◎セフェム系
セフェム系は、その基本骨格として図12−3に示すセファロスポリ
ン系とセファマイシン系があり、構造と細菌に対する作用機序は
ペニシリン系と類似している。抗菌作用は強くて抗菌スペクトルが
広く、副作用も比較的少ない使い易い抗菌薬である。セフェム系
の薬剤は非常に多数開発され利用されているが、抗菌活性の一
般的特徴と開発経緯などから、便宜的に3種類に分類される(表
12−4)。第一世代から第二世代や第三世代となるに従い、抗菌
スペクトルが拡大されβ-ラクタマ−ゼに対して安定になっている。
しかし、第二世代や第三世代のセフェム剤は、第一世代に比べグ
ラム陽性球菌に対する抗菌活性が弱まる傾向にある。”感染症治
療薬の基礎”の項でも述べたが、広域性の(抗菌スペクトルの広
い)抗菌薬を乱用することは耐性菌の発生を増加させるだけでな
く、種々の有害な現象を引き起こす可能性があるので、できるだ
け疾病の起因菌にのみ有効な狭域性抗菌剤の使用が望ましい。
☆第一世代セフェム系:グラム陽性菌に対して良好な抗
菌活性を示し、グラム陰性菌に対しても中程度の抗菌性
を有する。また、大腸菌、肺炎桿菌にも有効である。ペニ
シリダ−ゼには安定であるが、セファロスポリナ−ゼにより
分解される。セファゾリン:セファレキシン:
☆第二世代セフェム系:グラム陰性菌に対する抗菌力が
第一世代よりも強いが、第三世代よりは弱い。セファクロ
−ル: セフメタゾ−ル:セフォキシチン: セフォチアム:
☆第三世代セフェム系:グラム陰性菌に対する抗菌力が
増強され、緑膿菌などにも有効な薬剤もある。β-ラクタ
マ−ゼに高度耐性を有する。ただし、グラム陽性球菌に
対する抗菌力は第一世代より劣る。
◎その他のβ-ラクタム系抗生物質:
☆カルバペネム系: イミペネム impenerm は広
い抗菌スペクトルと強い抗菌力を有しており各種
重症感染に用いられるが、副作用として、けいれ
ん発作がある。また、腎排泄と腎毒性を減らすた
めに、イミペネム impenerm /シラスタチン
cilastasin 合剤(チエナム)としても利用される。
☆モノバクタム系: アズトレオナム aztreonam (
アザクタム):緑膿菌を含むグラム陰性菌に強い
抗菌力を有し、β-ラクタマ−ゼにも安定である。
◎セフェム系抗生物質も使用上の注意点: セフェム系
抗生物質の使用にあたっての注意する点は、基本的に
はペニシリン系と同じである。副作用の発生頻度はペニ
シリン系よりも低い傾向にあるが、下痢をともなう偽膜性
腸炎や腎機能障害を起こす薬剤がある。セファマンド−
ル、セフメタゾ−ル、セフォテタン、モキサラクタム、セフォ
ペラゾンなどでは、アルコ−ル耐性の低下がおこり飲酒に
より気分が悪くなったり顔面紅潮、頻脈などがおこること
がある(アンタビュ−ス作用)。耐性菌の蔓延と菌交代症
を防ぐためにも、特に、第三世代のセフェム系抗生物質
の乱用を防止することが望まれる。
◎アミノグリコシド系
アミノ基を持つ糖構造を有するので(図12−4)、アミノ
グリコシド(アミノ配糖体)系と呼ばれ、構造的に極性が
高い。抗菌力は強力であるが消化管から吸収されにくく
、脳脊髄液への移行が少ない。また、容易に腎臓から排
泄されるという特徴を持っている。主に注射や外用で使
用されるが、消化管内感染症に対して内服で用いられる
場合もある。 アミノグリコシド系薬剤は細菌のリボソ−ム
に作用して、蛋白合成を阻害し殺菌的に働く、特に、グラ
ム陰性菌に対して強い抗菌力を持っており緑膿菌や抗
酸菌(結核菌、癩菌)などに有効な薬剤がある。表12−6
に示すように、抗菌活性の特徴から3群に分類される。
◎使用上の注意:
アミノグリコシド系抗生物質は、程度の差はあるものの、いずれ
も不可逆的な第8脳神経障害(前庭・聴覚機能障害)や腎毒性、神
経筋ブロック(呼吸筋麻痺)が起こりやすい。腎機能の低下してい
る者やその可能性のある者(高齢者、未熟児、新生児など)への
投与は慎重に行なう。薬物の血中濃度を測定しながら投与量を検
討し、腎機能検査や副作用の初期症状(高音の耳鳴りや頭痛など
)に気を配る事が必要である。
☆ストレプトマイシン streptomycin :
☆ゲンタマイシン gentamicin、トブラマイシン toburamycin:
☆アミカシン amikacin、ネチルマイシン netilmicin、イセパマイシン
isepamicin:
☆フラジオマイシン fradiomycin:
◎使用上の注意:
アミノグリコシド系抗生物質は、程度の差はある
ものの、いずれも不可逆的な第8脳神経障害(前
庭・聴覚機能障害)や腎毒性、神経筋ブロック(呼
吸筋麻痺)が起こりやすい。腎機能の低下してい
る者やその可能性のある者(高齢者、未熟児、新
