繊維産業のための
(補助金・助成金等関連)
平 成 1 6 年 5 月
経済産業省製造産業局繊維課
目
次
中小企業者が行う技術開発に要する経費の一部を補助
創造技術研究開発事業・・ 1㌻
地域の産官学による新たな事業分野の開拓につながる技術開発を委託
地域新生コンソーシアム研究開発事業・・ 3㌻
中堅・中小企業による新分野進出など、実用化技術開発事業に経費を補助
地域新規産業創造技術開発費補助事業・・ 5㌻
中小・ベンチャー企業が挑戦する実用化開発等に対して資金面で助成するとともに、
ビジネスプランの具体化・実用化に向けたコンサルティング等により一体的に支援
中小企業・ベンチャー挑戦支援事業(新規要求)・・ 7㌻
(巻末)相談窓口・申請先一覧
・・ 8㌻
技術
創造技術研究開発事業
中小企業が行う新製品、新技術等に関する技術開発に要する経費の一部
を補助することによって、中小企業の技術開発を促進し、技術の創造を図
り、もって中小企業製品の高付加価値化、中小企業の新分野進出等の円滑
化等を図る。
(対象研究開発)
①機械、器具又は装置の高性能化のための新技術
②物質又は材料の開発利用技術のための新技術
③製品の開発のための新技術
④生産、加工又は処理のための新技術
⑤システム又は工法の開発のための新技術
⑥都市開発のための新技術
⑦ソフトウェア、情報処理の開発のための新技術
⑧廃棄物処理・リサイクルのための新技術
⑨環境改善・保全のための新技術
補助対象者
中小企業者、組合等
公募の時期
平成16年4月1日(木)
~平成16年4月27日(火)
公募の周知
中小企業庁ホームページに掲載
http://www.chusho.meti.go.jp/
gijut/h16_souzougijyutu_koubo.htm
御相談・申請の窓口 各経済産業局及び沖縄総合事務局
※連絡先は巻末の「相談窓口・申請先一覧」を御参照下さい。
1
申請の締切り 公募開始後約1ヶ月間後を予定
採択のポイント
ヒアリングの時期 原則書面審査で行うが、
必要に応じ、ヒアリングを実施することがある。
審査委員会は、以下の
審査を考慮
・技術審査
・事業化審査 等
採択決定の時期 6月頃の予定(通常公募締切
りから採択決定まで2ヶ月程度)
(1)補助率
1/2以内(平成15年度分)
(2)予算額
16年度予算 : 30.2億円
(3)1件当たりの決定額 1テーマ当たり4,500万円以内
(平成15年度:176件採択)
(3)対象経費 原材料費、機械装置費、技術指導の受入費等
このようなテーマが採択されています
<平成14年度交付決定分>
●光触媒加工をした不燃カーテンの開発
●加熱水蒸気による合成繊維ロープの熱処理加工技術の技術開発
<平成15年度交付決定分>
●羊毛製品の化学的改質(防縮/抗ピル/風合い改善)加工に関する研究
2
技術
地域新生コンソーシアム研究開発事業
地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、大学等
の技術シーズや知見を活用した産学官の共同研究体制(地域新生コンソーシア
ム)の下で、実用化技術開発を行うことを目的とする。
(募集対象技術分野)
[一般枠]新産業・新事業の創出に資する事業化に直結する技術開発。
[省エネルギー枠]エネルギーの使用合理化に資する事業化に直結する技術開発。
[中小企業枠]中小企業による事業化に直結する技術開発。
補助対象事業者 研究共同体(地域新生コンソーシアム)
公募の時期
平成16年4月1日(木)
~平成16年4月22日(木)
公募の周知
経済産業省ホームページに掲載
http://www.meti.go.jp/information/data/c40206aj.html
御相談・申請の窓口 各経済産業局及び沖縄総合事務局
※連絡先は巻末の「相談窓口・申請先一覧」を御参照下さい。
申請の締切り
平成16年4月22日(木)
採択のポイント
審査委員会は、以下の
審査を考慮
・技術開発内容の評価
・事業化可能性の評価 等
ヒアリングの時期 公募締切り後に実施
採択決定の時期 審査が終了次第速やかに決定
3
(1)補助率 委託
(2)事業期間 2年以内
(3)予算額 16年度予算 : 113.2億円
