平成18年度 品質月間テーマ
☆質経営 持続的成長への道
☆良い品質で守る生活 豊かな社会
講演テーマのねらい
職場ではーーー
第一線作業者=「1個いくら」で稼いでいる
経営者管理者=「扶養家族」と心得るべし
如何にして「職場の元気を引き出すか?」が決め手
<講演テーマ>
職場の元気を引き出す改善活動の進め方
職場の元気を引き出す
改善活動の進め方
<主な内容>
◆中堅企業におけるQC活動の実態と課題
◆QCサークル活動の基礎 再確認
◆目で見て分るQCサークル活動の進め方
◆職場に合せた問題解決の進め方
QC‐NET研究所
所長 高橋 博
中堅企業における
QC活動の実態と課題
①トップ~現場の意思疎通
<トップ>
会社方針
・利益向上
・生産性向上
・不良低減
課題1
方針があいまい
未設定が多い
<管理監督者>
ほとんど丸なげ
課題2
管理監督者が
仕事をしていない
<現場>
職場方針
・コスト削減
・工数削減
・不良低減
課題3
現場は具体性なく
これでは動けない
QCが苦しい活動になっている
②QCのためのQC活動?
Q C
業績向上のため
改善活動を
QC的に進める道具
改
善
活
動
QCサークル
改善活動を通して
人材育成をはかる道具
目的が
違う
具体的問題<例>
①QCの名のもと、現場の小改善に終始
⇒上位者がQC活動をやっていない
②発表会、報告書などは立派だが、事実と乖離
⇒業績(品質、生産性、コスト等)に直結していない
親会社の要請に、付き合っているだけ
QCは形だけで、企業に役立っていない
<参考>QCとQCサークル
混同の背景
QCサークル活動発足当初の目的:
真のねらい
全社的品質管理活動の一環として
現場第一線監督者の管理能力向上
(QCサークル活動の改善効果のみに着目)
混同の原因
QCサークル活動を導入する過程で:
QCサークル活動を全社的に展開することが
全社的品質管理活動と誤解している
事技部門にも製造部門と同じ進め方をしている
(その結果、多くの企業でーーー)
全社的品質管理活動があいまいのまま
経営者・管理者の品質管理活動もあいまいで
QCサークル活動だけが負担となり、
その結果
混迷している
実効が?
QC活動も、QCサークル活動も
目標、目的でなく道具です
QCのためのQCはやめて下さい
・まずは、仕事をシッカリやって下さい
・仕事の中で困ったら、QCで解決して下さい
・QCサークルでみんなの力を結集、挑戦を!
◆1人の知恵より、みんなの知恵◆
<参考>各層の役割
・経営者:会社の夢を、管理者に課題として与えること
・管理者:出来そうもない事を、出来るようにすること
・監督者:決められた事を、確実にやり遂げること
◆上司の指示待ち ⇒ 果敢にチャレンジ◆
★
QCサークル活動の基礎
本物のQCサークル活動とするため
基本の再確認
QC‐NET研究所
所長 高橋 博
企業の使命(CS・ES・SS)
お客様満足
・付加価値
・サービス
CS:Customer Satisfaction
QCサークル
活動の重点
従業員満足
・やりがい
・生きがい
ES:Employee Satisfaction
企業満足
・業績向上
・社会貢献
社会的満足
・社会と調和
・環境保護等
SS:Society Satisfaction
管理者の役割
TQM活動
人
事
管
理
TQC活動
業績向上
TPM活動
TPS活動
職場活性化
人材育成
人材育成
人材活用
職
場
外
活
動
QCサークル活動
人を育て
人を活かし
業績を上げる
QCサークル活動の基本理念
• 人間の能力を発揮し、
無限の可能性を引き出す。
自分のため
• 人間性を尊重して、
生きがいのある明るい職場をつくる。
仲間のため
• 企業の体質改善・発展に寄与する。
会社のため
QCサークル活動は 誰のため?
