平成22年度子育て応援元気アップ賞表彰式記念講演, 2011.3.25
子どもの健康と環境
阪神北広域救急医療財団理事長
兵庫県立こども病院名誉院長
中 村 肇
子育て応援元気アップのために
阪神北こども急病センターの紹介
上手なかかり方。
これからの子育て支援には、
子どもを取り巻く環境を考えよう。
阪神北広域こども急病センター概要
 兵庫県伊丹市に平成20年4月開院
 伊丹市、宝塚市、川西市、猪名川町の3市1町と兵庫県により設立さ
れ、3市医師会、3市薬剤師会の協力により運営
 365日、阪神北圏域における一次小児救急医療を担っている。必要
に応じて専門医療機関等へ紹介する。
 地域での安心子育て拠点を目指しており、電話相談や両親教室の
啓発事業を行っている
阪神北広域こども急病センター概要
診療時間
平日
20時〜翌朝7時
土曜日
15時〜翌朝7時
日・祝日・年末年始
8時〜翌朝7時
年間受診者数: 2008: 25,350件
2009: 33,171件
初期こども急病センターでは
 日替わりの患者さん
 日替わりの医療従事者、の中で
安全・安心の医療を提供するために、
看護師によるトリアージ、電話相談
ITの積極的活用
市民への啓発活動 「こんなときどうする」
子どもが急病になったら
症
初期救急
電話相談
状
センター
出
現
119番コール
二次病院へ
年齢別の死因順位
1位
2位
3位
4位
5位
0歳
先天奇形等
呼吸障害等
乳幼児突然
死症候群
不慮の事故
出血性障害
等
1~4歳
不慮の事故
先天奇形等
悪性新生物
肺 炎
心疾患
5~9歳
不慮の事故
悪性新生物
その他の
新生物
心疾患
先天奇形等
10~14歳
不慮の事故
悪性新生物
自 殺
心疾患
その他の
新生物
15~19歳
自 殺
不慮の事故
悪性新生物
心疾患
先天奇形等
厚生労働省:平成20年 人口動態統計月報年計(概数)の概況
不慮の事故による死亡率 1〜4歳
426万人
•
1〜4歳人口
•
1〜4歳死亡数
•
不慮の事故による死亡数
163人
•
不慮の事故による死亡率
3.83 対10万人
949人
17.1%
厚生労働省:平成20年 人口動態統計月報年計(概数)の概況
不慮の事故の年齢別分類
1位
2位
3位
0歳
窒 息
75.7%
溺 水
7.6%
交通事故
6.9%
1~4歳
交通事故
28.2%
溺 水
24.5%
窒 息
22.7%
5~9歳
交通事故
54.7%
溺 水
22.7%
火 災
14.1%
10~14歳
交通事故
45.6%
溺 水
19.3%
火 災
14.0%
厚生労働省:平成20年 人口動態統計月報年計(概数)の概況
月別受診患者数
年間受診者数:2008: 25,350件, 2009: 33,171件
月別電話相談件数
センターを受診した子どもの症状
平成21年度の集計より
腹痛
3%
発疹
5%
咳・喘鳴
7%
嘔吐・下痢
発熱
69%
発熱
嘔吐・下痢 84%
咳・喘鳴
発疹
腹痛
痛み
けいれん
呼吸困難
鼻汁・痰
耳の異常
頭痛
尿便の異常
耳下腺の異常
機嫌が悪い
異物誤飲
陰部の異常
便秘
怪我・打撲
目の異常
その他
電話相談の理由
平成21年度の集計より 18,966件
電話相談の対応
平成21年度の集計より 18,966件
「こんな時、どうする」キャンペーン
これからの子育て支援で、
子どもを取り巻く環境を考えよう。
 健康を脅かす4つの環境要因とは?
 いま、子どもたちに何が起っているのか?
 環境化学物質による一番の被害者は、胎児、そして子ども
たち、なぜ?
 社会文化的要因 生活環境、ストレス、人間関係など
4つの環境因子
物理的要因
熱
放射線
圧・空間
生物的要因
ウイルス
細菌など
化学的要因
社会・文化的
要因
化学物質
ストレス
薬物
アルコール
栄養状態
・
人間関係
我が国における環境汚染物質による事件
1950年代
イタイイタイ病
1957
胎児水俣病
1960年代
四日市ぜんそく
1960年代
サリドマイド
1968
カネミ油症
1990年代
ダイオキシン・内分泌かく乱物質
いま、子どもたちに何が起っている?

