徘徊認知症患者の帰宅支援
~認知症保険の提案~
南山大学
山口佳淑
中島澪奈
寳多研究会
栗木祥佳
廣田優菜
平成26年12月6日
中川香奈
中部経済学インターゼミ
動機・背景
目的
先行研究
動機・背景(1/5)
発症者
(「日常生活
自立度Ⅱ」以上)
軽度者など
予 備 軍
(MCI)
約280
65歳以上人口に対
する比率
万人
約160
万人
約380万人
健常者
認知症高齢者の推移(「日常生活自立度Ⅱ」以上)
(厚生労働省「認知症高齢者数について」2012年より筆者作成)
2
動機・背景
目的
先行研究
動機・背景(2/5)
行方不明の認知症患者7年ぶりに夫再会
東京の柳田三重子さん(67)
・7年前に群馬県館林市で保護
・下着には「ミエコ」と書かれ、名前を問われると
「ヤナギダクミコ」と答えた
・間違った「迷い人照会書」・・・「エミコ」と誤って記載
↓
警察の情報共有ミス
行方不明者情報のオンライン
システムの見直しの必要性
2014年5月11日放送NHKスペシャル
「行方不明者1万人~知られざる徘徊の実態~」
3
動機・背景
目的
先行研究
動機・背景(3/5)
4
原因別行方不明者数(疾病関係)の推移
※「認知症」は2012年中の統計以降計上
(警察庁生活安全局生活安全企画課
「平成2 5年中における行方不明者の状況」より筆者作成)
動機・背景
目的
先行研究
動機・背景(4/5)
• 徘徊認知症患者による事故例
日付・場所
当事者
事故の概要
判決(一審)
〃
5
(二審)
2007年12月愛知県大府市
91歳 男性
認知症患者(要介護4)
家族が目を話した隙に外出
JR東海道線共和駅の構内で路線に立ち入り、
電車にはねられ死亡
賠償金約720万円をJR東海に支払う
賠償金は約360万円に引き下げられたもの
の、監督責任を要介護1の妻一人に課す
動機・背景
目的
先行研究
動機・背景(5/5)
<問題点>
• 家族だけで徘徊を防ぐのは不可能
• プライバシーの問題から警察の情報公開が少ない
• 警察と地方自治体の間の連携不足
• 事故を起こした場合の賠償責任はすべて家族
6
動機・背景
目的
先行研究
目的(1/1)
帰宅支援
• 徘徊認知症患者をいち早く家族の元へ
賠償保険
• 事故を起こした際の補償
7
動機・背景
目的
先行研究
先行研究
堀川茂野(2006)「警察における福祉的側面について:徘徊認知
症高齢者の保護を中心に」
→警察の徘徊によって行方不明になった認知症患者への対応
<本稿の創見>
1.
自治体同士の情報共有や連携を調査し、問題点を考察。
2.
事故を引き起こすリスクや、施設入居に関する金銭的なリス
クを試算。
3.
