目次
タイトル
スライドNo
1.鉄とはどんな物質なのか
3
2.薄板製品の種類(1) 熱延鋼板
4
3.薄板製品の種類(2) 冷延鋼板
5
4・薄板製品の種類(3) 表面処理鋼板ー1
6
5.薄板製品の種類(3) 表面処理鋼板ー2
7
6.薄板製品の規格体系 加工特性
8
7.薄板製品の規格体系 抗張力(強度)
9
8.薄板製品の規格体系 使用目的(用途)
10
9.薄板製品の規格体系
11
厚さ許容差
10.薄板製品の規格体系 幅・長さの許容差
12
11.薄板製品の規格体系 平坦度・キャンバー
13
12.外観に関する規定
14
NS Felllows Corporation
1
鉄とはどんな物質なのか
「長所」
1.強さがあると同時に加工がしやすい。
2.溶接が容易にできる。
3.各種表面処理が可能で、特にメッキすることにより希少金属との組合せで錆の対策ができる。
4.他の元素との組合せで特殊鋼、合金鋼などの製造ができ、飛躍的な材質改善・向上ができる。
5.経済的に安価である。
6.リサイクルが可能で、地球に優しい。
7.磁性、導電性、伝熱性がある。(この特性は用途によっては、短所の場合もあるが・・・・)
「短所」
1.重い。・・・・・・・鋼板の比重は通常7.85で、同じ体積の水と比べて7.85倍重い。
2.そのままでは錆びやすい。・・・・・・・水分があると顕著に加速される。
<参考>
プラスチック ・・・・・・ リサイクル性、疲労強度、靭性などに課題あり。また高価である。
アルミ、チタン ・・・・・・ 高価であり、他の金属との併用、組合せで現在のところ課題あり。
炭素繊維 ・・・・・・ 鉄と比べて重さは約1/4、強さは約10倍、日本メーカーが先行、自動車へ共同開発中
NS Felllows Corporation
2
薄板製品の種類(1)
薄板製品(普通鋼)は大別すると、「熱延鋼板」、「冷延鋼板」、「表面処理鋼板」となる。(薄板3品)
「熱延鋼板」の種類
熱延ライン巻き取りのまま
デ
ス
ケ
ー
リ
ン
グ
黒皮コイル、アズロールホットコイル
ミルエッジ
スキンパス通板
黒皮コイル
耳なし(トリムエッジ)もある。通常無塗油
酸洗ライン通板
酸洗コイル
一般的にはトリムエッジ。通常は塗油
ショットブラスト
ショットブラスト
通常は塗油。
ライン通板
コイル・鋼板
一部にはプライマー塗装あり。
*商取引の習慣から、6mm以上を厚板、3mm以上6mm未満を中板、3mm未満を薄板と呼ぶ。
NS Felllows Corporation
3
薄板製品の種類(2)
「冷延鋼板」の種類
冷延ライン巻き取りのまま
未焼冷延コイル
ただし、一般市場には出ない。
(溶融亜鉛メッキの原板コイル)
焼きなましコイル
焼
焼鈍のまま
調質記号 A
ただし、一般市場には出ない。
標準調質冷延コイル
調質圧延
鈍
最も一般的冷延コイル
調質記号 S
ダル仕上げ D
ブライト仕上げ B
*みがき帯鋼とは、幅500mm
未満で冷延された鋼帯を言う。
(調質圧延ロールで作り分ける。)
硬質冷延コイル
調質記号8,4,2,1
NS Felllows Corporation
顧客の硬さ指定による。
4
薄板製品の種類(3)
「表面処理鋼板」の種類-1
NS Felllows Corporation
6
薄板製品の種類(3)
「表面処理鋼板」の種類-2
NS Felllows Corporation
6
薄板製品の規格体系
1)加工特性からの体系
成形性
熱延鋼板
冷延鋼板
溶融亜鉛メッキ鋼板
電気亜鉛メッキ鋼板
(JISG3131)
(JISG3141)
(JISG3302 冷延原板)
(JISG3313 冷延原板)
一般用
SPHC
SPCC
絞り用
SPHD
SPCD
深絞り用
SPHE
SPCE
