田植機の事故
重り代わり
ボンネットに
乗った
前進で出よう
とした
事故概要
5条植田植機でほ場から出る時、作業補
助者が重り代わりにボンネット部のステッ
プに乗っていた。粘土質のほ場で前輪が深
くもぐったため、勢いを付けてあがろうと
したところ、足が滑り振り落とされ頭から
転落、失神。
帰宅後、しばらくして頭痛・吐き気がし
たため病院に行ったところ硬膜下出血が判
明。手術と7ヶ月の通院。
原
因
①田植機のボンネット部のステップに重り代
わりで乗った。
②転倒のおそれがあるにもかかわらず前進で
ほ場から出ようとした。
高所作業機の事故
足でエンジン
をとめる
木や枝などの
障害物
転落防止装置
の欠如
事故概要
果樹園内の若干傾斜がある場所で、収穫
作業中に高所作業車が動き出したので、足
踏み式の緊急停止ボタンを踏んでエンジン
を止めようとしたところ、木が身体にぶつ
かりバランスを崩し作業車から転落。頸椎
骨折で72日間入院。
原
因
①足でエンジンを止めようとして下を見てい
たため、迫ってくる木に注意がいかな
かった。
②転落防止装置がなかった。
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)
生物系特定産業技術研究支援センター(生研センター)
〒331-8537 埼玉県さいたま市北区日進町1丁目40番地2
TEL 048-654-7000 URL http://www.naro.affrc.go.jp/brain/iam/index.html
ダウンロード

A0サイズ、版(4.3MB)