近赤外線サーベイによる
マゼラニックブリッジの
前主系列星探査
西山正吾 (国立天文台)、
波場泰昭、
加藤大輔、佐藤修二 (名古屋大)
IRSF/SIRIUSグループ
The IRSF Magellanic Clouds
Point Source Catalog
2/17
LMC, SMC, マゼラニックブリッジの点源カタログ
(Kato et al. 2007, PASJ, 59, 3016)
点源数
• LMC ~1500万
• SMC ~300万
• ブリッジ ~40万
限界等級
• J : 18.8
• H : 17.8
• Ks : 16.6
2MASS
限界等級
Magellanic Bridge
optical
SMC
LMC
3/17
Magellanic Bridge
4/17
64m radio telescope of the ANRAO at Parkes
HI
SMC
LMC
Hindman et al. (1963)
Magellanic Bridge
5/17
HI
SMC
LMC
Putman et al. (1998)
Magellanic Bridge
6/17
Stellar Link between the MCs (e.g., Irwin et al.HI
1990)
LMC, SMC, Milky Way の近接相互作用
SMC
(~0.2Gyr前 )が起源 (e.g.,Murai & Fujimoto 1980)
LMC (銀河系の~1/3), SMC (~1/10)より低金属量?
(e.g., Rolleston et al. 1999, Lee et al. 2005)
若い主系列星 (B型星, Demers & Battinelli 1998)、
CO (Muller et al. 2003, Mizuno et al. 2006) など
LMC
→ブリッジ形成後の星形成
Putman et al. (1998)
Magellanic Bridge
7/17
HI
低金属量環境での星形成
SMC
銀河の衝突によるブリッジの形成、
星形成の誘発
矮小銀河の形成を見ている? (Wiklind 2002)
ブリッジの近赤外線観測
LMC
→前主系列星(Herbig Ae/Be)の探査
Putman et al.
(1998)
(2MASS以外はほぼ皆無、~5M◎のHerbig
Ae/Beまで)
Observation



8/17
領域 : 3˚ x 1.3˚ (赤枠内)
IRSF/SIRIUS
(南アフリカ天文台サザーランド観測所)
限界等級 [mag]
J : 19.0
H : 18.0
Ks : 17.2
SMC
マゼラニック・ブリッジ
LMC
HI (Putman et al. 1998)
Results
9/17
近赤外2色図
背景の銀河
巨星枝
矮星枝
系内の巨星・矮星
赤外超過天体
マゼランの星 (Herbig Ae/Be候補)
の選出
Results
近赤外2色図
10/17
赤外超過天体の
選出条件
1. 測光誤差≦0.1等
巨星枝
2. J≧13.4等
3. J-H<0.2
矮星枝
4. 矮星枝より右下
5. OB型星のエラー
サークルより外
203個の
赤外超過天体
Discussion
近赤外2色図
11/17
Herbig Ae/Be型星はいくつ?
他の天体の混入
1. AF型矮星 (系内)
巨星枝
矮星枝
2. OB型星 (マゼラン)
3. Classical Be型星
(マゼラン)
Discussion
近赤外2色図
12/17
Herbig Ae/Be型星はいくつ?
他の天体の混入
1. AF型矮星 25個
巨星枝
矮星枝
2. OB型星
50個
3. Classical Be型星
47個
~80個の
Herbig Ae/Be型星
203個の
赤外超過天体
Discussion
Herbig Ae/Be型星候補とHIの分布
13/17
Discussion
14/17
NGC796 (Jバンド画像)
SMC-ブリッジ領域で最も
若い星団のひとつ
(数Myr, Ahumada et al. 2002)
若い(<10Myr)星団中に
Classical Be星は
ほとんどない
○ : Herbig Ae/Be型星候補(6)
■
: OB型星候補 (5)
(Fabregat & Torrejon 2000,
McSwain & Gies 2005)
Discussion
J-Ks vs J 色等級図
15/17
■ Herbig Ae/Be in SMC
(de Wit et al. 2003)
▲ Herbig Ae/Be in LMC
(de Wit et al. 2005)
30M◎
20M◎
20M◎
10M◎
5M◎
10M◎
3M◎
質量の見積もり
(Hillenbrand et al. 1992)
Group I/II 3-20Msun
Group III 10-30Msun
(注) lower limitは観測限界
8-20Msun for LMC
(Lamers et al. 1999)
Discussion
16/17
マゼランブリッジのHerbig Ae/Be型星は明るい?
10-4 Msun yr-1 HR図上のLMC Herbig Ae/Be 候補
10-5 Msun yr-1 (Lamers et al. 2003)
なぜ? 低金属量だから?
(Beaulieu et al. 1996, Lamers et al. 1999)
1. ダスト少→早い段階で見える
2. 降着率大→birthline↑ (Panagia
et al. 2000, Romaniello et al. 2004)
Conclusion & Future work
17/17
 マゼランブリッジの近赤外線サーベイ
 2色図(J-H,H-Ks)によるHerbig Ae/Be型星
候補の初検出
 約200個の候補星、4割はHerbig Ae/Be型星
 ブリッジのHerbig Ae/Beは明るい?
 現段階ではまだ Herbig Ae/Be“候補星”
変光・偏光・分光・測光(M-FIR)等で識別可?
 同領域の測光(可視)観測
→Association/field starのCMD, 背後のQSO探査
ダウンロード

近赤外線サーベイによるマゼラニックブリッジの前主系列星探査