コンゴー赤染色
(Congo red stain)
アミロイド染色
アミロイド
アミロイド(アミロイドβペプチド)とは体内のタンパク質の1種で、古くなると細
胞膜からはがれ落ち、新たに再生する性質がある。
また、アミロイドβは神経細胞に対して毒性を持ち、細胞死を引き起こす。
アルツハイマー病で亡くなった患者の脳を解剖すると、 βアミロイドの大脳皮
質への蓄積した“老人斑”と呼ばれる模様が見られることから、アルツハ
イマー病発症との関連を指摘されている。
人工透析の期間が長くなるにつれて、患者の体内にβ-2-マイクログロブリン
という物質が溜まってくる。これがアミロイドを作り、神経や関節などに沈
着して関節炎や麻痺などを起こす。透析期間が10年前後の患者の2~
3割に症状が出るとされるが、数年で発症する人もいる。
アミロイド染色について
アミロイドかどうかの判定には、コンゴー赤染色、ダイレクトファーストスカー
レット染色を行った染色標本を偏光顕微鏡下で観察し、陽性部分が黄緑
色の偏光を呈すればほぼアミロイドとして差し支えない。
アミロイドは生化学的研究の進歩により、由来するタンパクの違いから数種
類のアミロイドがあることが分かっている。
原発性あるいは骨髄腫に合併するアミロイド症は免疫グロブリンのL鎖に由
来するといわれ、ALアミロイドとよぶ。続発性アミロイド症は由来タンパク
がはっきりしないもので、AAアミロイドとよんでいる。
原発性
AL
心障害など。
基礎疾患がなくアミロイド
沈着の原因が不明のもの。
骨髄腫
AL
多発性骨髄腫の5~10%
にアミロイドーシスが合併
する。
続発性
AA
長期にわたる慢性の難治 腎障害など。
性炎症疾患に続発してみ
られる。慢性関節リウマチ、
結核、人工透析。
限局性
AD
皮膚、眼、呼吸器、尿路な 甲状腺髄様癌、褐色細
どに限局してアミロイド物
胞腫、気管支癌などで腫
質が沈着する疾患である。 瘍局所にアミロイドの沈
着を認める。
遺伝性 AF
(家族性)
家系内にアミロイドーシス
の発症をみるもの。
臨床像は原発性アミロイ
ドーシスに類似する。
世界各地にその家系が
みられるが、日本では熊
本県、長野県などからの
報告が有名。
アミロイド染色
目的
組織に沈着しているアミロイドを染め出す。
原理
染色機構は明らかにされていないが、コンゴー赤はアミロイドに
対して強く吸着されることに基づいているため、酸性色素として
染色に関与している。
試薬
• コンゴー赤液
コンゴー赤 1g
精製水
100ml
• アルカリアルコール液
1%NaOH水溶液 1ml
50%アルコール 100ml
• ヘマトキシリン
染色法
脱
パ
ラ
・
流
水
水
洗
コ
ン
ゴ
ー
赤
液
流
水
水
洗
ア
ル
カ
リ
ア
ル
コ
ー
ル
液
流
水
水
洗
ヘ
マ
ト
キ
シ
リ
ン
流
水
水
洗
脱
水
・
封
入
ダウンロード

コンゴー赤染色