多人数ジャンケン
(株)構造計画研究所
織田瑞夫
概要
• 多人数で一度にジャンケンをして、勝者が
ひとり決まるまで続ける。
モデルの構成
• エージェント
– Person
• 参加者
• スポット
– Filed
• ジャンケンを行う場
– End
• 敗者席
実行の流れ
•
•
•
•
①personが自分の手を決める
②personが手を出す(自分の手を場に申告)
③fieldが場の情報を判断
④personが場の情報に応じて勝敗を判断
Personエージェント
• Keyword “state”={“none”, “G”, ”C”, ”P”}
– 出すことに決めた手
• Keyword “lose”={“True”, “False”}
– 勝ち負け
Fieldスポット
• それぞれの手が最低ひとつ出ているかどうか
– Keyword “isG”={“True”, “False”}
– Keyword “isC”={“True”, “False”}
– Keyword “isP”={“True”, “False”}
• 場の状態(出ている手の組み合わせのパターン)
– Keyword “result”
= {“onlyG”, “onlyC”, “onlyP”,
“GC”, “CP”, “PG”,
“GCP”, }
ステージ構成
•
•
•
•
•
Init (各種キーワード値のクリア)
Select(personが出す手を決定)
Put(personが自分の手を場に申告)
Judge(fieldが場の状態を判定)
Move(personが場の状態に応じて勝敗判
定)
試行
• 10人でジャンケン
• 勝者をひとり決めるまでの勝負を50回
【 10人】勝者決定までの回数
(度数分布)
【10人】勝者が決まるまでの回数(度数分布)
16
14
度数
12
10
8
6
4
2
0
0-10
10-20
20-30
30-40
40-50
50-60
60-70
【 10人】勝者決定までの回数
(累積)
• 8割がたは30回以内に勝負がつくらしい
【10人】勝者が決まるまでの回数(累積)
50
累積度数
40
30
20
10
0
1
6
11 16 21 26 31 36 41 46 51 56 61 66
回数
End
ダウンロード

発表スライド - CABSSS