分光学の始まり
Isaac Newton (1642 – 1727)
1666 Annus Mirabilis 奇跡の年
1665 年始
5月
11月
1666 1月
5月
年末
級数展開、二項定理
接線の方法 (Method of tangent)
微分法 (Method of fluxions)
色の理論 (Theory of colours)
積分法 (Inverse method of fluxion)
月の運動と万有引力 1/r2
“All this was in the two plague years of 1665 –
1666. For in those days I was in the prime of
my age for invention and minded Mathematicks
and Philosophy more than at any other time
since.”
Isaac Newton ~ 1716
1
1
1
1 5 1
1
1
1
1
1
1
log(1  x)  x  x2  x3  x 4  x  x6  x7  x8  x9  x10  x11  x12
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
1665年始 級数展開、二項定理
そもそもの始まり
The Experimentum Crucis
光は色によって屈折率が違う。
無色はすべての色を含む。
色は先天的(connate)なもので、単色光は変化しない。
喧喧轟轟、四面楚歌
1672 2月
4月9日
1673 6月
Robert Hooke
Ignatius Pardies
Christiaan Huygens
1675 1月25日 Francis Linus
1676
Christiaan Huygens
Traité de la lumiére
1681
Edme Mariotte
De la narure des couleurs
1716
ロンドン王立協会での公開実験
1719
フランス学士院での公開実験
ニュートンは不世出の:
数学者.理論物理学者.実験家.エンジニア
ダウンロード

Slide 1