地域の自主的な活動事例
(1) 地域の自主的な活動事例
②地域ぐるみ除排雪 雪無しデー(富山県南砺市城端地区)
~ 毎年1月の最終日曜日を「雪無しデー」と決めて、町内会単位で住民総出の除排雪活動 ~
【活動の概要】
富山県南砺市城端地区では、城端地区除排雪推進協議会が主体となっ
て、毎年1月の最終日曜日を「雪無しデー」と定め、生活道路、通学路、
防災施設、コミュニティ施設等を対象に、地域ぐるみで一斉除雪活動を
行っています。
【活動に至るプロセス】
• 自分たちの地域は自分たちで守るという意識のもと、昭和57年に住民
が主体となって城端地区除排雪推進協議会(以下「協議会」という。)を
設立しました。
• 協議会が主体となり、無雪害の地区づくりを進める意識を住民に持って
もらい、地域の連帯感を高めていくため、平成8年度から城端地区の全
町内会で一斉に実施する形で「雪無しデー」の取組を始めました。
消
防
署
町除雪対策本部
城端地区除排雪推進協議会
警
察
署
土 地 改 良 区
消
あ 雪
班
町
内
会
流
雪
班
町
内
会
住
町
内
会
民
町
内
会
機
械
班
町
内
会
住
町
内
会
民
町
内
会
町
内
会
住
町
内
会
民
【事例から学ぶポイント】
• 城端地区除排雪推進協議会という実施体制を作り、消雪
装置の管理運営を行う消雪班、流雪溝の管理運営を行う
流雪班、除雪機械による道路除雪を行う機械班という構
成で、地域の雪対策全般を担いました。
• 雪無しデーでは、城端地区を構成する13の町内会ごとに
内容を決めて活動しています。雪が少ない場合は町内会
の判断で中止することもあります。
• 各戸1人が協議会の会員になっており、活動日には各戸
1人以上、毎年250~300人程度が参加しています。
• 地域ぐるみ除排雪活動に伴う運搬排雪用トラックの経費
を南砺市が負担しています。
【参考情報】
• 南砺市 http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/info/detail.jsp?id=4164
• 「共助による地域除雪の手引き」(国土交通省 H22.3)P95-98 http://www.mlit.go.jp/common/000112138.pdf
1
行政支援を活かした活動事例
(1) 地域の自主的な活動事例
③朝日町行政区×雪対策事業(山形県朝日町)
~ 区民が主体となった雪対策制度を町が設計し、関係者間と協議しながら要綱を定めて運用 ~
【活動の概要】
山形県朝日町では、地区住民が要援護世帯の除雪を行う区(行政区)に対
して交付金を支払う「雪対策事業」を実施しています。区は、支援対象の世
帯主の名称などを記載した計画書を町に提出し、除雪が必要になると、区
が支援対象世帯に対して地区住民による除雪作業を手配します。
【活動に至るプロセス】
• 平成18年豪雪の際、民生委員や本人が除雪業者の手配を行うことが困難、
空き家倒壊の恐れ、雪下ろし回数の不足等の問題が生じました。
• そのため、朝日町では、住民にとってより身近な「区」が主体となった体制を
構築することとし、共助活動を行う区に交付金を支給する「雪対策事業」と、
民生児童委員が行っていた業者の確保を区が行うこととした「除雪費支給事
業」の2つの制度を作り、区が選択できるようにしました。
• 事業の実施にあたっては、民生児童委員や区長との話し合い、区長会での
協議・検討、除雪業者との話し合いを経て要綱を定め、実証事業として平成
19年度から3ヵ年実施し、平成22年度より本格的な運用を行っています。
雪対策事業
本人
②同意
⑦2割負担
①選任
⑤雪下ろし依頼
区
(区長・役員・
民生委員)
④決定(却下)
⑨補助金交付
