ペンテコステ霊性
-霊性と自己省察-
2008年度後期
この単元で問われていること
聖書の人間創造記録に記されている社会学
的人間論の基本的な概念とは何か。
 「我考える、故に我在り。」というデカルトの誤
りを指摘せよ。
 客我とは主我に対してどの様な自己なのか。
 社会心理学的な自己省察の基準と、聖書的
基準にはどの様な違いがあるか。
 我々は果たしてキリストの心を心とすることが
できる能力があるのか。

人間
-その社会学的前提-
人が、ひとりでいるのは
良くない。(創2:18)
人間
-その聖書的前提-
神はこのように、人をご自身の
かたちに創造された。神のか
たちに彼を創造し、男と女とに
彼らを創造された。(創1:27)
人間
-その神学的可能性-
だれでもキリストのうちにあ
るなら、その人は新しく造ら
れた者です。古いものは過
ぎ去って、見よ、すべてが新
しくなりました。
(2コリ5:17)
「私」という存在
「私とは誰か?」
「私とは何か?」
哲学的視点
宗教的視点
社会学的視点
聖書的視点
「私」という存在
 哲学的視点
「汝己を知れ」
(ソクラテス)
前470~前399
「我考える、故に我あり」
(デカルト)1596~1650
「私」という存在
 宗教的視点
「色即是空」(般若心経)
物資的・生理的に固定的な実体
がなく空であること (龍樹 150~250頃)
「私」という存在
 社会学的視点(テキスト33ff)
 「私」とは本質的に二重化された存在

「見る私」と「見られる私」の二重性
 「主我」と「客我」の二重性
 「私とは『私とは何か』と問うところのもの」
 自分自身に関係を持つ私
「私」という存在
 聖書的視点
「キリスト・イエスは、罪人を救うために
この世に来られた。」ということばは、ま
ことであり、そのまま受け入れるに値す
るものです。私はその罪人のかしらです。
(1テモ1:15)
鏡に見る自分(テキストp.35)
主
我
・客観化された自分
・他者の立場からみた自分
・他者とコミュニケートできる自分
どちらの自分に支
配されているか?
客
・自分が自分であると気づかずにいる自分
・衝動的な自分
・主観的に行動する自分
人との付き合い
我
「私」という存在
 「客我」と「主我」
 「客我」-自己の中に取り入れられた他者
の視点
 「主我」-客我のまなざしを浴びながら行動
する自己
「客我」の認識
 関係論的に到達する「客我」
 「客我」の発見は個人技ではないこと
 人との関係において認識できるもの
 他者との関係の無い人間の存在は不可能
「客我」の認識
 関係論的に到達する「客我」
 「客我」の認識は社会的であること
 私以外の存在にふれて初めて知ることが
出来る私の存在
 自己は自分の体内にあるのではなく、他者
との間に存在
自分を知る難しさ
 人がよく見えて自分が見えない自分
-生理的弱点-視界の限界
-心理的弱点-自己省察の困難
(Taylor)
事実と真実
・目に見えるものが全てだという思いこみ
-部分を全体だと取り違える失敗
-限られたものしか見ていないという限界
の認識不足
-見えていない部分を無視する失敗
事実と真実
 目に見えるものを真実と断定する誤謬
-事実が必ずしも真実であるとは限らない
-事実の断片をつなぎ合わせても全体像と
ならない
事実と真実
「猫は動物である。」(事実)
「犬も動物である。」(事実)
∴ 「犬は猫である。」(真実?)
(媒概念不周延の誤謬)
自己省察の必要
もしある人が、事実そうでないのに、
自分が何か偉い者であるように思っ
ているとすれば、その人は自分を欺
いているのである。ひとりびとり、自
分の行いを検討してみるがよい。そ
うすれば、自分だけには誇ることが
できても、ほかの人には誇れなくな
るであろう。 (ガラ6:3-4)
自己省察の必要

