第六課 決済
(1)決済の手段:貿易というのは、異なった国
と国の間に行う商取引である。お互いの国の
通貨は、そのまま支払手段という使用できない。
国際的に公認する貨幣として、ドル建て/円建
てなどによって行います。具体的にいえば、現
金cash/外国為替(Foreign exchange為替と
いう手段を用いて、国際貨借決済、資金移動
を行う方法である。)及び信用証券による方法
が挙げられる。
現金輸送にともなう危険、費用などを防ぐために、
金融機関の介入によって、手形(票据)や小切
手(支票)のような信用証券を通貨という機能さ
せることで、安全な決済を可能にした手段とはい
えば、一般的に使われている。支払い方法とし
て、銀行送金、取立及び信用状があげられる。
貿易取引の決済は、売手であり債権者であ
る輸出者が、債務者である輸入者側に荷
為替手形(汇据)を振り出すといった取立為
替の方法で行われます。
荷為替:押汇(票据)
荷為替信用状:押汇信用证
取立為替:托收汇款
決済方法:
信用状付き決済(押汇)
D/P手形(票据)}托
D/A手形(票据)}收
小額、送金為替:(汇款)
(1)信用状付き荷為替手形(信
用状押汇票据 L/C決済
Documentary Bill of Exchange
with letter of Credit)
信用状とは、発行銀行が輸入者のために輸
出者あてに発行し、輸出者に対して、船積
み書類を添付した為替手形(汇款票据
Documentary Bill of Exchange)――荷為
替手形(押汇票据)を自行もしくは輸入者あ
てに振り出す権限を与え、その手形の引受、
支払いを保証した証書です。
発行された信用状は、輸入地の通知銀行
(Notifying Bank)を経由するが、あるいは直接輸
出者に送付されます。信用状を入手した輸出者
は、発行銀行の保証が得られたので、安心できる
とともに、これを担保として、取引銀行から輸入前
貸し関係準商業手形制度を利用して、輸出前貸し
(Export Advance)を受けることができます。
契約及び信用状の条件にしたがって船積みが完了
すると、輸出者は書類を整え、これに為替手形
(Draft)を添えて、輸出地の取引銀行に提出し、荷
為替手の買収(Negotiation)依頼します。依頼を受
けた銀行は、船積み書類と為替手形の内容が信用
状記載の条件と一致することを確かめたうえで、こ
れを買取り、輸出者に代わり金(輸入者の代わり)
を支払うとともに、買い取った荷為替手形を発行銀
行に送付して、手形代金の支払いを求めます
信用状一覧払い(见票即付At sight)と
一覧後何日払いの期限付き手形(见票
后几天以内即付Time Bill)の種類:取
消不能と取消変更可能
(2)信用状なしの荷為替手形:D/P、D/A手形
D/P手形(Documents against Payment付款交
单、一手交钱一手交货)
荷引き取る:輸入者の取引銀行 代金を支払い
書類と引き換える
為替手形に添付してある船積み書類の引渡し
条件として、支払い書類渡しと明記した荷替手
形による決済です。
輸入者側に代金回収上の不安残りますが、輸
入者側としては、保証金の積主、開設手数料
の支払いも不要となりますので、有利です。
D/A手形(Documents against Acceptance
承兑交单:承诺~日内付,即交单,托收)
引受書類渡しと記載した荷為替手形のことで
す。
輸出者が船積み後に振り出したD/A手形は(輸
出手方保険を付保しない限り)輸出地の銀行が
買取ることはなく、輸入地に取立に回します。輸
入地の銀行では、輸入者が手形の引受
(Acceptance)さえすれば、手形代金の支払いを
待ったずに、船積み書類を輸入者に渡します。
輸入者は船積み書類で積荷を取引、売却って回
収した代金で手形の満期日に支払いを行います。
輸出者に不利。(先交货后交钱)
信用状(Letter of credit)とは銀行が特定の人に対し、
自行または自己の指定した銀行に宛てて手形を振
り出す権限を与える保証状である。輸出業者が輸入
業者にたいして銀行発行する商業信用状が中心で
ある。
信用状内容について、輸入者はただちに入手後に
まじめにチュックし、適切に処理しなければならない。
1信用状発行銀行(開設Bank)の信用度チュック
一流銀行による確認信用状にしてもらう必要がある。
(呆帐、资金雄厚、信用度高 中国银行、交通、工
商、建设银行)
日本――みずほ銀行(富士、三和Bank)
東京三菱銀行(東京Bank+三菱Bank)
三井住友銀行
第一勧業銀行(日本銀行)
2開設された信用状が取消不能信用状であるかどうか、
チュック(確認)。
3支払いなど、確約文言の有無を確認する。
4信用状面に信用状当事者間の権利、義務、取扱い、文
言解訳などでの「荷為替信用状統一規則及び慣例の
適用文言」があるか否かを確認する。
5売買契約の内容と合して、信用状面の受益者名、その
所在地、発効依頼人、貨物の名称、数量、単価、合計
全額、品質条件などが正しく表示されているか否かを
確認する。
6船積期間と信用状有効期間はどうか。履行可能
な期間なのか?手形取組期間の間に適当な余
裕(2週間)があるか否か、保険契約の条件が
正当か否かなどを確認する。
7信用状要求されている検査証明書とか、原産地
説明書などの書類を信用状の有効期限までに
銀行に提出できるか否かなどの内容を詳細に
チェックする。
8船積内容書類の種類と部数について、取得困難
または不可能な書類を要求しているかどうか確
認すう。
チェックの結果、売買契約と信用状の間に不一致。
または不分な点が発見されれば、ただちに信用状
の修正変更を要求することが必要である。内容
の変更も可能、例えば、船積期限及び信用状期
限の延長、船積港の変更、分割積み信用状金
額の増減などの必要が生じた場合も信用状の
内容を変更してもらわればならない。
3)送金T/T电汇電信為替telegraphic transfer
売買契約成立後、その支払い条件FOB、CIF一等
に基づいて、決済方法も明記している。信用状取立
(托付):送金による決済になります。信用状は売買
契約の諸条件に基づいて発行されるが、その記載
された条件に受益者(売主)を厳格に守ってはじめ
て自己の権利を主張することができる。
送金の場合、輸出者は契約の通り、輸入者
に指定する銀行に振り込むこと。契約の時
50%、納品の時50%。
お
疲
れ
様
で
し
た
ダウンロード

第六課 決済