③計画書
提出
町
・区が主体的に計画・実施
・業者に委託
・本人は2割を負担
・雪下ろし 1回17,000円を上限
・雪はき 1日1,000円を上限
・補助金
除雪費支給事業
本人
【事例から学ぶポイント】
• 平成18年豪雪で顕在化した地域の雪問題がきっかけであり、区民も問題の深
刻さと対策の必要性を実感していました。
• 従来の制度では、雪下ろし業者だけが雪処理の担い手でしたが、新しい制度
によって区民も担い手として活動できる環境を整えました。
• 「雪対策事業」では、除雪シーズン前に交付金が一括交付され、降雪量や作
業の実績による金額の増減はなく、使途は区の判断・裁量に任されており、活
動の意欲を高める一因となっています。
②同意
業 者
(雪処理)
⑥請求
①選任
⑤雪下ろし依頼
区
(区長・役員・
民生委員)
③計画書提出
⑥実績報告
④決定(却下)
交付金交付
町
区民等
(雪処理)
・区が主体的に計画・実施
・区民等が雪処理
・本人の負担なし
・雪下ろし 1戸につき25,000円
・雪はき 1戸につき15,000円
・補助金ではなく交付金
・除雪シーズン前に一括交付
【参考情報】
• 「民家等の雪対策事業について」全国積雪寒冷地帯振興協議会 http://www.sekkankyo.org/yukiseminarpdf/asahi.pdf
• 「共助・公助による地域除雪の取組事例」(国土交通省 H24.3)P7 http://www.mlit.go.jp/common/000208226.pdf
2
行政・公的機関等が主導した活動事例
(1)
地域の自主的な活動事例
④官民協働除排雪(山形県村山市)
~山形県が地区に県道の一斉除雪を提案してモデル的に立ち上げ、住民・市・県の三者が協働~
【活動の概要】
山形県村山市では、住民、村山市、山形県の三者が協力して、県道及び沿道家
屋の敷地内の積雪を一斉除排雪しています。住民は屋根雪及び敷地内の積雪
を一斉に道路に出し、これをロータリー除雪車でダンプトラックに積み込み、排雪
場所まで運搬排雪します。
【活動に至るプロセス】
• 平成19年度、山形県(道路管理者)が県道の雪問題
を解決するため、一斉除排雪を企画し、モデル事業と
して、袖崎地区と村山市に話を持ちかけました。
• 袖崎地区の区長、村山市、山形県とで協議の場を設
け、実施内容、実施区間、役割、費用負担、実施ルー
ル、雪捨て場及び臨時駐車場の確保、実施日時等に
ついて話し合いを行い、実施を決定しました。
• 現在は、同市河島山地区においても平成22年度から
3年連続の取組みが 実施されています。
【事例から学ぶポイント】
• 道路及び沿道家屋の雪問題について、住民と行政の双方にとってメリット
がある解決策を県が企画し、地域に実施を呼びかけました。
• 袖崎地区では、平成15年より「袖崎地区まちづくり協議会」が活発な地域
活動を展開しています。この中に雪に関する活動を行う「雪部会」があり、
協働除排雪の提案を受け入れやすい環境ができていました。
• 活動が継続するよう、山形県知事、村山市長、袖崎地区まちづくり協議会
長の3者で官民協働除排雪作業に関する覚書を交わしています。
道路管理者(山形県)
住民(袖崎地区)
抱える課題
抱える課題
• 多額な排雪費用
• 除排雪業者の手配
• 雪下ろしによる隣家とのいさかい
• 未秩序な道路への雪だし
• 運搬排雪費用の縮減
• 雪捨て場の確保
• 排雪運搬車両による渋滞
協働
除排雪
分担
○宅地内の雪を道路へ排出
○ダンプトラックの借上料負担
○雪捨て場の確保と清掃
村山市
分担
○警察との協議、交通誘導
○ロータリー除雪車による
排雪及び積み込み
分担
○県と住民の調整
○臨時駐車場の確保と除雪