サ
ー
ク
ル
活
動
自己啓発
自分のため
仲間のため
相互啓発
結果として
仕
事
みんなで
改 善
会社のため
(業績・人材)
ネ
タ
職場の問題
本来は
職制の仕事
活動を通して
自分自身の知識技能を高め、よりよい仕事をする
やる気
人間の欲求の5段階
<マズローの法則>
自己実現の欲求
(さとりの境地)
自我達成の欲求
レ
(自分の夢を達成した
い)
社会的認知の欲求
ベ
(みんなに認められたい)
ル
生活安定の欲求
(人並の生活をしたい)
生命維持の欲求
(とにかく生きたい)
欲求の強さ
人並みで安住していませんか?
やる気の源(脳の働き)
九州支部大石世話人の講演より
言語
本能
判断
創造
行動
やる気
結果
記憶
体験・学習
①成功体験がやる気の源
②QCサークル活動も成功体験が不可欠
③成功するには取り組みテーマが決めて
よいテーマの見つけ方<一般論>
ジョハリの窓
判
ら
他な
い
人
難しい
テーマ
不具合項目
緊急
慢性
も 判 判りやすい
る
テーマ
判る
判らない
自 分 で
職制の サークルの
テーマ
テーマ
よいテーマ ⇒ 身近かで、具体的なテーマ
改善活動の着眼点(仕事とは?)
仕事 = 作業 + 考える
みんなで「考える」ことがQCサークル活動の原点
作業 = 正味作業 + 付随作業
良い仕事をするための着眼点
正味作業⇒お金になる作業
例:ボルト締付、溶接、塗装吹付
付随作業⇒お金にならない作業
例:歩行、運搬、工具を持つ、部品を持つ
諸悪の根源
品質・生産性などの諸悪の根源は
やりにくい作業
<補足説明>
★不良が多いと、困るのは職制や会社
中には、不良が多いと仕事が増え、喜ぶ人も
★作業者は、不良が原因で
突発残業や手直し作業に、困っている
職場の元気の源
★やりにくい作業の改善で
自分の仕事が少しでも楽になれば
さらに改善意欲が増す
結果として
生産性向上、品質向上に大きく貢献
実践ではQCのためのテーマ探しはしないこと
職場の問題
・品質不良
・生産性(出来高)未達
・コスト(工数)未達
諸悪の根源
仕事のやりにくさ
サークル 平成 年度活動計画
メンバー
4人の例◆サークルスローガン◆
◆サークルメンバー紹介・抱負など◆
やりにくい仕事を
・各自1件提案し
◆サークルス年度目標◆
・サークル全員で
・1ヶ月で改善する
活動内容
担当
4月
改善活動
目標: 件/年
計画
○○○○
実績
●●●
サークル会合
目標: 回/月
計画
実績
全員のテーマが
・すべて完了したら
・リセットして進める
5月
6月
根深いテーマ
7月
8月
○○○○
9月
10月 11月 12月
根深いテーマ
●●
1ヶ月で解決できない
根深いテーマは
3ヶ月かけて、確実に改善
○○○○
1月
2月
3月
根深いテーマ
●●●
QCサークル活動活性化のポイント
目で見てわかる
QCサークル活動のすすめ
QCサークル活動
停滞・沈滞の主要因
★活動状況が目に見えない
★見えないため上司も放任
QC‐NET研究所
所長 高橋 博
“見える化”のポイント
<手段>
みんなで
情報を
共有する
全員の
ベクトルを
合せる
現状のレベルを
見えるようにする
会社目標を
達成させる
結果が
出る
現状が
見える
改善が
進む
異常が
判る
目標達成に向け
改善を継続する
総力を
結集する
<目的>
目標、計画に対して
異常が判るようにする
見せるのが目的ではありません
みんなで改善を進めるための道具です
★
①目で見る帳票
4点セット
全社、部門ごとの
サークルごとの
年間推進計画
年間活動計画
全社、部門ごとの
改善テーマごとの
テーマ進度管理
改善経過報告
留意点:現場の書物を減らす
②目で見て分かる
全社、部門ごと
現場のサークルごと
掲示板
(ベニヤ板)
年間推進計画
その都度
記録
掲示
テーマ進度管理
