ハワイ火山見学旅行
2007.2.22~3.1
武蔵工業大学工学部教育研究センター
引率者:萩谷 宏(地質学)
倉田薫子(生物学)
矢ヶ部重隆(化学)
ハワイ火山見学
• 目的:ハワイ諸島ハワイ島の火山のし
くみを現地で学ぶ。貿易風と4000mの高
山がつくる砂漠気候から熱帯雨林にい
たる様々な自然環境の変化を観察し、
海洋島の生態系を学ぶ。
(工学部の2007教養科目「海外体験実習(1)」
に対応する。)
• 引率:萩谷 宏(教育研究センター・地学)
•
倉田薫子(同上・生物学・講師)
矢ヶ部重隆(同上・化学・非常勤講師)
• 添乗:寺阪 俊樹(トップツアー㈱)
• 対象:本学学生・大学院生
• 募集:10名
• 費用:約14万円見込み。
• (航空券、宿泊費、レンタカー代込み。燃油
税、食費と保険料は含まず。)
• 2004年12月に11名で実施し、今回が第2回です。
• 1983.1.3以来、約24年間、毎日熔岩を噴出してい
るキラウエア火山をはじめとして、ハワイ島は5
つの火山があり、火山の学習には最適の場所です。
• ハワイ島ヒロには津波博物館があり、建築物には
津波対策が義務づけられています。
• 大陸から遠く離れた海洋島独特の生物相をもち、
北東貿易風のために島の東側では降水量が多く、
西側では乾燥し、その条件に適応した生態系が形
成されています。
• 現地では日系移民の歴史も学びます。
• 日程
2/22(木)19:00成田空港集合 21:00成田発
機内泊(日本とは-19時間)
2/22(木)6:30コナ空港着、移動。シラカワM泊
2/23(金)キラウエア火山見学。シラカワM泊
2/24(土)キラウエア火山見学 ヒロ泊
2/25(日)ヒロ市内見学、津波博物館他 ヒロ泊
2/26(月)ワイピオ渓谷、コハラ経由、コナ泊
2/27(火)国武農園orコナ周辺火山見学 コナ泊
2/28(水)ホノルル経由 帰国 日付変更線通過
3/1 (木)16:00 成田空港着
スライドショーをどうぞ
地質学者が推薦する、地球人なら
死ぬまでに見ておきたい風景
• アフリカ大地溝帯
• 南極/グリーンランドの巨大氷床
• キラウエア火山の流れる熔岩
「燃やすべき炎」は、そこにある
ハワイ火山見学
ダウンロード

ハワイ火山見学の要項