ポンプの運転管理 ①
1.運転温度の管理
・吸込み温度は、キャビテェーションの起こらない
温度で管理する。
・締切り、または最小流量未満の運転では機内温度
が急激に上昇するため、最小流量を確保する処置
を実施する。
・スタフィング・ボックス、軸受け箱、台座・ジャ
ケット等の冷却ジャケットを有するポンプは、運
転中の温度上昇防止のため冷却水温度管理が大切
である。
ポンプの運転管理 ②
2.運転圧力の管理
ポンプ等は吸入側と吐出側で設計圧力が異なるた
め、高圧側の圧力が低圧側にかからない配慮をする。
高圧系よりの逆流等で設計圧力以上になる個所は、
安全弁の設置等の配慮をする。
①ポンプの暖機時は、吸込み弁開放後に暖機弁を
開放する。
ダウンロード

ポンプの運転管理 ①