コース・オリエンテーション
ようこそ
ILO国際研修センターへ
NTT労働組合国際研修プログラム
2005年5月29〜6月10日
ILO労働者活動局(ACTRAV)
オリエンテーションの内容
1.はじめに
2.研修の目標と課題設定
3.プログラム(日程)の説明
4.その他
5.質疑応答
1.はじめに
トリノ・センター研修の心得
l
常に目的意識を持って!
l
何事も自主的に!
l
仲間から学ぼう!
達成目標&課題の設定
組織または自分自身の問題点・課題の認識
達成目標と期限の設定
いかにして目標に到達するか(戦略)
今回の研修期間中に誰から何を学ぶか?
事前提出課題について
l
組合員さんから同じ質問をされた時、どう
答える?
l
現時点での問題点、課題の整理・洗い出し
l
5年後、10年後を見据えた労組戦略の構築
– 労働問題に関する中・長期的なシミュレーション
– 労組としての将来ヴィジョンの設定
→雇用保障? 労働条件? 働き甲斐? 生き甲斐?
– ヴィジョンを実現するための戦略と手段(戦術)
ポイント
l
グローバル化の影響
l
NTT労組組合員のデーセントワーク
l
産業と市場の中・長期的な展望
l
労働組合の組織率(企業、産業、全体)
l
労働組合の連帯(国内・国際)
l
労働組合の戦略としての CSR
個人的課題(報告書より)1
個人的課題(報告書より)2
2.研修の目標と課題設定
研修の中・長期的な狙い
l
l
l
NTT労組が直面する今日的/将来的課題を、国際
的な政策形成・トレンドの中で捉え、先見・先
取的な戦略を提起できる若手を育成する。
グローバル経済化が進行する中で労働者の権利
や利益を守っていくための中・長期的な政策・
戦略に関する論議を、NTT労組内で喚起する。
アジア太平洋地域におけるディーセントワーク
実現に向けた国際組織(ILO/ICFTU/UNI等)の
各種取り組みへの、NTT労組(日本の労組)の
参加・参画を促進する。
トリノ研修での達成目標
l
l
l
l
グローバル化がディーセントワークにどのような
影響を及ぼしているのか、理解を深める
グローバル経済化の中で国際労働基準が果たし得
る効果と、その促進・実行に向けた労働組合の役
割について学ぶ
UNI-Telecom運動の学習を通じて、情報通信・
テレコム分野における国際労働運動の意義、必要
性、有用性について考察する
「企業の社会的責任」が、中・長期的な観点で
NTT労組組合員の権利と利益を保護するための新
しい戦略となり得るかどうか、判断材料を得る
研修のアウトプット
「行動計画案」の策定
(テーマは選択制)
①NTT労組の国内的課題に関する行動計画案
l
NTT労組組合員の権利・利益を中・長期的に 保障するために達
成すべき目標、達成するための戦略(手段)、期限。
②NTT労組の国際的課題に関する行動計画案
l
アジアの情報通信・テレコム労働者のディーセントワーク確保
UNI/APROが実現すべき目標と、達成するための戦略(手段)
と、それに対するNTT労組のコミットメント。
いずれのテーマを選択した場合でも、国内・国際の垣根を取り
払った問題提起を行うこと
行動計画案の組み立て
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
8.
9.
10.
11.
背景
問題・課題の具体的説明
プロジェクトの対象者
プロジェクトの中・長期的な狙い
プロジェクトの達成目標(期間満了時の実現目標)
主なアウトプット(プロジェクトが生み出すもの)
具体的活動(各達成目標それぞれについて)
活動実施に必要なインプット
目標達成の指標(判定方法)
監視・報告・評価方法
要は、「具体的に何を、
いつまでに、どうやって
予算
達成するのか」ってこと
研修の中・長期的展開
計画の実行
計画の完成
目
標
の
達
成
度
行動計画案の作成
課題の確認
時間の経過
事前研修
海外研修
フォローアップ研修
3.プログラムの説明
プログラム
l
l
第1週目
–
–
–
–
–
–
グローバル化が労働に及ぼす影響:ILOの役割(月曜日)
国際労働基準(ILS)とその促進手段:労働組合の役割(火曜日)
結社の自由(水曜日午前)
児童労働の撲滅に向けた国際社会の取り組み(水曜日午後)
企業の社会的責任と、社会的に責任あるリストラ(木曜日)
研修旅行:ジュネーブILO本部、ILO総会(金曜日・土曜日午前)
第2週目
–
–
–
–
UNIの戦略課題と活動:NTT労組の参加・参画(月曜日)
B.T.とCWUとの労使関係の現状と、CWUのCSR戦略(火曜日)
Telecom Italia の CSR戦略と、テレコム労組の取り組み(水曜日)
CSRの国際規範文書としてのOECD多国籍企業ガイドライン(木
曜日)
– 行動計画案の策定と発表(金曜日)
グローバル化に関する論議
(5月30日月曜日)
l
l
l
l
l
グローバル化って、結局のところ、何?