生児など)への投与は慎重に行なう。薬物の血中
濃度を測定しながら投与量を検討し、腎機能検
査や副作用の初期症状(高音の耳鳴りや頭痛な
ど)に気を配る事が必要である。
◎マクロライド系 macrolides
細菌のリボソ−ムに作用し、蛋白合成を阻害することにより静菌的
に作用する。組織移行性に優れ、他群の抗生物質(リンコマイシ
ン系を除く)との交差耐性が発生しにくく、アレルギ−や重篤な副
作用の発生も少ない点が優れている。ブドウ球菌や化膿レンサ球
菌、肺炎球菌などのようなグラム陽性菌に強い抗菌力を有してお
り、ペニシリン耐性菌あるいはアレルギ−などでペニシリン類を使
用できない患者に有用である。また、マイコプラズマやクラミジア、
スピロヘ−タなどにも抗菌活性が認められる。経口投与で消化管
から吸収されるが、胃液で分解されるので腸溶性を持たせた剤形
で服用させる。また、吸収が食事の有無により影響を受け易いこ
とが知られている。 構造的には、大環状ラクトンに糖が結合した
特徴を持っており、代表的な薬剤であるエリスロマイシンの構造を
図12−4に示す。また、主な薬剤を表12−7に載せる。
◎使用上の注意:
副作用としては、アレルギ−反応や胃腸障害、一過性
の聴器障害などがある。 ☆肝臓での薬物代謝酵素を
阻害するので、肝代謝を受ける他剤の作用を増強する
ことがある。例えば、テオフィリンやカルバマゼピン、ワ
ルファリン、シクロスポリン、ジゴキシンなどがあるので
注意を要する。また、テルフェナジンとの併用で、不整
脈がおきることがあり併用禁忌である。
エリスロマイシン erythromycin:
クラリスロマイシン clarithromycin:
ロキシスロマイシン roxithromycin:
ロキタマイシン rokitamycin:
◎テトラサイクリン系
作用機序は、細菌のリボソ−ムに作用することによる蛋白合成
の阻害である。その作用は基本的には静菌的であるが、高濃度
では殺菌的にも作用する。かつては、各種感染症において汎用さ
れていたが、耐性菌の増加と他の優れた抗菌剤の開発により、現
在では使用頻度は高くない。 基本構造式を図12−5に示す。こ
のような多環の類似構造を有するテトラサイクリン系薬剤は広い
抗菌スペクトルを有し、グラム陽性菌やグラム陰性菌、マイコプラ
ズマ、スピロヘ−タ、リケッチア、クラミジアなどに有効である。消化
管からの吸収性と体組織への移行が優れており、主に経口投与
で用いられる。腎排泄と胆汁排泄の両者の排泄経路があるが、ミ
ノサイクリンでは脂溶性が高いため脂肪組織への蓄積がおきる。
局所投与では刺激作用と感作性の問題があるので、眼の局所投
与以外は好ましくない。また、静脈内投与では血栓性静脈炎が誘
発される場合がある。
◎使用上の注意
Ca,Mg,Fe,Alなどの金属イオンとキレ−ト化合物を形成し、消化管
からの吸収率が低下するので、これらを含有する制酸剤や鉄剤な
どとは同時間帯に摂取しないようにする。 ☆副作用に胃腸障害
があるが、これは食物と一緒に服用することで発生を低下させる
ことができる。また、肝毒性や腎毒性の他に石灰化組織に対する
作用として、不可逆的歯牙の着色やエナメル質の形成阻害が認
められ、新生児や乳幼小児あるいは妊婦への投与は注意を要す
る。さらに、光線過敏症や菌交代症が現われる場合もある。
テトラサイクリン tetracycline (アクロマイシンV, TC)、
オキシテトラサイクリン oxytetracycline (テラマイシン、 OTC):ミノサイ
クリン minocycline (ミノマイシン、 MINO):
ドキシサイクリン doxycycline (ビブラマイシン、 DOXY):
◎リンコマイシン系:
リンコマイシン lincomycin (リンコシン、 LCM)とその
誘導体であるクリンダマイシン clindamycin (ダラ
シン、 CLDM)
◎クロラムフェニコ−ル系:
クロラムフェニコ−ル chloramphenicol (クロロマイセチ
ン、 CP)
◎ポリペプチド系
ポリミキシンB polymyxin B (硫酸ポリミキシンB、
PL): コリスチン colistin (コリマイシン、 CL):
◎その他
☆ホスホマイシン fosfomycin (ホスミシン、FOM):
☆バンコマイシン vancomycin (VCM):糖ペプチ
ド性抗生物質で、主にグラム陽性菌に対して抗
菌活性を持っている。消化管からは吸収されな
いので、内服で骨髄移植時の消化管内殺菌に、
また、点滴静注でMRSA感染症の治療に用い
られる。聴器毒性や腎毒性などの副作用が出現
しやすいので、薬物血中濃度を測定しながら投
与量を調節して副作用の発生を防ぐ必要がある
。
ダウンロード

その2