自動車のリスク
2002.9.15
リスク
• リスク=被害の生起確率×被害の重大性
• 人はいつでも危険を犯している
• フール・プルーフ、フェイル・セーフ
• どれだけ安全なら十分に安全か
• リスク便益分析
リスクのコスト
• リスクの管理を不十分にした弊害は、すぐ
には顕在化しない
• リスクのコストを節約したプラスは、すぐに
明らかになる
• フェイル・セーフは、少しぐらい手を抜いて
も安全だといっている
高速道路
• 速く移動する
• 安全
• 経済的利益
• 事故の死者
ドライバーの心理
• 権力をもつことによって、性格が変わる
• (ジンバード:スタンフォード大学拘置所実
験)
• カーブを緩やかにすると、自動車はスピー
ドを出す
• 雪の冬と夏とでは、夏のほうが事故が多い
リスク・ホメオスタシス説
• 人間はある一定の量のリスクを受け入れ
る
• そのため、安全な自動車ができると、より
スピードを出したり、ブレーキをかけるのが
遅くなる
• 作り手が、ユーザをコントロールできない
ジェラルド・ワイルド
• 個人は様々な活動における“リスクの目標
水準”を持っていて、そのリスク水準を達成
あるいは維持するように行動を調整する
•
↓
↓
• リスクの目標値を下げないような安全対策
では事故を減らすことができない
モラルハザード
• 保険業界の用語
• 車の損害に全責任を負う場合には、車両保険を
かける場合よりもドライブに慎重になる(だから、
3万円は免責という条項がついている)
• 健康保険の医療負担がなければ、通院、処方薬
を多く利用する
• 保険加入の事実が、保険会社の費用負担を増
す方向へ行動を変える
モラルハザード2
• 事後的な情報格差を機会主義的に利用し
ている
• 責任ある行動をとっているということを、事
後的に識別することが難しい
• 妊娠した人だけが受け取る保険があれば、
その可能性のある人だけが、その保険に
入る、それによって、保険が破綻する(逆
選択)
損害賠償
• 損害は誰かが賠償しなければならない
• 無過失責任:工場法15条、自動車事故の
救済
• しかし、お金を持っていないと取れない
• 保険にしてしまう
• 責任が曖昧になる
リスク・コミュニケーション
• 個人、機関、集団間での情報や意見のや
りとりの相互作用的過程
• 1.リスクの性質についての様々なメッセー
ジ(リスク専門家)
• 2.リスク・メッセージ、またリスク管理のた
めの法律や制度の整備に対する、関心、
意見、反応を表現するメッセージ(一般人)
禮夫人
• 中華惣菜のマダムリーは、女社長が味見
をして「おいしかった」ので、品質期限切れ
のものを売っていた
• 問題発覚日は、デパ地下で張り紙があり、
次の日には、別のお店が入っていた
• 雪印は、チーズを良く知っていたので、品
質保持期限を書き直した
製造物責任法
• 無過失責任(欠陥があるだけで責任を負
う)
• 製造業者に賠償責任(人工物の安全の責
任を社会から委託されている)
• エンジニアではない(業者に責任をもたせ
る)
ダウンロード

自動車のリスク