電気床暖房パネル
ELECTRIC FLOOR HEATING PANEL
施工仕様書
アイテージャパン株式会社
A
電気床暖房パネルの製品の仕様
A-1電気暖房パネルヒーターの概要
•
•
モルタルやコンクリートの上に直接、又は、基礎副材や断熱材の
上に、及び根太の間に電気暖房パネルを敷き、自動温度コント
ロール用のサーモスタットを接続することにより、簡単な暖房シス
テムが完成します。
温度コントロール用のサーモスタットには色んな種類があります
が、部分的な暖房、全体暖房、タイマーによる時間を制限した暖
房など便利で経済的な使用方法があります。
A-2電気暖房パネルの特徴
1。安心、安全な設計製作
温度を自動で検知する装置、温度が異常に高温になった場合の
過昇防止装置などの安全装置が組み込まれており、どのような条
件でも安心して使用することができます。
2。効率がよく効果的な暖房
暖房パネルは熱伝導率が高く10分位で、部屋全体の暖房が可能
で、また必要に応じて部分的な暖房をすることができます。
電気暖房パネルは均一で暖かく、画期的な暖房システムです。
3。クリーンドライ施工
電気暖房パネルは、パネル形式ですので、セメントと砂を使用し
ませんので、寒い冬にも簡単かつ短い時間内に工事を完了する
ことができ、施工後すぐに温かい床暖房として快適な環境が作れ
ます。
4。移設が自由
一度施工したしても、必要に応じて、又環境の変化により別の
場所にパネルを移動し、設置をすることができます。
5。設置場所を選ばない、制約をしない
電気の配線が可能な場所であれば、どこでも施工、敷設できます。
6。いろんな場所に
地下室、ロフト、床、屋根など 電気暖房パネルを敷設するだけで
暖かい床暖房に改造されます。
7。維持費を大幅に削減
熱伝導率が高い材料と熱を無駄に逃がさない断熱材の構造が効率的で
有効な暖房環境を作り、暖房温度を自動でコントロールするサーモ
スタットを組み合わせることにより、最小の電気代で最高の暖房環境
をつくります。
このようにして維持費を大幅に削減できます。
A-3
電気暖房パネルの規格及び仕様
寸法表
電気床暖パネルの標準規格仕様
A-4
電気床暖房パネル断面図
A-5電気暖房パネルの暖房性能曲線
50
40
代表的な床暖房の温度分布を
示しています。
標準的な建築方式において
電気暖房パネルの敷設箇所で
の温度を約40℃とした場合、
電気床暖房の室内温度を示し
ていますが、このグラフは、家
の構造上の断熱材の
方法によって多少の違いが
生じることがあります
30
床表面温度
20
室内温度
外気温度
10
0
-10
9
10
11
12
1
2
3
電気床暖房の卓越性
1。灯油やガス燃焼などと異なり、酸素を燃やさないため、冬でも換気が不要
2。ファン用のモーターが全く無い静音暖房
3。床暖房の施工にセメントの養生が必要なく、セメントからの毒性に対し安全
床暖房式
燃焼式暖房
電気床暖房
温水床暖房
温風器
ストーブ
安全性
◎
◎
◎
X
清潔
◎
◎
△
△
静かさ
◎
○
△
△
操作性
◎
○
◎
◎
初期投資費用
◎
X
◎
◎
施工工事費用
◎
△
△
◎
稼働費
◎
○
○
△
改造性
◎
X
X
X
B
計画書を作成する方法 (例)
B-1 基本DATA
面積 10畳 (4,100mm X4,000mm)
の場合
部屋
床暖房しない箇所
Lp1
床暖房パネル
Lp1
Lp1
Lp1
Lp1
Lp1
Lp1
Lp1
専用面積 (16.4㎡)
暖房面積 (11.56㎡)
2. 電気消費量
1. 床暖パネル、コントロール、副材
資材
暖房率 (71%)
品名
仕様
使用量
LP1
1,700X850x12
8枚
380 W/枚
LP2
1,700X400X12
-
180 W/枚
LP3
850X 850X12
-
190 W/枚
LP7
400X 850X12
-
90 W/枚
定格消費電力
380Wx8枚
3,040 W
電気パネル
機械
小
中 大
1台
温度調節器
電子
ゴム板
小
大
1,700X850X12
3枚
総定格消費電力
(電気消費量)
3,040 W
設置
C
C-1. 設置例
閉め材
フローリングなど
温度調節器
副材
床暖パネス設置後、残りの
部分を高さにあわせて処理
機械式又は電子式
床、モルタル
電気床暖房パネル
防湿
ビニルなど
施工基準に則って設置
その後配線作業
C-2. 断面図 (mm)
ご参考
上記は一例でありその他、根太の間に敷設、施工方法するなど色々な方法があります。
C-3-1 電気パネル施工及び敷設手順
