日本語を考える
Introduction to Japanese Linguistics
授業の概要; 日本語を考
えるとはどういうことか
(2008年10月7日)
授業の概要


「音声、語彙、文法、歴史など、様々な側面から
日本語という言語の特徴について考察する」
教材・教科書:
–
授業で使用するスライド
<http://charon.isc.ibaraki.ac.jp/>
–
教科書: 庵功雄 『新しい日本語学入門』

成績の評価方法
–
期末テスト 40%

–
小テスト 30%

–
試験の 一ヶ月程度前に詳細を告知する
不定期 (1 週間前に告知)
宿題 30%

不定期 (1 週間前に告知)
日本語を考えるとは、どういうことか
 日本語とは何か?
 言語とは?
 言語学とは?
習得対象としての言語


なぜことばを覚える必要があるのか?
第一言語習得 (L1 acquisition), 第二言語習得 (L2
acquisition)
–
–
–
–
–

コミュニケーションのため
思考をまとめ、発展させるため
異文化理解のため
ビジネスのため
楽しみのため
…
習得対象としての言語 = 道具としての言語
研究対象としての言語 (1)

言語そのものの特徴
- 言語音の産出
(音声学・音韻論)
- 語の構成
(形態論)
- 文の構成
(統語論)
- 談話や文章 (テクスト) の構成
(語用論, 文体論, 談話研究)
研究対象としての言語 (1)
- 意味の記述・意味の計算
(意味論)
- 通時的変化
(歴史言語学)


一般言語学 vs. 個別言語学
対照言語学・類型論
研究対象としての言語 (1)



なぜ言語の特徴を研究するのか?
実用的な理由:
言語 (外国語) 教育,
機械翻訳,
情報機器のインターフェース開発, …
言語の仕組み (普遍的性質) を理解することは、人間
の認知システムの仕組みを理解することにつながる
一般言語学の主要な概念

形式と内容 (form and content)
–
表現 (sign, expression) には形式 (指すもの, signifiant) と内容 (指さ
れるもの, siginifié) がある。
形式: 聴覚的特徴 (など)
内容:意味 (指示対象?, 概念?)
「イチロー」の意味は?
「犬」? 「赤い」? 「すべての」? 「せっかく」?
「イチローがヒットを打った」?
「イチローはヒットを打った」?
一般言語学の主要な概念

恣意性・社会性
–
–
–
–

犬を「イヌ」と呼ぶことに理由はない。 (恣意性)
かといって犬を「ネコ」と呼ぶことはできない。 (社会性)
ミズとユ、イヌとタヌキを (言葉の上で) 区別することに必然性はない。
(恣意性)
かといって、「熱イミズ」といったらおかしい。 (社会性)
有契性
–
–
オノマトペ (擬音語・擬態語)
「ワンワン」, “bow-wow”
共感覚的音象徴
“chip” vs. “chop”, 「ながーい話」, 「何度も何度も何度も繰り返す」
一般言語学の主要な概念

共時言語学と通時言語学
–
–
–

共時言語学: ある特定の時代の特定の言語の研究
通時言語学: 言語、または言語のグループの歴史的研究
19世紀後半には、通時言語学 (の一種である比較言語学) が主流だった
ラングとパロール
–
–
ラング (langue): 抽象的な知識としての言語
パロール (parole): ラングが具体的に発現したもの
音声学と音韻論の違いは、パロールとラングの違いにほぼ対応する。
「三」:
/saɴ/
[saɴ]
「三男」:
/saɴnaɴ/
[sannaɴ]
「三枚」:
/saɴmai/
[sammai]
「三回」:
/saɴkai/
[saŋkai]
一般言語学の主要な概念

二重分節 (double articulation)
–
–
形式は、より細かい単位に分けることができる
文 (sentence)、句 (phrase)、語 (word) …
私はきのうコメディ映画を見た。
[wataʃiwa] [kino:] [komedi:e:gao] [mita]
[wataʃi] [wa] [kino:] [komedi:] [e:ga] [o] [mi] [ta]
意味を持つ最小単位を形態素 (morpheme) という
意味を持つ単位を総称して表現 (expression) といういう
きれいな赤い屋根の家
[[きれいな赤い屋根の] 家]
[きれいな [赤い屋根の] 家]
一般言語学の主要な概念

二重分節 (続き)
–
形態素 (意味を持つ最小単位) は、さらに細かい単位に分けることができる。
–
音節 (syllable)、モーラ (mora)、音 (phone)
kino:
ki | no:
ki | no | :
ただし、厳密には「内容に基づく分節」と、「形式に基づく分節」は、
連続ではなく、平行の関係にある。
– 音節より大きい形式の単位がある
イントネーション句、アクセント句、音節、モーラ、音
–
{わたしは} {きのう} {コメディ映画を} {見た}

言語 (文法) の生得性
–
–
“nature or nurture”; 生得的なものか、学習 (模倣)
によって習得されたものか
現代言語学における、重要な争点
研究対象としての言語 (2)

言語と、社会・文化との関わり
–
–
–
社会言語学
地理言語学/方言学
言語人類学
研究対象としての言語 (2)

なぜ、言語と、社会・文化との関わりを研究する
のか?
言語政策 (公用語制定など)
危機言語 (危機文化) の保護、教育、記録
異文化コミュニケーション
etc.
研究対象としての言語 (3)

言語と、その他の認知活動との関わり
–
–
–
–
心理言語学
神経言語学
言語習得研究
応用言語学
研究対象としての言語 (3)

なぜ、言語とその他の認知活動との関わりを研
究するのか?
言語障害の治療,
効果的な言語 (外国語) 教育,
効果的な言語使用の技術 (広告、交渉、説得)
etc.
研究対象としての言語 (まとめ)

他にも …
言語哲学 (意味論と関連)
– 数理言語学 (統語論・意味論と関連)
– 計算言語学
…
–
研究対象としての言語 (まとめ)



個別言語の特徴、言語一般の特徴
言語と、社会・文化との関わり
言語と、その他の認知活動との関わり
→ 特定の言語 (日本語やその方言) は、様々な方
向から研究することができる。
ダウンロード

ppt