3*
Oracle 10.2.0.4*
Oracle 11g
Pervasive SQL 8, 8.5, 9, 9.5
Progress Progress version 9
Progress version 8.3
SAP MaxDB SAP MaxDB 7.4, 7.6
Sybase
Sybase 12.5.3
Sybase 12.5.0
Sybase ASE 12.0
Sybase 11.9.2
* Certified on Linux, Solaris, and Windows with ASM (Oracle 10g) and RAC (Oracle 9i and 10g)
Z-BYS ES と FalconStor CDP/NSS
以下のソリューションに最適
-バックアップソリューション
-サーバ仮想化
-ストレージ統合
保護対象容量
大
専用ストレージベンダーの
バックアップ・ソリューション
20TB
FalconStor社
CDP/NSS
6TB \3,600,000 -
専用ストレージベンダーより
高機能・低価格な
ソリューションを提供
中4TB
Z-BYS ES
1TB
4TB \1,148,000
3TB \ 948,000
2TB \ 548,000
小
ローカルレプリケーション
遠隔レプリケーション
Z-BYS 概要図
MS SQL
Virtual
Disk
Oracle
DB2
Virtual
Disk
Virtual
Disk
Virtual
Disk
Virtual
Disk
既存
Disk
Exchange
既存
Disk
FC
既存l
Disk
Notes
Direct
Disk
ホスト(Server/Clients)
 マルチプラットフォームに対応
(Windows NT/2k/2k3, Solaris, Linux, HP-UX, IBMAIX, NetWare, OpenVMS, Mac, IRIX, True64
VMwareESXServer,Virtual Iron …)
 マルチアプリケーションに対するスナップショット
エージェント(オンラインでデータの整合性を保全す
ることが可能)
ホスト接続プロトコル
iSCSI
(Fiber Channel, iSCSI)
マルチパス接続対応
※Z-BYS ESシリーズではiSCSIのみ
Z-BYSストレージサービス機能
IPStor
 ミラーリング、世代管理、スナップショット、レプリ
ケーション、CDPジャーナル機能、HA機能
ストレージ
ストレージプール
物理ストレージ群
(様々なメーカー、機種をサポート)
 ストレージ仮想化(簡単な操作で自由なサイジング
が可能)
 既存ストレージ(LUN)をそのままホストへ提供可能
(Storage Service Enabler 機能)
 統合したストレージデータをテープ装置へ集中バッ
クアップ可能
 マルチパス接続対応
WindowsServer 4台のバックアップシステム見積もり例
LAN(iSCSI)
HP DL380G5
\414,750
CPU:Xeon E3110 3GHz x 1
MEM:4GB
HDD:750GB SATA HDD x 4 (RAID5)
OS:CentOS 5.1
Z-BYS ES
ES Client(DiskSafe)
\548,000
\150,000 x 4
合計 \1,427,750 -
旧来のバックアップとの比較
テープバックアップソフト
Z-BYS
×障害→暫定復旧
ARCServe
リアルタイムコピー
Z-BYS
10~30分後アクセス可
代替サーバー化
★データ保存が主目的
25年前の当時はストレージが高価であったため、効率
的にテープバックアップを実現する手法として確立され
ました。(FalconStor社CEOが開発)
★データ高速復旧が主目的
ストレージの低価格化と普及に伴い、ストレージの
技術を活かした高速復旧のための技術(CDP)が確
立されました。
旧来のバックアップとの比較
テープバックアップソフト
ファイル単位
ブロック単位
変更差分
変更差分
・・・
★データ格納
Z-BYS
ミラーディスク
リアルタイム更新
最新データ
データ
★データ・システム復旧
<復旧>
リストアは5~10時間?
★復旧が遅く、負荷も高い
<復旧>
インスタントリカバリー
10~30分
★復旧が早く、負荷も軽い
負荷が軽ければ、遠隔地保管を行う場合の回線費用も安くなります。
復旧が早ければ、万が一の障害時の損失金額が軽減できます。
復旧時間比較:テープバックアップ 対 Z-BYS
従来型テープバックアップ
Z-BYS
12 時間
8 時間
30 分
リカバリ時間想定値
1 時間
あらゆる障害において完璧なデータ保護と迅速な復旧を提供します
想定しうるトラブル
(データベースサイズ 200GB, 全SGサイズ 500G)
参考値:システムダウンによる損失金額
1008万円/時間
1時間当たりのシステムダウンが与える平均企業損失金額(日経BP2003)
計算式:影響範囲年商×ダウンタイム(RPO+RTO)÷年間営業時間
=システムダウンによる損失金額
テープバックアップの場合では、
約1億80万円(10時間で復旧した場合)
Z-BYSの場合、約504万円(30分で復旧した場合)
※RPO(バックアップのタイミング)によるデータの差し戻しを考慮せず)
今、なぜZ-BYSなのか?
今まで
現在
•
•
•
•
データ保管・保存が主目的
サーバ1台にテープ装置1台
『事業継続計画(BCP)』の為の高速リカバリー
統合型高速リカバリー
統合型リカバリソフト
従来型バックアップソフト
エージェント
バックアップ
ソフト
バックアップ
ソフト
バックアップ
ソフト
エージェント
エージェント
エージェント
エージェント
バックアップ
ソフト
・・・
・・・
Z-BYS
ストレージ群
データ・サーバ台数が急増
→ハンドリングコスト増
世代管理の煩雑さ
数百台のサーバにも対応
→省力化
簡単な世代管理
リカバリーは何時間?
リカバリーは10分
FalconStor
Green Initiative
テープバックアップ 対 Z-BYS <まとめ>
ソフトウェア
製品
Since
サーバー
台数
拡納先
復旧
-ARC Serve
テープ
バックアップ
-Backup EXE
1985年~
<OLD>
ファイル単位
Tape
1~5台
5~10時間
-Back Bone
Z-BYS
2006年~
<NEW>
仮想ストレージ
5~50台
データ○○
10~30分
コミットメント
リカバリータイム
月・火・水曜日
大容量差分
ブロック単位
極小差分
バックアップ先の媒体がテープからストレージに変わることにより、ストレージの技術を活かした、
統合化型の高速リカバリを実現できるようになりました。
投資対効果が高い、Z-BYS を是非ご採用ください。
お問合せ先
ネクスト・イット株式会社
東京本社
TEL: 03-5783-0702
FAX: 03-5783-0734
大阪事業所
TEL: 06-6362-2007
FAX: 06-6362-2008
URL: http://NextIT.jp
E-mail: [email protected]
ダウンロード

「Z-BYS ES」 製品説明と事例紹介