(4)1件当たりの決定額
[一般枠]1テーマ当たり1億円程度/年間(平成15年度:18件採択)
[省エネルギー枠]1テーマ当たり1億円程度/年間(平成15年度:29件採択)
[中小企業枠]1テーマ当たり3,000万円程度/年間(平成15年度:29件採択)
(5)対象経費
プラント・機械装置等開発費、労務費、消耗品、その他の経費、一般管理費、
再委託費、消費税及び地方消費税
スキーム図
地域新生コンソーシアム
提 案
経済産業省
プロジェクト管理法人
経済産業局
委 託
企業、大学等(公設試、
産総研)
このようなテーマが採択されています
<平成15年度交付決定分>
●斜め織織物の開発と高性能・高機能繊維系製品の開発
4
技術
地域新規産業創造技術開発費補助事業
地域において新産業・新事業を創出し、地域経済の活性化を図るため、中堅・中
小企業による新分野進出やベンチャー企業による新規創業のための実用化技術
開発を支援する。
(募集対象技術分野)
新産業・新事業の創出に資する技術開発で、技術開発終了後、直ちに事業化
できるものが対象。
補助対象事業者 民間企業等
公募の周知
経済産業省ホームページに掲載
公募の時期
平成16年4月1日(木)
~平成16年4月26日(月)
http://www.meti.go.jp/information/data/c40206aj.html
御相談・申請の窓口 各経済産業局及び沖縄総合事務局
※連絡先は巻末の「相談窓口・申請先一覧」を御参照下さい。
申請の締切り
平成16年4月26日(月)
採択のポイント
審査委員会は、以下の
審査を考慮
・技術開発内容の評価
・事業化可能性の評価 等
ヒアリングの時期 公募締切り後に実施
採択決定の時期 審査が終了次第速やかに決定
5
(1)補助率 原則1/2以内
①大学、公設試験研究機関等(以下「大学等」)の教員・研究者が事業
にかかわっているベンチャー企業による技術開発
②大学等の教員・研究者と共同で研究したり、大学等から技術指導を
受ける技術開発の場合
等は、補助率2/3以内
(2)事業期間 2年以内
(3)予算額 16年度予算 : 61.0億円
(4)1件当たりの決定額 1テーマ当たり3,000万円~1億円程度以内/年間
(平成15年度:63件採択)
(5)補助対象経費
設備・物品費、材料費、労務費、外注費、委託費、諸経費
このようなテーマが採択されています
<平成15年度交付決定分>
●スチームジェットを用いた、ウール製品の新しい製造・加工方法
●環境に優しい羊毛繊維の連続防縮加工装置の開発
6
事業化
中小企業・ベンチャー挑戦支援事業(新規要求)
実用化開発、技術評価、知的財産取得等に対する資金面での助成とともに、
ビジネスプランの具体化・実用化に向けたコンサルティング等を一体的に実施
することにより、事業性・新規性の高い技術シーズ、ビジネスアイデアを持つ
中小・ベンチャー企業等の事業化を強力に支援する。
補助対象者 中小・ベンチャー企業等
公募の周知
公募の時期
実用化研究開発:中小企業庁ホームページに掲載
http://www.chusho.meti.go.jp/
gijut/h16_ventureshien_koubo.htm
事業化支援:中小企業総合事業団ホームページに掲載
http://www.jasmec.go.jp/venture/index.html#shien
実用化研究開発:平成16年4月7日(水)
~平成16年5月6日(木)
事業化支援:平成16年5月14日(金)
~平成16年6月14日(月)
御相談・申請の窓口
実用化研究開発:各経済産業局及び沖縄総合事務局
事業化支援:中小企業総合事業団(平成16年7月より中小企業基盤整備機構)
1.事業内容
(1)実用化研究開発
1,500万円(事業費2,250万円の2/3を助成)
補助率:2/3
(2)事業化支援(技術評価、知的財産取得、システム構築等)
500万円(事業費1,000万円の1/2を助成)
補助率:1/2
2.予算額 16年度予算 : 39.9億円
3.公募機関 実用化研究開発:各経済産業局及び沖縄総合事務局
事業化支援:中小企業総合事業団
(平成16年7月より中小企業基盤整備機構)
7
ダウンロード

技術 - 関東経済産業局