1。電気暖房パネルの選定、数量を計画書に基づき確認する。
2。施工を開始する前に、床の状態、分電盤の電源の電圧、負荷容量を確認し十分な
容量があること。
3。施工する箇所に配線されている電源が電気床暖房パネルに使用される電源と同じ
であるか(AC100Vまたは200V)、テスターを用いて必ず測定して下さい。
4。敷設する底の部分に湿気があるかどうか、水平な状態かどうかを確認してから
施工を開始して下さい。
5。敷設する床面に結露を防止し水平を維持するために断熱ボードなどを施工して
下さい。 電気床暖房パネルを基礎面に固定する場合、パネルにクギ等が打てる
場所がパネルの表面に小さなクボミの形で表していますので、このクボミを使用
して下さい。その他の場所にはクギ等で穴を開けることは絶対に止めて下さい。
6。電気暖房パネルの配置に際しては、現場監督者または電気技術者と必要かつ十分
な打ち合わせを行い、現場の状況に応じて施工を始めてください。
7。電気暖房パネルの相互の電源電線の結線は左右どちらからでも開始できます。
又、相互の電線の結線は左右の配線ボックスにて施工して下さい。
8。敷設、施工の完了後、通電検査、絶縁検査を必ず行い、その数値が許容の範囲に
入っていることを必ず確認してください。
万一、許容の範囲に入っていない場合は大きなトラブルの原因となります。
9。温度コントロールを行う、サーモスタットの結線には床面から30cm以上の距離
を取って下さい。
10。温度調節用サーモスタットとパネルとの電源コードの接続、及び電源コードの終わり
の部分にはPVC成形のファストン端子にクローズして下さい。
又、シリコン、防水テープなどで防水防止の処理を施して下さい。
11。暖房パネルの左。右の電源ボックスの電線の結線状態を再度確認した後、カバーを
取り付けて覆い、OPP TAPE等にてしっかりとかりと固定、取り付けて下さい。
12。床面において電気暖房パネルを敷設している箇所と敷設していない箇所の間の
継ぎ目やすきまに副材(べニア、ゴムパンなど)を施工しますが、その継ぎ目
部分には、OPP TAPE等にてしっかりと固定、取り付けて下さい。
13。施工が終了した後は現場監督、電気技術者の立会の元で施工検査を行わねばなりま
せん。
尚、電気床暖房パネルの保証期間は検収日から1年以内です。
14。最後に施工場所、結線場所、等で資材を整理整頓して当初に計画した資材の明細書
との間に齟齬がないか、忘れ物はないか等を再度確認してください。
又、作業完了の確認を受けて下さい。
尚、蛇足ですが、施工に使用した釘を床下に置き忘れ、事故を起こした事がありま
すので、くれぐれも最新の注意を持って施工をお願い致します。
C-3-2 電気パネル作業手順
敷設、設置の流れ
1
電気床暖房パネル
及び副材の数量を確認
2
床底の状態、および電源
負荷容量の確認
5
6
施工の前にパネルの
配置について確認
7
パネルとパネルの間
の隙間をOPP TAPE等
で固定
12
通電検査と
絶縁検査
13
電源ラインの週末部分を
PVCモールディングで
閉鎖
18
保証期間は検収後
期間1年
断熱材、保温材
を敷設
木床は除く
8
パネルの電気結線
11
温度調節器とパネル
の電源線結線
14
パネルの電源結線の
ふたをOPP TAPE等にて
固定、閉鎖
17
監督官にて最終確認
及び検収
3
電源の状態100V又は
200Vを確認
4
湿気があるか否か、水平
は維持されているか否か
を確認
9
パネルの結線を再確認
10
床面から30cm以上の
高さに温度調節器の設置
15
仕上げ材とパネルの間
をOPP TAPEに固定
16
現場監督、電気技術者
立会いで試運転及び
確認
C-3-3 パネル作業手順
注記:
床暖パネルを敷く床面又は基礎面に固定する場合は、床暖パネルにクギ等の金具を打つ
ことの出来る箇所が丸い小さなクボミで表示されていますので、この小さなクボミをご
利用して下さい。
その他の箇所でのクギ等で打ちつける事は絶対に避けて下さい。
故障の原因となります。
C-4-1温度調節器と電気床暖パネルとの結線方法 (例)
D
D-1
電線結線方法
絶縁TAPE結線方法
1.接続する電線を選択する
2.選択した電線の一
部を脱皮する
まわす
4.絶縁TAPEを1〜2回巻く
5..電線をTAPEで仕上げる
3.電線を互いに巻く
D-2
端子に結線する方法
2.選択した電線の一
部を脱皮
1.接続する電線を選
択
2~3 回転
4. 2~3回巻く.
圧縮
3..電線を お互い
に重ねる
圧縮
接続子 5Φ
(大きさにより変更)
5. ファイストンで連結し圧縮.