行方不明になった認知症患者の早期発見や、事故等で発生し
た賠償金の補償を目的とした独自の政策を提案。
8
分析
政策提言
今後の展望
分析①独自のヒアリング
• X県内における行方不明者の捜索
人口
X県
Y市
Z区
9
高齢者比率
約744万人
22.3%
身元捜査や保護など詳しく関与せず
約227万人
21.4%
徘徊高齢者の帰宅支援事業あり
約16万人
20.0%
区独自の政策はなく、市の方針に従う
分析
政策提言
今後の展望
分析②各都道府県へのアンケート
回答(カッコ内は人口)
主な質問内容
A県
B県
(約211万人) (約138万人)
県内で徘徊した
認知症患者の保
護数と、家族へ
の引き渡し数
未把握
認知症患者が行
方不明になった
場合の照会シス
テムの有無
なし
捜索や身元特定
にあたって他の
都道府県との連
携について
10
C県
(約70万人)
D県
(約98万人)
(約79万人)
事例なし
あり
なし
行方不明者の情報を文書で通達
E県
分析
政策提言
今後の展望
帰宅支援の必要性(1/2)
• SOSネットワーク
警察だけでなく生活関連団体が捜索に協力して
行方不明者を発見保護するもの
• 登録数…30県(うち24県は3市町村以下)
11
(高齢者の見守り ・SOSネットワークを築こう!HPより筆者作成)
http://www.silver-soken.com/sos-net/index.html
分析
政策提言
今後の展望
帰宅支援の必要性(2/2)
• 認知症患者が徘徊後、所在確認までの期間
(2013年中に所在確認された人数)
12
(佐賀新聞 2014年6月6日より筆者作成)
分析
政策提言
今後の展望
賠償保険の必要性(1/3)
• 運転事故
認知症患者約7300人
認知症と診断後も運
転をやめず(11%)
人身事故・損害事故
(16%)
• 高速道路の逆走447件( 2010~2012年)
7割-65歳以上の高齢者が運転
うち4割-認知症患者(またはその疑い)
13
(朝日新聞の医療サイト「車の運転:上 危ういハンドル、事故多発」よ
り筆者作成)http://apital.asahi.com/article/dementia/2013122000003.html
分析
政策提言
今後の展望
賠償保険の必要性(2/3)
• 鉄道事故による損害賠償
鉄道会社
<JR>
<その他>
14
(毎日新聞 2014年1月12日より
筆者作成)
遺族への請求額
運休本数
影響人員
東海(2007)
720万円
34本
2万7400人
九州(2009)
請求なし
6本
1200人
東日本(2010)
請求なし
8本
1900人
西日本(2011)
請求なし
30本
1万7000人
北海道(2011)
請求なし
37本
1万500人
名鉄(2005)
80万円
12本
5000人
南海(2009)
請求なし
34本
9万3000人
東武(2011)
16万円
6本
3900人
東武(2012)
137万円
52本
2万1000人
近鉄(2013)
80万円
33本
1万5000人
分析
政策提言
今後の展望
賠償保険の必要性(3/3)
• 1ヶ月にかかる施設費(要介護3の場合)
グループホーム
特別養護老人ホーム
ユニット型個室
有料老人ホーム
在宅介護(デイサービス利用)
財政的負担大
15
約15~20万円
約9万円
約14万円
約20万円
約4~17万円
(HOME’S介護HPより筆者作成)
http://kaigo.homes.co.jp/manual/fa
cilities_comment/tokuyo/cost/
分析
政策提言
今後の展望
分析のまとめ
県・市・区、各都道府県間
における連携・情報共有不足
捜索難航
• 帰宅困難
• 事故による金銭的リスク
賠償保険の必要性
16
分析
政策提言
今後の展望
政策提言~認知症保険~(1/3)
認知症保険
17
徘徊認知症患者
列車事故
の捜索
賠償金負担
分析
政策提言
今後の展望
政策提言~認知症保険~(2/3)
保護範囲
損害賠償
認知症患者と監督義務者の
精神面・金銭面での保護
18
分析
政策提言
今後の展望
政策提言~認知症保険~(3/3)
【現状】
【提言】
A県
連携難
19
警備会社
自治体
保険会社
!
連携可能
A県
自治体
!
自治体
自治体
他県
他県
捜索拠点多
分析
政策提言
今後の展望
政策提言~保険料計算~(1/2)
全体の保険料
保険金発生率
15件
800万人
支払保険金額
×
50万円
保険契約件数
×
200万件
= 187億5000万円
20
分析
政策提言
今後の展望
政策提言~保険料計算~(2/2)
一人当たり保険料
月額782円
個人賠償責任保険・・・月額100円弱
21
分析
政策提言
今後の展望
政策提言~保険加入者の増加予測~
①加入者増加の見込みがある~地震保険を例に~
②高齢者ドライバーの事故率の増加
③自宅介護を望む認知症患者と家族のために
22
分析
政策提言
政策提言~保険の合理性~
①金銭的リスクの回避
②既存のネットワークの活用
③プライバシー問題の回避
23
今後の展望
分析
政策提言
今後の展望
今後の課題
①独居の認知症患者の帰宅支援や事故補償
・保険加入条件の改善
②保険加入者以外の認知症患者の帰宅支援
・自治体同士の連携強化
24
ご清聴ありがとうございました。
ダウンロード

徘徊認知症患者の帰宅支援 - 中部経済学学生コンソーシアム