Astro-E2
Hard X-ray Detector (HXD-II)
東京大学、宇宙航空研究開発機構、理化学研究所
広島大学、埼玉大学、金沢大学、青山学院大学、
大阪大学、スタンフォード線型加速器センター
HXD---性能諸元
• 視野
– 4.5x4.5deg (>100 keV)
– 34’x34’ (<100 keV)
• 帯域 10 - 600 keV
–
–
PIN 10 - 60 keV
GSO 30 - 600 keV
• 分光性能
Gd K-edge
– (PIN) 3.0 keV
– 7.6 √E/MeV (GSO) %
Effective area (EGS4)
• 時間分解能 61 ms (normal)
PIN-Si diode : 10-60 keV+GSO scintillator : 30-600 keV
XRS/XISとの連続した帯域
PINとシンチレータ(GSO)の帯域はオーバーラップする
HXDの構造
Keys :
 井戸型 phoswich (GSO/BGO)
Active shield+ 狭視野
 Hybrid devices (Si+GSO)
広帯域
複眼配置
大面積、反同時計数
超低雑音, 史上最高の検出感度の硬X線検出器
Well-type phoswich counter
X線
波形弁別 (PSD)により
GSO(減衰時間60ns)eventと BGO(500ns)eventを区別
新規開発の 2mm 厚 PIN-Si ダイオードとハイブリッド化
PH(Long t CSA out)
光子イベントの選別基準
(GRADE)
16 “WELL” + 20 “ANTI”の「複眼」
↓
“HIT PATTERN”
↓
荷電粒子 と コンプトン事象の除去
(機上ソフトでも地上でも可能)
GSO event
PH(Short t CSA out)
その他
•trigger,
•Flag (double pulse….)
GRADE…
データの質をしめす指標を地上データ処理プロセスで光子ごとに付加する
軌道上での感度予測
• 3s 検出感度:軌道上での宇宙線バックグランドを想定
Continuum Components
10-4
HEAO
A-4
5
SIGMA
Flux (cts s -1 keV-1 cm -2)
Ginga
Line Components
GSO: 350cm 2
PIN: 160cm 2
E/E = 0.5
10-5
HEXTE 40ks
PDS 40ks
5
40ks
100ks
10-6
OSSE
HXD PIN
5
HXD Phoswich
5
10
50
100
Energy (keV)
500
1000
notes
• 軌道上バックグランドは、モデルを用いる
–
–
–
–
地上較正実験
地上放射化実験
軌道宇宙線モデル
軌道上シールドカウンタのモニターデータ
–
数値シミュレータ を用いたモデルと軌道較正とをあわせこむ
公式バックグランド(ジェネレータ)をリリースする予定
• シールドカウンタ
– Transient天体、GRBのモニターとしての利用HXD teamが試みる
• Time mode
– Normal (61ms)を公式サポート
– 機能としてFine (32.5ms), Super Fine (15.7ms)は、
データレートによって使用可能(AO1ではサポートしない)
HXD-II delivery
• 2004/06/30 衛星システムへ引き渡し
ダウンロード

ppt