○排雪運搬路の確保と除雪
【参考情報】
• 共助による地域除雪の手引き(国土交通省 H22.3)P59-65 http://www.mlit.go.jp/common/000112138.pdf
• やまがたゆきみらい推進機構 「官民協働除排雪DVD」 http://yamagatayukimirai.web.fc2.com/dataroom/kanmin/kanmin.html
• ネットジャーナル「山形県官民協働除排雪の取組み」 http://www.netj.jp/335.html
3
行政・公的機関等が主導した活動事例
(1)
地域の自主的な活動事例
⑤長岡雪害ボランティアセンター(新潟県長岡市)
~ 豪雪災害時に地域外の除雪ボランティアを確保・派遣する仕組みを構築、協働型で運営 ~
【活動の概要】
新潟県長岡市では、平成23年1月及び平成24年1月、豪雪に
伴う災害救助法の適用を受け、長岡市社会福祉協議会が主
体となって「長岡雪害ボランティアセンター(以下、雪害VC)を
設置し、中越防災安全推進機構をはじめ、様々な関係団体
と協働型で運営しました。
【活動に至るプロセス】
• 平成22年4月にながおか市民防災センターが開設されたこ
とを契機に、関係団体で災害時の対応を協議する「被災時
対応検討会」を設置し、定期的に会議を開催しています。
• 約半年間、議論を重ね、災害が発生した時の対応方針、運
営方針、ボラセン設置の手順、実施体制等を決めたところ
で、平成23年冬期に豪雪に見舞われ、検討会で議論した内
容に基づいて雪害VCを設置・運営しました。
平成23年
平成24年
設置日
平成23年1月31日(月)
平成24年1月30日(月)
設置場所
ながおか市民防災センター
ながおか市民防災センター
活動期間
2月4日(金)~6日(日)
第1次 2月1日(水)~5日(日)
第2次 2月11日(土)~12日(日)
支援対象
除雪作業が困難な世帯
同じ
活動内容
玄関先や住宅周りの除雪
屋根雪の雪下ろし
(危険が伴う場合は対象外)
同じ
除雪件数
47件
第1次 43件、 第2次 43件
ボランティア数 205人
【事例から学ぶポイント】
• 関係機関及びキーパーソンによる平時からの関係づくりが重要で
あり、現在も定期的に、豪雪のみでなく自然災害全般を対象に、民
間主体の災害対応のあり方について同検討会で話し合っています。
• 除雪ボランティアの派遣先となる地域(町内会、自主防災会など)の
受け入れ体制が整備され、地域住民が除雪ボランティアと一緒に
作業することで、効率的かつ安全に除雪作業を行うことができます。
• 長岡市(危機管理防災本部)も検討会の一員であり(主催ではな
い)、市災害対策本部とも連携をとって雪害VCを運営しています。
【関係団体】
社協
長岡市
確保
NPO団体
町内会等
個人ボラ
団体ボラ
中越防災
第1次 240人、 第2次 234人
【雪害VCにおける主な役割】
本部総務、ボランティアの受付、マッチング
場所(市民防災センター)の提供、スコップ等の
ホームページ開設、情報発信
支援ニーズの把握・報告
ボラセン運営のサポート
ボランティアの継続的派遣
除雪ボランティアの安全管理、現場確認
【参考情報】
• 長岡市雪害ボランティアセンター (H23) http://www44.atwiki.jp/bosai/
• 長岡雪害ボランティアセンター (H24) http://backup.vc/snow/
4
○ 「共助・公助による地域除雪の取組事例」(26事例, H24.3)が公表されていますので、参考にしてください。
http://www.mlit.go.jp/common/000208226.pdf
【掲載事例】
大分類
小分類