SPHF(特殊キルド) SPCF(非時効性)
超深絞り用
SGCC
絞り用1種
絞り用2種
絞り用3種
絞り用4種
SECC
SECD
SGCD1
SGCD2
SGCD3
SGCD4
SPCG(非時効性)
SECE
SECF(非時効性)
SECG(非時効性)
C:Commercial, D:Deep Drawing, E:Extra Deep Drawing
青字:2005年に制定
赤字:2007年に制定(非時効性)
NS Felllows Corporation
7
薄板製品の規格体系
2)抗張力(強度)からの体系
抗張力(N/mm2)
270級
熱延鋼板
SPHC
SPCC
SAPH310
~400級
440級
溶融亜鉛メッキ鋼板
SGHC
SGCC
SGH340
SGH400
SAPH440
SPFC440
SGH440
SGC440
SGC490
SAPH370
SAPH400
電気亜鉛メッキ鋼板
SEHC
SE330
SPFC340
SPFC370
SPFC390
SS330
SS400
冷延鋼板
SGC340
SGC400
SE400
490級
SS490
SPFH490
SPFC490
SGH490
540級
SS540
SPFH540
SPFC540
SGH540
SECC
SEFC340
SEFC370
SEFC390
SEFC440
SE490
SEFC490
SE540
SEFC540
SGC570
590級
SPFH590
SPFC590
SEFC590
冷延、電気亜鉛メッキ鋼板では、更に780,980級もJIS規格化されている。
NS Felllows Corporation
8
薄板製品の規格体系
3)使用目的(用途)からの体系
品種
熱
延
鋼
板
冷
延
鋼
板
使用目的(用途)
規格名称
記号(例)
備考
一般用・絞り用軟鋼板
熱間圧延軟鋼板及び鋼帯
SPHC
一般建築・構造用
一般構造用圧延鋼材
SS400
主として自動車用部品
自動車構造用熱間圧延鋼板
及び鋼帯
SAPH440
プレス加工性を加味した強度鋼
板
溶接鋼管用
鋼管用熱間圧延鋼帯
SPHT1
成分と機械試験値規定
圧力容器用
高圧ガス容器用鋼板
SG255
成分と機械試験値規定
屋外使用耐候用
高耐候性圧延鋼材
SPA-H
Cu,Cr,Niなどを含有
機械構造用
機械構造用炭素鋼鋼材
S35C
成分規定、熱処理用
一般用・絞り用軟鋼板
冷間圧延鋼板及び鋼帯
SPCC
汎用性冷延鋼板
主として自動車用部品
自動車用加工性冷間圧延高
張力鋼板及び鋼帯
SPFC390
SPFC340H
自動車外板・内板
BH鋼板
屋外使用耐候用
高耐候性圧延鋼材
SPA-C
Cu,Cr,Niなどを含有
特殊硬さ指定
みがき特殊帯鋼
S35CM
成分、組織、硬さ管理
ほうろう用
ほうろう用鋼板
SPPC
脱炭素した専用鋼鈑
NS Felllows Corporation
最も汎用性のある熱延鋼板
9
薄板製品の規格体系
3)寸法・形状に関する規格体系(冷延鋼板の例)
①厚さ許容差(mm)
A規格
B規格
製品サイズ
t<0.10
t<0.16
t<0.25
t<0.4
t<0.6
t<0.8
t<1.0
t<1.25
t<1.6
t<2.0
t<2.5
t<3.15
t≧3.15
W<630 W<1,000 W<1,250 W<1,600 W≧1,600
W<160 W<250 W<400 W<630
―
―
±0.03
±0.04
±0.05
±0.06
±0.06
±0.07
±0.08
±0.10
±0.12
±0.14
±0.16
±0.010 ±0.02 0 ―
±0.015 ±0.02
―
±0.02 ±0.025 ±0.03
±0.025 ±0.03 ±0.035
±0.035 ±0.04
