7.WTOと世界通商システム
7.1.GATT
7.2.WTOの仕組み
7.3.WTOの諸協定
7.4.WTO体制の現実
1
7.1.GATT体制
・パクス・アメリカーナ:自由・無差別・(互恵)・多角
1947年ITO(国際貿易機構)憲章の通商政策を暫定協定化
一般的特恵国待遇,関税譲許表は無条件実施
関税以外の貿易制限の撤廃は,各国の国内法に
抵触しない範囲で実施すればよい(国内法優先権)
2
ガット原則と例外措置
• 関税主義.互恵主義:それを無条件最恵国待遇に
よって全締約国に均霑する.
• 多くの例外規定:最恵国待遇の例外,関税同盟,自
由貿易地域を容認
• 内国民待遇:輸入品にたいして国産品より不利な待
遇を行ってはならない.しかし ...国産品に対する
補助,政府調達における国産品優先 ,食糧や一次
産品の輸入制限 ,ウエーバー(自由化義務免除,
アメリカの農業保護,繊維など)
3
発展途上国の挑戦とガット
• ガット原則は比較生産費原理を理論的支柱
各国の平等と自由貿易を前提
• 途上国の貿易シェア低下 →1961国連「途上
国の輸出拡大に関する宣言」
4
GATT3大ラウンド
• ①ケネディ・ラウンド 1962-67
• 例外リストを除いて現行関税率の一括50%
引き下げを提案
• EECは現行関税率の格差是正を要求して対
抗
• 67年41ヶ国○万品目,平均35%の関税引
き下げに合意
5
②東京ラウンド
• 東京1973-79(日本の先進国化)
• 非関税措置にシフト
• ダンピング防止協定,補助金・相殺関税に関
する協定,関税評価に関する協定,政府調達
に関する協定.輸入許可手続きに関する協
定
6
③ウルグアイ・ラウンド
• ウルグアイ1986-94:(域内貿易の発展,アジ
アのキャッチアップ)アメリカの巻き返し戦略
• 最も強い競争力をもつサービス分野づくりの
ルールづくり
• 知的所有権制度TRIPs:Trade-related
Aspects of Intellectual Property Rights
• 農業:農産物貿易の自由化
• 貿易関連投資ルール:ローカルコンテンツや
輸出義務を除外
7
WTOの誕生
• 1995年 ジュネーブに本部事務局
• WTO協定は各国の国内法に優越する
• ネガティブ・コンセンサス方式(全員が反対し
ない限りは可決)
• 投票で選ばれない通商代表が立法権,司法
権をもつ
• 「江戸の敵を長崎で討つ」異部門間報復方式
を容認
8
WTOの諸協定①物品の貿易a
• 関税
• 農業貿易:例外なき関税化,ミニマムアクセス
農業の多面的機能
• セーフガード措置:輸入急増対策,2001年ねぎ・生し
いたけ・畳表
• ダンピングと反ダンピング措置
def:商品価値・生産価格・費用価格などよりも低い
値段で投売りをする
・ 補助金と相殺措置
9
WTOの諸協定①物品の貿易b
・ 貿易関連投資措置(Trade-Related
Investment Measures)
・ 貿易の技術的障害=基準・認証
• 原産地規制
• その他:①関税評価の国際的統一,②輸入許
可手続き,③衛生・植物検疫措置,④船積み前
検査制度,⑤労働条件,⑥環境
10
WTOの諸規定②サービス貿易
• GATS: General Agreements on Trade in
Services
• サービス自由化約束
研究開発 NIH:National Institute of Health
郵便 郵便,貯金,保険
配達 国際航空物流:Fedex,
放送
11
WTOの諸規定③知的財産権
• 特許,著作権,商標,意匠
• Trade-Related Aspects of Intellectual
Property Rights
• 知財権は発明者に帰属する?/利用権は人
類のもの? 感染症医薬品,伝承療法,著作
権保護期間の延長(図書館,映画会社)
12
ダウンロード

7.WTOと世界通商システム