自分を見失わないために(人との関係において)
-自己省察を怠ったパリサイ人の祈り
-客我を見失った滑稽さ
-見失った自分を取り戻した放蕩息子
・自分を意識しない自分
主
・衝動的な自分
我
・主観的に行動する自分
彼は本心に立ちかえって(口語訳)
・自分を意識した自分
客
・第三者の立場から見た自分
彼は我に返って(新改訳・新共同
・客観化された自分
我
訳)
自己省察の必要
 神を知るために(神との関係において)
-神を知ることと自分を知ることの密接な関係
我々の知恵で、真理にかない、また堅実な知恵
-霊的な位置づけを認識する必要
と見なされるべきものの殆ど全ては、二つの部
分からなりたっている。神を認識することと、
「マルタ、マルタ、あなたは多くのこと
人とその妻は、神である主の御顔を避け
我々自身を認識することとである。ところが、こ
に思い悩み、心を乱している。しかし、
の二つは多くのきずなによって互いに結びつけ
て園の木の間に身を隠した。
神である主
必要なことはただ一つだけである。マ
られているので、どちらが他に先立つか、どちら
は、人に呼びかけ、彼に仰せられた。「あ
リアは良い方を選んだ。それを取り
が一方を生み出すかを見分けることは容易で
なたは、どこにいるのか。」(創3:8-9)
上げてはならない。」(ルカ10:41-42)
はない。
(カルヴァン『基督教綱要』第一章、1559年)
TBSスポーツニュースキャスター
「2000本安打を達成されましたが、これから
したいと思うことは?」
『まず、自分を知ると
いうことです。』
自己省察(吟味)の基準
C.H.Cooley’s “Looking-Glass-Self”
 基準を自分に置いて自分を見る
“ I am what I think that I am.”
「自分で自分を判断した私」
疑似客我
虚 像
「神よ。私はほかの人々のように
ゆする者、不正な者、姦淫する
者ではなく、ことにこの取税人の
ようではないことを、感謝します。
私は週に二度断食し、自分の受
けるものはみな、その十分の一
をささげております。」
(ルカ18:11-12)
自己省察(吟味)の基準
 誤った自己省察からでた祈り
・“ I am what I think that I am.”
「自分で自分を判断した私」
・自分を自己省察の軸足に
したパリサイ人
・祈りの内容と態度の不整合
・祈りではなく独り言
自己省察の基準
自己推薦する者ではなく、主から推薦
される人こそ、適格者として
(
dm)受け入れられるの
です。」(2コリ10:18)
あなたは、適格者と認められて神の前
に立つ者、(puda
au;dm
paaa
自己省察の基準
C.H.Cooley’s “Looking-Glass-Self”
 基準を他者に置いて見た自分
“ I am what you think that I am.”
「他人が見た自分」
虚 像
この人は大工の息子ではありま
せんか。彼の母親はマリヤで、
彼の兄弟は、ヤコブ、ヨセフ、シ
モン、ユダではありませんか。(マ
タ13:55)
自己省察の基準
C.H.Cooley’s “Looking-Glass-Self”
 基準を他者に置き自分を見る
“ I am what I think you think
that I am.”
「他人から見ると、こんな自分だろうと
判断する私」-比較の上に立った自分
虚 像
実 像
自己省察の基準
わたしたちは、自己推薦する者たち
と自分を同列に置いたり、比較した
りしようなどとは思いません。彼らは
仲間どうしで評価し合い、比較し
合っていますが、愚かなことです。
わたしたちは限度を超えては誇らず、
神が割り当ててくださった範囲内で
誇る」(2コリ10:12-13・新共同訳)
「私は罪を犯しました。しかし、
どうか今は、私の民の長老と
イスラエルとの前で私の面目
を立ててください。」
(1サ
ム15:30)
自己省察の聖書的基準
 主キリストに基準を置いて見る自分
“ I am what I acknowledge
YOU perceive that I am.”
「キリストの視点から自分を
振り返り、認知した私」
「本心に立ちかえっ
実 像
た」
自分 (ルカ15:17)
自己省察の聖書的基準
取税人は遠く離れて立ち、目を
天に向けようともせず、自分の胸
をたたいて言った。「神さま。こん
な罪人の私をあわれんでくださ
い。」
(ルカ18:13)
自己省察の聖書的基準
 神が見た自分を見出した取税人
“ I am what I think YOUthink
that I am.”
・「こんな罪人の私」を神
に差し出す祈り
・神に受け入れられた祈り
キタノ・コーイチ
6,065,000人
私は神の特別誂え