地域の組織 自治会・集落等が主体となった
取組事例
行政支援のもと自治会・集落等
が取組む事例
公的機関
事例No
活動範囲(対象地域)
取組実施主体
1
宮城県七ヶ宿町湯原地区
湯原地区雪害防止対策本部
要援護者等への除雪支援
2
長野県飯山市桑名川区
桑名川除雪協力隊
要援護者等への除雪支援
3
島根県飯南町谷地区
谷スノーレンジャー
要援護者等への除雪支援
4
北海道美幌町各地
町内の各自治組織
公共施設等の一斉除雪
5
山形県山形市
市内の各自治組織
要援護者等への除雪支援
6
山形県朝日町
町内の各自治組織
・要援護者等への除雪支援
・除雪ボランティアの受入れ
7
新潟県魚沼市
町内の各自治組織
要援護者等への除雪支援
8
新潟県十日町市
町内の各自治組織
営農組合による取組事例
要援護者等への除雪支援
9
島根県浜田市金城町小国地区
営農組合「てごの里おぐに」
学校・PTA等による取組事例
公共施設等の一斉除雪
10
青森県青森市
堤小学校区除雪協力会
・要援護者等への除雪支援
・学校による除雪ボランティアのコーディネート
11
山形県山形市
市内の小中高等学校
雪関連全般を担う地域組織による
取組事例
・シンポジウム
・要援護者等への除雪支援
・学校による除雪ボランティアのコーディネート
・地域間連携
12
山形県尾花沢市
尾花沢市民雪研究会 等
行政主体の取組事例
官民協働の連絡体制の構築
13
北海道室蘭市
北海道室蘭市
情報システムの活用
14
青森県青森市
青森県青森市
要援護者等への除雪支援
15
秋田県大仙市
秋田県大仙市
官民協働の連絡体制の構築
16
山形県最上町
山形県最上町
広域的な除雪ボランティアのコーディネート
17
新潟県内
新潟県
除雪専業人材の確保
18
新潟県十日町市
新潟県十日町市
要援護者等への除雪支援
19
新潟県妙高市
新潟県妙高市
除雪専業人材の確保
20
長野県栄村
長野県栄村
・広域連携
・要援護者等への除雪支援
21
岩手県内各地
岩手県スノーバスターズ連絡会
・広域的な除雪ボランティアのコーディネート
22
長野県
長野県社会福祉協議会
・広域的な除雪ボランティアのコーディネート
・雪処理の担い手育成
23
長野県飯山市
飯山市社会福祉協議会
・広域的な除雪ボランティアのコーディネート
・冬期移住
24
岐阜県高山市
高山市社会福祉協議会
要援護者等への除雪支援
25
北海道石狩市厚田地区
NPO法人あつたライフサポートセンター
雪処理の担い手育成
26
全国の降雪地域
NPO法人中越防災フロンティア
社会福祉協議会による取組事例
民間団体
取組分類
・要援護者等への除雪支援
・公共施設等の一斉除雪
NPO法人による取組事例
5
8 ケーススタディ ~尾花沢市除雪ボランティアセンター~
事例概要、ノウハウ
• 事例概要
–
–
山形県尾花沢市において、新たに常設型の除雪ボランティアセンター(以下「除雪ボラセン」という)を設
置し、地域内外のボランティアによる地域除雪活動を行った事例です。
除雪ボラセンの設立・運営等のノウハウを整理しています。これから除雪ボラセンを検討される場合の
参考としてください。
• ノウハウ
–
①コンセプト決定段階、②準備段階、③活動段階別に、ノウハウを紹介しています。
①コンセプト決定段階
・コンセプトとして何を決めてお
くのか?
・設置主体は誰が相応しいの
か?
・準備はいつから始めればよい
のか?
②準備段階
③活動段階
・人員体制・役割は?
・活動前にしておくべき事は?
・除雪ニーズの把握方法は?
・ボランティアの集合場所・現地
までの移動手段は?
・広域ボランティアの募集方法
は?
・資機材はどの程度必要か?
調達費用をどのように捻出する
のか?
・現地に出向く人数・体制は?
