「コンピュータと情報システム」
10章
システムの運用と管理
大阪経済大学
N.Kusanagi
Copyright © 2007 N.Kusanagi, Osaka University of Economics
10
01
システムの運用管理
システム運用ルール
各部門の業務
EUC
の役割
構成管理
性能管理
支援
システムの
運用管理
協力
システム
管理部門
の役割
基幹業務
障害管理
ファイル管理
セキュリティ管理
高度な専門性
権利の保護と管理
■システムを円滑に運用
■業務を効率的に遂行
10
02
システムの評価指標
R
Reliability
信頼性
MTBF:平均故障間隔
A
Availability
可用性
稼働率
S
Serviceability
保守性
MTTR:平均修復時間
I
Integrity
保全性(完全性)
S
Security
機密性(安全性)
10
03
システム障害と対策
潜在的な
障害要因
障害要因の
顕在化
障害の発生
障害の
障害の
障害の
予防
検知
修復
障害の
深刻化
10
04
システムの構成方式と信頼性
処理効率
タンデム
デュプレックス
シンプレックス
デュアル
信頼性
10
05
RAID
RAID 1
RAID 5
1
1
1
2
P(1,2)
2
2
3
P(3,4)
4
3
3
P(5,6)
5
6
■ミラーリング(ディスク装置のみ二重化)
■デュプレキシング(制御装置も二重化)
■P(x,y)はデータxとデータy
から作られた訂正用パリティ
10
06
セキュリティ管理
物理的脅威
運用規則
自然災害,事故,
盗難,故障 など
建物・設備
セキュリティ
ポリシー
情報の脅威
盗聴,漏洩,改ざん,
破壊,消失 など
ハードウェア
ソフトウェア
ネットワーク
■システムの安全性を維持
10
07
ファイルのバックアップ
バックアップ間隔の設定
データの消失
処理時間帯の設定
データの破壊
ファイルの
バックアップ
バックアップ方式の選択
バックアップ媒体の選択
データの改ざん
バックアップファイルの
管理方法
■データ破損の被害を
最小限に押さえる
10
08
権利の保護と管理
知的財産権
産業財産権
■特許権
■実用新案権
■意匠権
■商標権 など
著作権
■著作人格権
■著作財産権
■著作隣接権 など
関連法規
コンピュータ犯罪を
取り締まる法律
ネットワーク犯罪を
取り締まる法律
不正アクセス禁止法
個人情報保護法
10
09
情報リテラシの必要性
ネットワーク
リテラシ
コンピュータ
リテラシ
■情報格差の是正
■安心・快適な利用
情報基礎
リテラシ
ダウンロード

10章解説用スライド