神がデザインして下さったはずの私を再発
見すること
 神がデザインして下さった私が醜いは
ずはない。
 神がデザインして下さった私がこんな
に弱いはずはない。
 神がデザインして下さった私は何かで
きるはずだ。
私は、私を強くしてくださる
方によって、どんなことで
もできるのです。
(ピリ
4:13)
神のデザイン
「わたしの目には、あなたは
高価で尊い。わたしはあな
たを愛している。」
43:4
イザヤ
使徒パウロの自己省察
これから話すことは、主によって
話すのではなく(新改訳)・主の
御心に従ってではなく(新共同
訳)、愚か者としてする思い切っ
た自慢話です。多くの人が肉に
よって誇っているので、私も誇る
ことにします。
(2コリ11:17-18)
使徒パウロの自己省察
私たちは、限度を越えて誇りはしま
せん。
(2コリ10:13)
誇る者は、主にあって誇りなさい。自
分で自分を推薦する人でなく、主に
推薦される人こそ、受け入れられる
人です。
(2コリ
10:17-18)
使徒パウロの自己省察
彼らはヘブル人ですか。私もそうです。彼らは
イスラエル人ですか。私もそうです。彼らはア
ブラハムの子孫ですか。私もそうです。彼ら
はキリストのしもべですか。私は狂気したよう
に言いますが、私は彼ら以上にそうなのです。
私の労苦は彼らよりも多く、牢に入れられたこ
とも多く、また、むち打たれたことは数えきれ
ず、死に直面したこともしばしばでした。
(2コリ11:22-23)
パリサイ人の自己省察
「神よ。私はほかの人々のようにゆ
する者、不正な者、姦淫する者では
なく、ことにこの取税人のようではな
いことを、感謝します。私は週に二
度断食し、自分の受けるものはみな、
その十分の一をささげております。」
(ルカ18:11-12)
パリサイ人と使徒パウロ
比較の相手
 パリサイ人
-取税人との比較
 使徒パウロ
-「彼ら」との比較
・コリント教会を脅か
す「彼ら」
「にせ使徒・人を欺く働き人・キリスト
の使徒に変装している者」(2コリ
11:13)
使徒パウロの自己省察
比較の内容
 パリサイ人
- 取税人の行動と
自分の行為
 使徒パウロ
-「彼ら」が宣べ伝
えている異端」に
対する福音の正
統性
-宣教の成果では
なく、使徒職の正
統性
パリサイ人と使徒パウロ
比較の目的
 パリサイ人
- 神からの祝福を受
けようとして
「…だから」
「…にもかかわらず」
 使徒パウロ
- コリント教会を異端
から守ろうとして
パリサイ人と使徒パウロ
比較の対象
 パリサイ人
-神に向かって?
-己に向かって
 使徒パウロ
- コリント教会共同
体に対して
あなたがたは、前から、私たちがあなたがたに
対して自己弁護をしているのだと思っていたこ
とでしょう。しかし、私たちは神の御前で、キリ
ストにあって語っているのです。愛する人たち。
すべては、あなたがたを築き上げるためなので
す。(2コリ12:19)
使徒パウロの自己省察
私は、人間的なものにおいても頼むとこ
ろがあります。もし、ほかの人が人間的
なものに頼むところがあると思うなら、私
は、それ以上です。私は八日目の割礼
を受け、イスラエル民族に属し、ベニヤミ
ンの分かれの者です。きっすいのヘブル
人で、律法についてはパリサイ人、その
熱心は教会を迫害したほどで、律法によ
る義についてならば非難されるところの
ない者です。(ピリ3:4-6)
使徒パウロの自己省察
しかし、私にとって得であったこの
ようなものをみな、私はキリストのゆ
えに、損と思うようになりました。そ
れどころか、私の主であるキリスト・
イエスを知っていることのすばらしさ
のゆえに、いっさいのことを損と思っ
ています。(ピリ3:7-8)
使徒パウロの自己省察
「私はキリストのためにすべてのものを
捨てて、それらをちりあくたと思っていま
す。それは、私には、キリストを得、また、
キリストの中にある者と認められ、律法
による自分の義ではなくて、キリストを信
じる信仰による義、すなわち、信仰に基
づいて、神から与えられる義を持つこと
ができる、という望みがあるからです。」
(ピリ3:8-9)
使徒パウロの自己省察
 使徒パウロ晩年の告白
(AD65)
「キリスト・イエスは、罪人を救うため
にこの世に来られた。」ということば
は、まことであり、そのまま受け入れ
|
るに値するものです。私はその罪人
のかしらです。
(1テモ1:15) AD67/8
p'
殉教
mg.
ダウンロード

ペンテコステ霊性 -霊性と自己省察-