グローバル化って自然の成り行きで誰も止
められないもの?
グローバル化っていいこと?悪いこと?
労働組合はグローバル化に反対すべき?
グローバル化がすべての国々・人々に利益
をもたらすために、何が必要?
国際労働基準(ILS)入門編
(5月31日)
l
l
l
l
l
国際労働基準って、何? 本当に役に立つの?
日本の労働関連法規は、国際労働基準を満たして
る? アジアでは、国際労働基準が守られてる?
国際労働基準を各国に守らせるためのメカニズム
はあるの? 守らない国はどうなるの?
労働組合は、国際労働基準作りや、監視メカニズ
ムに参加できるの?
どうすれば、世界のすべての国々における国内労
働基準が国際労働基準を満たすようになる?
国際労働基準(ILS)応用編
(6月1日)
l
結社の自由って何? ILOにとって、結社の自由が
そんなに重要なのはなぜ?
l
グローバル経済化が進む中で、結社の自由をいか
にして確保する?そのための労働組合の役割は?
l
児童労働撲滅のために、ILOは何をしているの?
l
児童労働問題は、労働組合が取り組むべき課題?なぜ?
l
なぜ、NTT労組は児童労働問題に取り組んでいるの?
l
あなたは、労働組合の役員として、児童労働問題に関心が
ある?なぜ?
CSR入門編
(6月2日)
l
l
l
l
CSRってなんだろう?日本のCSRと、欧州のCSR
は違うの?
ILOが何でCSRの議論に参加するの?労働とCSR
って、関係ある?
「社会的な責任を満たす企業のリストラ」って
・・・それがCSRとどう関係があるの?
企業業績の後退期・停滞期に、「Win-Win-Win」
の状況を生み出すために、労働組合としてやらな
ければならないことは何?
ILO総会の傍聴
(6月3〜4日)
l
l
l
l
l
ILOにおける最も重要な理念=「三者構成主義」っ
て、実際にどのように確保・運用されているの?
ILOにおける意志決定プロセスに、労働組合代表が
いかに参加している?
条約や勧告の適用プロセスって、総会の場ではど
う機能するの?
ILOの労働者活動局(ACTRAV)は、総会の場にお
いてどういう役割を果たしているの?
ILO総会の問題点は?
UNIに関する論議
(6月6日)
l
l
l
l
現在、NTT労組がUNIに加盟していることで
組合員にどんなメリットがある?
国際労働運動ってどうして必要なの?UNIを
通じて何ができるの?
UNIの運動にどう参加・参画すれば、NTT労
組組合員にとって最善の結果が得られる?
UNIの今後の運動課題は? NTT労組はそれ
を国内的に消化できる?
CSR応用編:英・伊の経験
(6月7日&8日)
l
l
欧州で、CSRの取り組みが進んでいるのはなぜ?
今現在の、CWU組合員の状況は? CWUはなぜ
、CSR戦略に力を入れるの?
l
NTT労組はCWUの経験から何を学べる?
l
Telecom Italiaはどういう観点からCSRを推進して
いるの?
l
CSRの実施において、経営サイドの思惑と、労組
の思惑と、違いは何?
OECD多国籍企業ガイドライン
(6月9日)
l
OECD多国籍企業ガイドラインって、何?
どういう効能があるの?
l
CSRと・・・関係あるんだよね?
l
l
労働組合に・・・どんな関係が? 何か役に
立つの?
日本企業はOECD多国籍企業ガイドラインを
遵守してる?してない?労組の役割は?
行動計画の発表
(6月10日)
l
さて、あなたは組織に帰って何をしたい?
何ができる?何をしなければならない?
l
研修を通じて学んだことが今後の運動に生
かせる?どう生かす?
l
事前に自分で設定した目標・課題に関する
答えがみつかった?
l
何を、いつまでに達成する?
4.その他
情報・注意事項
1.セキュリティ
l
センター内
l
センター外
2.課外活動
l
各種交流イベントへの参加
l
週末の過ごし方
3.健康管理
4.インターネットの利用
5.質疑応答
質問は?
1.研修目標について
2.アウトプット(行動計画)について
3.プログラム(日程・内容)について
4.研修旅行について
5.センターの施設・サービスについて
6.その他、何でも?
Please enjoy the course and try to get
the most out of it!
ACTRAV-Turin
ダウンロード

ようこそ ILO教育・訓練センターへ - training.itcilo.it