コンピュータ管理と
セキュリティ
成蹊大学工学部物理情報工学科
中野武雄
内容

セキュリティ




コンピュータにおけるセキュリティとは
コンピュータウィルス
ネットワーク通信の安全性
コンピュータ管理


バックアップ
その他のコンピュータ管理
セキュリティ
コンピュータのセキュリティとは

濫用から守る
自分のコンピュータを、(自分の意志に反して)
他人に利用されてしまわないようにする。
→意図しないプログラム実行を防ぐ

データを守る
PCに置いてあるデータや通信中のデータを盗
用・盗聴されないようにする。
物理的なセキュリテイ

パスワード



使いっぱなしのまま席を外さない。



他人に自分のパスワードを教えない
良いパスワードをつける(→参考情報)
長時間席を外すときはログアウトする
スクリーンセーバでパスワードロックをかける
部屋に鍵をかける(!)
ネットワークセキュリティ


ネットワーク通信は、接続
を待ち受ける「サーバ」と、
そこに接続する「クライア
ント」とからなる。
サーバでは常にプログラ
ムが動作している



不必要なサービスを起動し
ない
接続を許すクライアントを
限定する
発見されたバグやセキュリ
ティホールを修正する
リクエスト
サーバ
レスポンス
クライアント
クライアントのセキュリティ

濫用防止



メールウィルス
WWW
盗聴防止



メール通信
WWW通信
暗号通信、認証
コンピュータウィルス
侵入経路と対策

侵入経路

メールの添付ファイル←90%以上(IPA調べ)



WWW


ウィルスプログラム(OSレベルで実行)
マクロウィルス(アプリケーションが実行)→"関連づけ"
主にブラウザのバグが原因
対策



プログラムを選ぶ・プログラムを正しく設定する
メーカーの修正プログラムを適用する
アンチウィルスソフトを導入する
アンチウィルスソフト

ネットワークに接続するなら必須




シマンテック(http://www.symantec.co.jp)
トレンドマイクロ
(http://www.trendmicro.co.jp)
日本ネットワークアソシエイツ
(http://www.nai.com/japan/)
パターンファイルを最新に保つことが重要
Outlook, Outlook Express

メールウィルスの標的になることが多い
Melissa, Nimda, Navidad, Klez, Frethemなどの大流行し
たウィルスが、Outlook の機能を利用して増殖している
http://www.ipa.go.jp/security/topics/mail_aware.html

Outlook Expressの「プレビュー機能」をOFFにする
http://www.mita.keio.ac.jp/itc/manual/outlook-preview.html

できれば別のメールソフトにする
「窓の杜」Windows用メールソフト
http://www.forest.impress.co.jp/mail.html
Internet Explorer


JavaScript や ActiveX コントロールによる多機
能な Web ページが閲覧可能→実は「プログラム
を手元で実行されてしまう」ことに他ならない。
「インターネットオプション」の「セキュリティ」で適
切に設定することが重要
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/
123ie_security/123ie_security_01.html

最新版に更新することも大切
http://windowsupdate.microsoft.com
通信の安全性
ネットワーク通信の安全性


インターネットを流れ
る情報は、様々なコン
ピュータを経由する
通信情報の秘匿性を
守るには、


通信先の特定
通信データの暗号化
が必要
メール通信

電子メール通信には秘匿性は無い

送信経路が信頼できない限り、重要な情報を
メールで送ってはならない。
×クレジットカード番号
×パスワード

暗号化メールも技術的には既に可能になって
いるが、まだ普及しているとは言いがたい。
WWWの暗号化通信と認証



安全な通信には、通信
データの暗号化と、通信
相手の特定(認証)とが必
要
https://… ではじまる
URLが、暗号化・認証を
サポートしている
自分自身を認証すること
はできない→WWWブラ
ウザからはじまる認証の
連鎖を利用する
コンピュータ管理
コンピュータ管理とは

障害対策



データのバックアップ
復旧期間を短くするための工夫
その他



多数台への一括インストール
ネットワークシステム設計・管理
サーバ管理、ユーザ管理などなど
バックアップ

履歴バックアップを取りましょう。



昨日まで苦労して作ったデータファイルを、誤操作で
壊してしまうかもしれない。
Historicalなスナップショットを復元できるように
データの重要度に応じて、





PCに別のHDDを付けてそこにバックアップ
リムーバブルメディアにバックアップ
メディアをPCとは別の場所に保管
ネットワーク越しに別のPCにバックアップ
…
Windows用バックアップツール

Windows附属のバックアップツール
解説としては例えば:
http://www.educ.hitachi-sk.co.jp
/win2kadmin/0110/index.htm

MediaKeeper(商用製品)
http://www.valley.ne.jp/~com/mek/index.htm
PCクローンツール

利用形態



障害時の緊急復旧
一括インストール
ツール


Norton Ghost (商用製品)
http://www.symantec.com/region/jp/products/ghost/
g4u(フリーソフト: ただしftpサーバの管理スキルが必要)
http://www.feyrer.de/g4u/
まとめ
心がけ

ネットワークセキュリティ




セキュリティ関係の最新情報を定期的にチェックする。
→後述、参考情報のWWWサイトなど
ネットワークの「他者」を根拠無く信用しない
Outlook Express はできれば使わない
障害対策


壊れたときに受けるダメージを普段から想定してみて、
それに見合う対策を施す
バックアップを取る!
「ポリシー」に沿った運用

必要条件は?




誰が使うPCなのか?
許されるダウンタイムは?
データの重要度は?秘匿性は?
具体的な運用法を考える




セキュリティポリシー
バックアップポリシー
ネットワークポリシー
Etc.
参考情報・リンク

情報処理振興事業協会セキュリティセンター
(http://www.ipa.go.jp/security/)





特に「エンドユーザ・ホームユーザ向けのページ」がおすすめ
(http://www.ipa.go.jp/security/awareness/end-users/endusers.html)
Microsoft TechNet セキュリティセンタ
(http://www.microsoft.com/japan/technet/security/)
セキュリティホールmemo
(http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/memo/)
ネットワーク接続されたコンピュータのセキュリティ
(http://www.mnc.waseda.ac.jp/security/)
はじめよう! 自分にできるセキュリティ対策
(http://www.forest.impress.co.jp/article/security.html)
ダウンロード

コンピュータ管理と セキュリティ