職場掲示
年間活動計画
改善経過報告
世話人の
フォロー
アドバイス
掲示の効用:手形を切る
お互い勉強
③留意点
①掲示するのは
サークルの責任
②進まないのは
世話人の責任
③発表会や報告は「現場の生の資料」で
・現場の書き物はお金にならない
・少しでも書き物を減らす工夫を
赤信号
◆ 禁 物 ◆
みんなで渡れば
恐くない
平成 年度 全社推進計画
◆スローガン◆
全社の進め方の基本を記入
例:元気の出るサークル活動を目指そう
◆年度目標◆
方針の達成状況を見るため、目標を決めて進める
<例>・会合計画実施率
・発表会計画実施率
・会合参加率
・資料の掲示率(見える化)
など、特に重要な指標に的を絞り
うまく推進されているか否かを見えるようにする
◆年度推進方針◆
今年度の推進の重点を記入
例:新しい進め方を定着させる
活動内容
担当
全社発表会
部門発表会
計画
全社研修会
部門研修会
計画
職場巡視
(世話人会)
計画
イベント等
( )
計画
4月
5月
6月
7月
8月
10月 11月 12月
実績
実績
・全社の発表会計画だけでなく
・いろいろな施策を具体的に計画
・遊び心も不可欠
実績
実績
計画
実績
部門長
アドバイス
9月
責任者が月々確認
1月
2月
3月
サークル 平成 年度活動計画
◆サークルスローガン◆
◆サークルメンバー紹介・抱負など◆
全社推進計画をもとに
自分達サークルのスローガンを!
メンバー一人一人のサークルに対する
夢・希望・抱負・決意など意思表示する
◆サークル年度目標◆
メンバーの期待を実現するための
目標を具体的に掲げる
活動内容
担当
改善活動
目標: 件/年
計画
サークル会合
目標: 回/月
計画
創意工夫提案
目標: 件/人
計画
実績
実績
実績
計画
レク活動
( ) 実績
計画
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月 11月 12月
1月
目的にそった「取り組みテーマ」を選ぶ
サークル年度目標を達成するため
具体的活動内容を
年間計画として立案、実行する
(管理の基本)
改善活動の繰返し
だけでは
サークルは自滅
実績
上司
アドバイス
2月
上司のキメ細かなアドバイス・フォローが不可欠
3月
整理№
作成 年 月 日
ワンポイント改善事例
テーマ
作成者
リーダー
上司
問題点
★テーマは
・1人1件全員提案する
対策前
・改善は全員で進める
対策後
★改善は
・1ヶ月で完了させる
すべて手書き
結果(リーダーが記入)
・残ったテーマは
根深いテーマとして
3ヶ月かけて完了させる
QCD評価(上司が記入)
コメント(サークルに対し特に有れば記入)
リーダー
★全員のテーマが
すべて完了したら
リセットして進める
上司
完了 年 月 日
QCサークル活動経過報告書
<メインテーマ>
テーマ
(テーマ№)
<サブテーマ>
サークル名
★メインテーマとサブテーマ
(別途説明)
サークル
メンバー名
(☆リーダー)
月 日 時間 分 月 日 時間 分
<備考>
月 日 時間 分 月 日 時間 分
会合実績
月 日 時間 分 月 日 時間 分
月 日 時間 分 月 日 時間 分
月 日 時間 分 月 日 時間 分
★会合実績もこの用紙で
(余分な資料は作らない)
月 日 時間 分 月 日 時間 分
1.テーマ選定理由
★手持ち資料やメモも廃止
(見えなくなるため)
すべて手書き
上司
アドバイス
★ステップ毎に
上司のアドバイスを得ながら進める
★アドバイスが無ければ、ストップ
(後から、やり直しをさせない)
部署;
更新; 年 月 日
平成 年度 QCサークル活動 テーマ進度一覧表
1=テーマ選定;2=目標設定;3=活動計画;4=現状調査;5=要因解析;6=対策処置;7=効果確認;8=評価;9=標準化;10=反省まとめ;<11=発表>