±0.04
±0.04 ±0.045 ±0.045
±0.04 ±0.05 ±0.05
±0.05 ±0.05 ±0.05
±0.05 ±0.06 ±0.06
±0.06 ±0.07 ±0.08
±0.07 ±0.08 ±0.08
±0.08 ±0.09 ±0.09
±0.09 ±0.10 ±0.10
―
―
±0.03
±0.04
±0.05
±0.06
±0.06
±0.07
±0.09
±0.11
±0.13
±0.15
±0.17
―
―
±0.03
±0.04
±0.05
±0.06
±0.07
±0.08
±0.10
±0.12
±0.14
±0.16
±0.19
―
―
―
―
±0.06
±0.06
±0.08
±0.09
±0.11
±0.13
±0.15
±0.17
±0.20
―
―
―
―
―
±0.07
±0.09
±0.11
±0.13
±0.15
±0.17
±0.20
―
―
―
±0.03
±0.035
±0.04
±0.045
±0.05
±0.06
±0.06
±0.08
±0.09
±0.10
±0.11
(注)測定位置:鋼板の両耳から15以上内側の任意の点
NS Felllows Corporation
10
②幅の許容差(mm)
区分
製品サイズ
A
全
-0 +7
-0 +10
B
全
-0 +3
-0 +4
C
t<0.6
t<1.0
t<1.6
t<2.5
t<4.0
t<5.0
W<160 W<250 W<400 W<630 W<1,250 W≧12,50
±0.15
±0.20
±0.20
±0.25
±0.30
±0.40
±0.20
±0.25
±0.30
±0.35
±0.40
±0.50
±0.25
±0.25
±0.30
±0.40
±0.45
±0.55
±0.30
±0.30
±0.40
±0.50
±0.50
±0.65
―
―
―
―
―
―
―
―
―
―
―
―
③長さの許容差(mm)
区分
A
B
L<1,000 L<2,000 L<3,000 L<4,000 L<6,000
-0 +10
-0 +3
-0 +4
-0 +15
-0 +20
-0 +6 -0 +8
―
NS Felllows Corporation
11
④平坦度(mm)
区分
A基準
呼称板幅
反り
耳延び
W<1,000
W<1,250
W<1,600
W≧1,600
≦12
≦15
≦15
≦20
≦8
≦9
≦11
≦13
B基準
中延
≦6
≦8
≦8
≦9
反り
≦2
≦3
≦4
≦5
耳延び
中延
≦2
≦2
≦3
≦4
≦2
≦2
≦2
≦2
⑤横曲がり・キャンバー(mm)
A基準
区分
鋼板
製品サイズ
W<400
W<630
W≧630
L<2,000
≦8
≦4
≦2
B基準
鋼板
鋼帯
L≧2,000
≦8 /2,000mmL
≦4 /2,000mmL
≦2 /2,000mmL
NS Felllows Corporation
L<2,000
≦25
≦10
≦2
鋼帯
L≧2,000
≦25 /2,000mmL
≦10 /2,000mmL
≦2 /2,000mmL
12
外観に関する規定
(JISG3141冷間圧延鋼板及び鋼帯の例)
鋼板及び鋼帯は、使用上有害となる程度の欠点があってはならない。
ただし、表面の欠点は、通常、鋼板及び鋼帯の片側の面*に適用する。
なお、鋼帯は、一般に検査によって欠点を含む部分を除去する機会がないため、
若干の正常でない部分又は溶接部を含むことがある。
注記
欠点には孔、ラミネーション、表面きずなどがある。
*片側の面とは、通常、鋼板の場合は包装で上側にある面をいい、鋼帯の場合は
鋼帯の外側の面をいう。
NS Felllows Corporation
13
ダウンロード

薄板製品概要