児童の免疫系疾患(ぜんそくなど)

先天異常(ダウン症、水頭症など)

生殖異常など
環境中の化学物質の増加による?(環境省の報告から)

学習障害(LD)、ADHD、高機能自閉症を含む特別な教育的支
援を必要とする児童生徒(小中学校)約6%。(文科省の調査
から)
児童等のぜん息の被患率の推移
平成19年度文科省学校保健統計調査より
20年間で児童のぜん息は4倍に
外表奇形の年次推移
1.髄膜瘤(二分脊椎)、水頭症、尿道下裂
出生1万対
資料:日本産婦人科医会
外表奇形の年次推移
2.ダウン症、耳介低位
出生1万対
資料:日本産婦人科医会
母体年齢別外表奇形の罹患率 (平成20年)
%
資料:日本産婦人科医会
なぜ、環境化学物質による一番の被害者は、
胎児、そして子どもたち??
1) 発達期の脳の脆弱性
2) 特有の暴露経路
子どもの脳が危ない!!
 母乳、限られた食品摂取
 特有の行動、マウジング
3) 有害物の体内動態の特性
4) 生体防御機構の未熟性
なぜ、子どもは環境中の有害物に対して脆弱か?
エコチル調査とは
「子どもの健康と環境に関する全国調査」として、10万
人の子どもを対象にした大規模疫学調査(環境省)
新生児から13歳まで。
兵庫県では、兵庫医大(島正之教授)にユニットセン
ター。
いま、子どもたちに何が起こっているか
社会文化的要因
ストレス
薬物
アルコール
栄養状態
人間関係
疾病の成立には
環境要因
遺伝的素因
胎児、新生児期の環境と健康
低出生体重児は増え続けている
低出生体重児は生活習慣病の予備軍
増加し続ける低出生体重児
%
日本人の平均出生体重が減少している
g
出生体重とメタボリックシンドローム
(%)
30
Barker ら、1993
20
10
0
≤2.50
–2.95
–3.41
–3.86
出生体重 (kg)
–4.31
>4.31
出生体重が小さいほど心血管系疾患 (CVD)
による死亡率が高い
対象例数
対象
1,186 1911~30年出生の英国男性 by Barker DJP
70,297 米国の看護師
報告年
1989
1997
2,500 サウスウエールズ在住の男性
1996
3,300 インド人の男女
1996
15,000 スウェーデン人の男女
210,662 オランダ人の男女
1997
2008
35
乳児期の成長もCVD(心血管系疾患)
のリスクに関係
• 1920~30年出生の英国男性290名を対象に、1歳時点
の体重が少ないほどCVDのリスクが高い。
Fall CHら、1995
• 1934~44年出生の8760名を対象(Helsinki,
Sweden)、CVDによる死亡率が高いのは2歳まで痩せ
ていて、その後小児期に急速にキャッチアップする場
合。
Barker DJPら、2005
子宮内発育不全と成人期の疾患のリスク
代謝・内分泌異常
その他
脂質異常
注意欠陥多動
高血圧
慢性呼吸器疾患
インスリン抵抗性
免疫異常
肥満
自殺のリスク
低身長
精神運動発達遅滞
腎機能障害
統合失調症・うつ病
不妊
がん
骨粗鬆症
環境要因が超遺伝子を変化させる
久保田健夫. 2007
母親と生活
母親と別居
環境要因
出生直後のラットを母親から2週間隔離すると、脳に
おける神経栄養因子の発現が低下
→ 行動異常の出現
生活習慣病の発症リスク
胎児期および生後早期の環境
低栄養・ステロイドなど
感受期に、様々な器官のプログラミングへの影響
生活習慣病
肥満・糖尿病・心血管系疾患など
子どもの発達・成長に応じた生活
環境・行動の変化
胎児期
乳幼児期
学童期
成人期
学び場
母親周辺
遊び場
母体
家庭
地域社会
地球環境
社会文化的要因と子どもの健康
乳幼児虐待
いじめ
非行・暴力
社会文化的要因と子どもの健康
「育児室からの亡霊」毎
日新聞朝野富三訳
いま、子どもたちに何が起こっているか

子どもの健康と環境に関する宣言 G8環境大臣会合で、2009

環境化学物質による一番の被害者は、胎児、そして子どもたち

子どもの健康と環境に関する全国調査、エコチル調査

Epigeneticsと疾患 生活習慣病とDOHaDの概念
最後に
美しい環境こそが、
未来の子ども達への
最高のプレゼント
ダウンロード

子どもの健康と環境