テ
ー
マ
④
進
度
5
4
3
2
6
5
4
3
2
6
5
4
3
2
6
5
4
3
2
6
1
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
7
8
9
10 11
5
4
3
2
7
8
9
10 11
5
4
3
2
1
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
1
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
1
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
6
9
10 11
5
4
3
2
7
8
9
10 11
5
4
3
2
6
1
7
8
9
10 11
テーマ
テ
ー
マ
③
進
度
1
テーマ
テ
ー
マ
②
進
度
1
1
1
1
・ワンポイントテーマと根深いテーマは
用紙を替えた方が使い易い
・ワンポイントテーマは、水色で塗り
6
7
5
6
7
5
6
7
・根深いテーマは、赤色で塗る
8
4
8
4
8
1
9
10 11
3
2
7
8
9
10 11
5
4
3
2
1
9
10 11
3
2
7
8
9
10 11
5
4
3
2
1
1
1
7
8
9
10 11
7
8
9
10 11
テーマ
テ
ー
マ
①
進
度
テーマ
サークル名
職場名
1
6
1
6
1
6
1
1
7
8
9
10 11
職場に合せた問題解決の進め方
型にハマリ込んだ活動から
脱却するため
QC‐NET研究所
所長 高橋 博
職場に合せた 問題解決の進め方
今まで経験した
ことのない
新たな問題
課題追求の活動
職場の問題
5
5~10
現場に多い
開発に多い
80~90%
根の深い
難しい問題
原因も対策も
分かっている
ような問題
対策優先の活動
原因追求の活動
どこにもある
慢性的問題
内容に合せ、進め方を選ぶ
問題解決の3つの型と使い分け
<問題解決のための3つの型>
あるべき姿に近づけるために
問題解決型
悪さを追及する活動
ありたい姿に近づけるため
課題達成型
良さを追求する活動
施策実行型 対策が見えているなら、先ず対策を優先
<3つの型の使い分け方>
テーマの内容により、次のように使い分けて下さい
テーマ
経験のない仕事
取り組むテーマ
の対象は?
従来からの仕事
対策の見当が
ついているか?
見当がついている
要因も対策も
見当がつかない
できない
要因の解析が
できるか?
できる
課題達成型
問題解決型
施策実行型
良さ追求の活動
悪さ退治の活動
対策重視の活動
事実(現場・現物・現時点)にもとづく管理が最重要
問題解決3型のステップ
№
1
課題達成型
テーマ選定
2
3
攻め所の明確化
4
目標設定
問題解決型
施策実行型
テーマ選定
テーマ選定
現状把握
現状把握
対策のねらい所
目標設定
5
活動計画作成
6
要因解析
目標設定
7
方策の立案
8
成功シナリオの追求
対策検討
対策検討
9
成功シナリオの実施
対策実施
対策実施
10
効果確認
効果確認
効果確認
11
標準化
標準化
標準化
12
管理の定着
管理の定着
管理の定着
特徴 ・理想の追求
・真因の究明
・対策の重視
懸念 ・現状から遊離
・形骸化
・真因追究の軽視
詳細は、各型別QCストーリー活用のコツを参照下さい
<講演ポイントまとめ>
★職場の元気を引き出すため
タテマエでなく、本音の活動 ⇒ 本物の活動
①目で見て分かる活動の工夫
②「やりにくい作業」への挑戦
★経営者管理者は
机の上で、頭で考えるのではなく
現場をよく見て、事実で判断する
⇒自分から実行し、模範を示す
ダウンロード

QCサークルの基本