E
敷設、施工、設置、検査に必要な工具
品名
規格
用途
電動ドリル
500W 以上
パネルの固定等
ドリル用きり
鉄板用(6.35mm)
固定穴等の作り
ドリル用きり
コンクリート用(5.5mm)
固定穴等の作り
ストリッパー
0.5-1.2-1.6-2.0mm
1.0-1.6-2.0-3.2mm
電線皮むき用
圧着機
接続端子圧着用
ニッパー
電線切断用
ドライバ
十字/一字、中、小
パネル固定等
かなずち
パネル固定等
カッター
切断用
水準器
パネル、温度調節器用水平測定
テスター機
抵抗計
絶縁、抵抗、電圧測定
テスター機
アンメータ
出力測定
ファストン端子かしめ機
絶縁抵抗計
電線連結時
500Vメガ
実測定
F
その他、副材料
品名
規格
使用
Opp Tape
梱包用(50mm X 50M)
電気絶縁ビニル接着 Tape
19mm X 10M
電線絶縁用
PVC モールド
22mm X 12.5mm
30.5mm X 16mm
調節器電線埋め込み用
接続端子
5.5Φ
結線用
電気機器絶縁線
HVSF 1.25㎟
暖房線ジャンプ用
電気機器絶縁線
HVSF 2.0㎟
共通線ジャンプ用
電子式調節器センサー連結用
石膏ピス
(1 黒色)
#6 X 32
(太さ:3㎜ X 長さ:32㎜)
パネル固定用
+ 鉄板用小ネジ
(丸頭 1種)
#4 X 24
(太さ:4.2㎜ X 長さ:24㎜)
調節器固定用
ステンレスピス
(1, 皿頭)
#8 X 38
(太さ:4.2㎜ X 長さ:38㎜)
ピス
M6(赤色)5 X 31
(太さ:5㎜ X 長さ:31㎜)
コンクリート用
カッター
G
こんな時は故障ではありません
又は、応急対応
現状
温度調節器に電気が
入りません。
原因
確認
電源が来ていますか
メイン電源確認
電源プラグ確認
断線
正確に結線がされているか確認
過負荷.
電気容量を確認
パネルに湿度がある(漏電)
湿度を完全になくして設置してください
電線のショート
結線及びリード線連結状態を確認して
ください。
温度設定が低い
温度を上げてください
温度調節器のセンサーが作動できない
調節器センサーを交替してください
(電子式)
温度センサーの配線が間違ってる
温度センサー線を正確に配線する
温度センサー作動しない
温度センサーを交替してください。
(電子式)
温度センサーを入れていない
温度センサーをセンサー入れに正確
に入れてください
温度調節器センサーが作動しない
温度調節器を交換してください(電子
式)
パネルの断線です。
パネルを代替してください。
センサーがあるところに布団や
クッションを置いている場合があります
パネルの効果を高めるためには、
センサーが挿入された場所には、
布団やクッションを置いたりしないでく
ださい。
遮断器が落ちる
温度調節器に電源は入
るが床暖パネルが暑くな
らない
温度調節ができない
電気パネルが暑すぎる
パネルの一部が
暖房ができない
パネルの一部分が異常
に熱い
保証書
この保証書は、本書記載内容で無料修理を行う事をお約束するものです。(保障規定をご参照
下さい)お買い上げの日から 左記期間中、故障発が生した場合、 本書をご提示の上、お買い上
げの販売店または弊社あてご依頼ください。
持込修理(出張修理の場合出張実費は有料になります)
本書は、再発行致しませんので、紛失しないよう大切に保存をお願い致します。
保障規定
•取扱説明書、注意書に基づくお客様の正常なご使用状態のもとで保証期間内万一故障した場
合、無料にて故障箇所を当社所定の方法で 修理させていただきますので、お買い上げ販売店、
または当社に本 保証書を添えてお申し出ください。 修理を行うために交換された 旧部品、ま
たは、機械の一部にはお返しできないものがあります.
•本製品の故障、またはその使用によって生じた直接、間接の損害に ついては当社はその責任
を負わないものとします。
•次のような場合には、保証期間中でも有料修理になります。
► 本保証書のご提示がない場合。
► 本保証書に保証期間、製造番号、販売店名の記入のない場合 または字句を書き換えられた
場合。
► お客様による輸送、移動時の落下、衝撃等、お客様の取扱が 適正でないために生じた故障
、損傷の場合。
► お客様による使用上の誤り、あるいは不適当な改造、修理に よる故障および損傷。
► 火災、塩害、ガス害、自身、落雷、および風水害、その他天才 地変、あるいは以上電圧など
の 外部要因に起因する故障および損傷。
► 正常なご使用方法でも消耗部品が自然消耗、磨耗、劣化した場合。
► 本保証書は日本国内においてのみ有効です。
► 保証期間経過後の修理などについては当社に 御問合せ下さい。
以上
アイテージャパン株式会社
東京都北区赤羽1-41-5 アマダス200号
電話 03-5959-5287 Fax: 03-5959-5291
e-mail: [email protected]
代理店
ダウンロード

床暖パネル施工指示書邦文