・どのような安全対策が必要か?
・活動後の反省は必要か?
・活動回数がどの程度か?
H24.7月
8月
9月
10月
11月
除雪ボラセンの設立
12月
H25.1月
2月
3月
6
8 ケーススタディ ~尾花沢市除雪ボランティアセンター~(続き)
①コンセプト決定段階のノウハウ
• コンセプトとして何を決めておくのか?
–
新たに除雪ボラセンを設置する場合は、あらかじめ次の事項を決めておく必要があります。
《コンセプトの項目》
【設置期間】 常設とするのか、豪雪時のみの設置とするのか。
【ボランティア】 地域内だけのボランティアか、広域からも募集するのか。
【事業内容】 豪雪時とした時、少雪時は何をするのか。
【対象者】 誰でも除雪サービスを受けられるのか、限定的か。
【有償・無償】 受益者は対価を支払うのか。
• 設置主体は誰が相応しいのか?
–
–
市内で地域除雪活動を牽引してきたリーダー的
市民団体「尾花沢市民雪研究会」が主導し、尾花
沢市社会福祉協議会が受け皿となる形で、除雪
ボラセンが設立されました。
市民団体は関係者間のコーディネーター機能を
発揮したことで、円滑な設立・活動に貢献してい
ます。
• 準備はいつから始めればよいのか?
–
【尾花沢市除雪ボランティアセンターの活動体制図】
豪雪時の除雪ボランティア
活動参加者
参加申込
山
形
県
協力
H24.9末
(1カ月前)
H24.10末
設立準
備会議
開催
除雪ボ
ラセンの
設立
尾花沢市
除雪ボランテ ィアセンター
(事務局:尾花沢市社会福祉協議会)
確認依頼
状況報告
区
長
民生委員
協力依頼
技術指導協力等による連携
尾
花
沢
市
協力
協力依頼
コンセプ
ト決定、
事前協議
受付・連絡
・ボランティア受付窓口・日程調整等
尾花沢市の除雪ボラセンはH24年10月末に設
立されましたが、コンセプト決定・関係機関への
事前協議は2~3カ月前から行われていました。
H24.7~8
(2~3カ月前)
→豪雪時(尾花沢市のケース:以下同じ)
→広域からも募集
→実施しない
→要援護世帯に限定
→無償
そ
の
他
の
協
力
団
体
等
尾
花
沢
市
民
雪
研
究
会
実
行
委
員
会
宮
沢
地
区
安
全
な
雪
下
ろ
し
要
請
尾
花
沢
市
建
設
業
協
会
受入
確
認
要援護者
世帯
ボランティア
参加者と
共同での
除雪作業
7
8 ケーススタディ ~尾花沢市除雪ボランティアセンター~(続き)
②準備段階のノウハウ
• 人員体制・役割は?
–
社会福祉協議会職員が4名担当し、このうち1名が主な担当となっています。いずれの方も社会福祉
協議会の業務を兼務しています。
除雪ボラセンの役割は以下となります。現場作業は技術指導者との連携で行っています。
–
《除雪ボラセンの役割》
○除雪ニーズ把握
○除雪ボランティアの募集・連絡調整
○除雪指導員との連絡調整
○資機材の提供
等
• 除雪ニーズの把握方法は?
–
除雪サービスの対象者である要援護世帯からの除雪ニーズを把握するために、社会福祉協議会の
日常的なネットワークである民生委員や区長との協力体制の整備を図りました。
• 広域ボランティアの募集方法は?
–
社会福祉協議会のHPでの告知、山形県の除雪ボランティア登録制度「やまがた除雪志隊」の登録者
への周知を行いました。
• 資機材はどの程度必要か?調達費用をどのように捻出するのか?
