運動部活動がソーシャルスキル
獲得に及ぼす影響について
学校教育課程 保健体育科専門領域
担当教官 物部博文
0451067 神戸雄介
不登校やいじめ
人間関係の希薄化
ソーシャルスキル育成
が重要
学校生活において
運動部活動に参加す
る意義は高い
そこで大学生を対象に、過去の運動部活動がソーシャルス
キル獲得にどのような影響を及ぼすのか?
研究方法
1、対象者
本大学教育人間科学部、学校教育課程1~4学年に所属する学
生278名。不備のある回答をのぞいた有効回答243名(96.8%)に
ついて分析を行った。
2、調査方法と内容
青木による部活動適応感尺度(不適応傾向・部員満足感・部活
満足感・指導者への信頼)、上野による競技状況スキル尺度及び
ライフスキル尺度(個人スキル・対人スキル)菊池によるkissー18
を用いた
3、分析方法
部活適応感尺度、競技状況スキル尺度及びライフスキル尺度、
kiss-18の各項目を得点化した後、HALBAUにより母平均値の差
の検定、一元配置の分散分析、相関係数の計算と検定を用いて、
各項目間の相関や男女の有意性を検証した。
部活動の参加状況、推移
男性
運動部活動
小学校
中学校
高校
大学
94(81.7)
92(80.0)
83(72.2)
48(41.7)
9(7.8)
10(8.7)
2(1.7)
21(18.3)
14(12.2)
22(19.1)
65(56.5)
小学校
中学校
高校
大学
79(62.2)
78(61.4)
55(43.3)
37(29.1)
36(28.3)
45(35.4)
12(9.4)
13(10.2)
27(21.3)
78(61.4)
文化部活動
所属なし
女性
運動部活動
文化部活動
所属なし
48(37.8)
運動部活動への
参加率は高校、
大学と年齢が進
むにつれ低下す
る傾向。
一方男女で比較すると・・・
男性→より運動部活動へ
女性→文化部活動にも参加する傾向がうかがえる。
つまり
部活動とソーシャルスキルの関連性を考える場合に
は男女の違いを考慮に入れる必要がある。
運動部活動の継続状況別に見た
ソーシャルスキル得点
*
70
ソ 60
ー
シ
ャ 50
ル
ス 40
キ
ル30
得
点
20
10
70
ソ
ー
シ
ャ
ル
ス
キ
ル
得
点
*
60
50 49.1
*
57.8
***
N.S
.
*
54.5
59.4
60.8
43.2
【男性】
継続して運動部活動所属群
が他の2群と比較して高い値を
示した。
【女性】
継続して運動部活動所属群のソー
シャルスキル得点は高くなる傾向
40
30
20
10
0
所属なし
どちらかで運動部活動
継続して運動部活動
運動部活動の継続状況
0
所属なし
どちらかで運動部活動 継続して運動部活動
運動部活動の継続状況
運動部活動を継続すること
でソーシャルスキル獲得に
影響を及ぼす
運動部活動参加によるソーシャルスキル獲得の要因
Ⅰ、上野(1998)より
競技状況
スキルの獲得
ライフスキル
の獲得
ソーシャル
スキルの獲得
Ⅱ、運動部活動にみられる上下関係やスポーツ
活動におけるコミュニケーションなどにより獲
得?!
まとめ
運動部活動に継続的に参加することは
ソーシャルスキル獲得に影響を及ぼす
運動部活動と文化部活動の
ソーシャルスキル得点に差は見られず
運動部活動所属群だけで
はなく文化部活所属群にも
ソーシャルスキルを獲得し
ている傾向。
一つの部活動に継続的に参加することも
ソーシャルスキル獲得の要因??
ご清聴ありがとうございました
詳しくはポスターセッションにて
ダウンロード

運動部活動がソーシャルスキル獲得に与える影響について