たつ
りゅう
辰(竜)にまつわる民話
生きている竜(宮城県)
むかしむかし、ある山里に、安ざえ門(やす
ざえもん)と十べえ(じゅうべえ)という、二人の
兄弟が住んでいました。兄弟は山奥に入り
込んで、ウルシの木からウルシをとる仕事を
していました。
ある日、兄の安ざえ門は一人でウルシをと
りに行き、新しいウルシの木を探し
1
生きている竜(宮城県)
ているうちに、まだ来たことのない谷川のほ
とりに出ました。谷川には流れのゆるやかな
深いふちがあり、暗い緑色の水がよどんで
います。
「ほう、こんな深いふちは、見たこともない」
安ざえ門は、ふちにのぞき込んで、うっかり
手に持っていたカマをふちに落としてしまっ
たのです。カマはうるしとりに使う、大事な仕
事道具です。
「ああ、どうしよう?」
2
生きている竜(宮城県)
安ざえ門はしばらく考えていましたが、思
い切ってふちにもぐってみることにしました。
底が見えないふちにもぐるのはこわいので
すが、落ちたカマを取りもどす方法はそれし
かありません。もぐってみると、ふちは頭が
ジンジンとしびれるほど冷たい水です。
(カマはどこだ?カマはどこだ?・・・おや?)
底の方へもぐった安ざえ門は、水とは違う
ぬるりとした感触に気づきました。
(これは、もしかしてウルシか?)
3
生きている竜(宮城県)
水面に出て手を見てみると、手には黒いつ
やのある上等のウルシがついています。
「こいつはおどろいた!このふちには、ウル
シがたまっているぞ」
これは近くの山にたくさん生えているウル
シの木が雨に洗われて、木のはだから流れ
出たウルシが谷川にこぼれ落ち、長い年月
の間にこのふちの底にたまったものでした。
安ざえ門はカマの事など忘れて、大喜びで
す。
4
生きている竜(宮城県)
「こんなにたくさんの上等のウルシがあるな
んて、夢のようだ」
その日から、安ざえ門はウルシの木を探し
回るのをやめて、この谷川のふちにもぐって
は、底にたまっているウルシをとるのでした。
ふちのウルシは質が良いので、商人たちは
高い値段で買ってくれました。おかげで安ざ
え門は、どんどん金持ちになりました。
「あの人は、どこであんな上等なウルシを
とって来るのだろう?」
5
生きている竜(宮城県)
村人たちは不思議に思いましたが、安ざえ
門はうるしのとれる谷川のふちの事は誰に
も話しませんでした。
「兄さん、うるしはどこにあるのか、教えてく
れよ」と、弟の十べえが聞いても、
「ああ、そのうちにな。そのうちに、連れて
行ってやる」
と、言うだけで、ぜんぜん連れて行ってくれ
ません。
「これにはきっと、なにかわけがありそうだ
ぞ」
6
生きている竜(宮城県)
ある日、十べえは、兄の後をこっそりつけ
て行きました。そして兄が谷川のふちから、
ウルシをとるのを見つけたのです。
「そうか、あのウルシは、ここにあったのか。
これでおらも、金持ちになれるぞ」
十べえもその日から、兄と同じように谷川
のふちのウルシをとるようになりました。
ふちのウルシを一人じめにしたかった
7
生きている竜(宮城県)
兄の安ざえ門は、弟の十べえがとり出した
のでおもしろくありません。それで何とかして、
弟がとらなくなる方法がないものかと考えま
した。
「そうだ、弟は恐がりだから、ふちに怖い物を
置けばいい」
そこで安ざえ門は町の彫り物名人にお金
をたくさんはらって、大きな木の竜をつくって
もらうことにしました。しかも出来るだけ怖い
感じにしてくれるように、何度も念を押してた
のみました。
8
生きている竜(宮城県)
しばらくして出来上がった竜は、とても木で
つくったとは思えないほど恐ろしい物でした。
(これなら弟も怖がって、ふちに近づかなくな
るだろう)
安ざえ門はその竜をこっそり山へ運ぶと、
大きな石をくくりつけてふちにしずめました。
ふちに沈んだ木彫りの竜は水の動きにゆれ
て、まるで生きているように見えます。まっ赤
な大きな口を開けて、キバをむき出して体を
くねらせるのです。
9
生きている竜(宮城県)
「やれやれ、これでひと安心だ。だれでもこ
の竜を見りゃ、おどろいて逃げ出すに決まっ
てる。そうなればウルシはまた、おら一人の
物だ」
安ざえ門は満足して、山をおりました。
次の日、そんな事とは知らない弟の十べえ
は、いつものように谷川のふちに飛び込ん
でびっくり。水底に恐ろしい竜が体をくねらせ
て、キバをむき出しにした大きな口で十べえ
をのみ込もうとしていたのですから。
10
生きている竜(宮城県)
十べえはまっ青になって水から出ると、い
ちもくさんに山をおりて家に逃げ帰りました。
安ざえ門は、弟が自分の思った通りになっ
たのを知って大喜びです。安ざえ門はすっ
かり満足して、ふちの中にもぐりました。
ところが水底にもぐってみると、木で作った
竜がいつの間にか本物の竜になっていて、
安ざえ門が近づくと大きな口を開けてのみ
込もうとするのです。
11
生きている竜(宮城県)
「そんなはずはない。この竜は、おらが町の
彫り物師にたのんでつくってもらったものだ。
生きているわけはないんだ。水の動きにゆ
れるので、生きているように見えるだけだ。
きっとそうだ」
安ざえ門はそう思いなおして何回か水底
に近づきましたが、そのたびに本物になった
竜が襲ってくるのです。
なんとか逃げだした安ざえ門は、岸にあが
るとその場にへたり込んでしまいました。
12
生きている竜(宮城県)
「ああ、こんな事になるのなら、初めから兄
弟仲良く二人でウルシをとったものを。おれ
は、とんだ事をしてしまった」
安ざえ門は後悔しましたが、もう取り返し
がつきません。
安ざえ門は、とぼとぼと家に帰って行きま
した。
福娘童話集許可転載<http://hukumusume.com/douwa/>
おしまい
生きている竜(宮城県)
13
ダウンロード

生きている竜