–
国のモデル事業や尾花沢市の補助金を活用して以下の資機材を購入しました(※基本的には除雪
ボランティア活動に除雪機械を使用しない)。
《保有する資機材》
○ヘルメット20個
○アルミスコップ20丁
○スノーダンプ15台
○鉄製スコップ15丁
○屋根用スノーダンプ3台
○カラーコーン10本
○鉄製パンチャー10丁
○旗20本
• 活動回数はどの程度か?
–
平成24年度、7回の除雪ボランティア活動(77軒の除雪家屋数)に対して総数644人の参加者があ
りました。
8
8 ケーススタディ ~尾花沢市除雪ボランティアセンター~(続き)
【現地調査チェックシート】
③活動段階のノウハウ
• 活動前にしておくべき事は?
–
事前に現地調査が必要です。
《活動の事前準備事項》
【現地調査】 建物概観の写真、除雪・排雪場所、危険箇所、駐車場、必要人数見込み 等
• ボランティアの集合場所・現地までの移動手段は?
–
–
•
集合場所は除雪ボラセン、最寄りの公共・公益施設等とし、現地に直接集合
することはしていません。
集合場所から現地まで徒歩移動できない場合は車でボランティア等を送迎し
ます。市保有のバスを活用しています。
現場に出向く人数・体制は?
–
–
【活動前の説明に用いる資料】
概ね7~10名前後で1班を編成し、約2時間の活動で1戸程度除雪します。
1班には、ボランティアに除雪方法等を教える除雪指導員が必ず1名以上は
同行します。
• どのような安全対策が必要か?
–
事前説明や保険加入等を行っています。
《安全対策》
雪かき体操の様子
【活動前の説明】 安全に作業する上での注意点の説明
【活動前の準備体操】 雪かき体操の実施
【保険の加入】 ボランティア保険に全員加入
【緊急連絡先】 事故・急病時の緊急連絡体制を確保
【休憩指示】 除雪指導員による休憩・水分補給指示
• 活動後の反省は必要か?
–
「資機材の運搬方法の見直し」、「早期の活動スケジュールの決定」等の改善点が明らかとなりました。
9
雪国は毎日が防災訓練
「地域除雪活動」を住みよい地域づくりのきっかけに
地域の除雪に関しては、自助・共助・公助のバランスが重要になります。しかし
近年は、高齢化により自助力が縮小し、過疎化により共助力も縮小する傾向に
自助
あります。また、厳しい財政状況により、公助力にも限界があります。
家族やその近
地域除雪活動は、地域コミュニティにおける住民どうしの助け合いの力を引き
親者で雪かき
出すとともに、今までの自助(個人)・共助(地域)・公助(行政)の関係をもう一度
見直し、冬期の生活を維持できる新しい関係を構築していく取組といえます。
共助
公助
住民どうしが
また、地域除雪活動のプロセスを通じて、住民が地域の現状を知り、地域の将
行政の制度
協力して
来について考えることになります。住民どうしのつながりが強くなり、雪害だけで
を活かして
雪かき
雪かき
なく他の自然災害に対しても強い地域となるでしょう。さらに、冬だけでなく、また (ボランティア含む)
災害時だけでなく、年間を通して、安全安心で暮らしやすい地域コミュニティづく
りへとつながっていきます。
地域除雪活動☆実践ガイドブック(町内会・自主防災会向け/行政職員向け)が、雪国で共通する今日的課
題の解決の一助となれば幸いです。
除雪問題待ったなし! 力をあわせて解決!
地域除雪活動☆実践ガイドブック
国土交通省国土政策局地方振興課
〒100-8918東京都千代田区霞が関2-1-2 電話 03-5253-8404 ファクス03-5253-1588
○雪害対策のページ
http://www.bousai.go.jp/setsugai/
○豪雪地帯対策のページ http://www.mlit.go.jp/kokudoseisaku/chisei/crd_chisei_tk_000010.html
○共助・公助による地域除雪の取組事例集 http://www.mlit.go.jp/common/000208226.pdf
10
ダウンロード

地域除雪活動 実践ガイドブック 【行政職員向け】