現在、関東地方を中心に風しんが大流行しています。今後、本県でも流行する
可能性がありますので、予防接種を2回接種されていない方、医療機関の検査
で風しんの十分な免疫が確認されていない方は、麻しん風しん(MR)混合
ワクチンの予防接種を御検討ください。
(注!妊娠中の方は予防接種を受けることは出来ません。)
20代~50代前半の男性の5~10人に1人は風しんの免疫がないといわれており、今年の
全国の患者の約70%が20代~40代男性、約15%が20代~40代女性となっていますので、
20代~40代の方は予防接種を是非御検討ください。
また、関東地方、大阪府、兵庫県、愛知県、静岡県などの流行地域へ出張、旅行等を予定して
いる場合には、早めに予防接種を御検討ください。
風しん(三日はしか)ってどんな病気?
3日前後の発熱と発しん(小さく淡いピンク色)が見られ、発しんは顔からはじまっ
て首や体、手足に広がります。また、頭や耳の後ろ、首などのリンパ節が腫れてき
ます。まれに脳炎、血小板減少性紫斑病など重篤な合併症が発生することがあり
ます。
風しんは感染力がとても強く、「せき」や「くしゃみ」により周りの人に感染させるこ
とがあります。1人の感染者は、周りの5人~7人に感染させると言われています(イ
ンフルエンザの場合、平均で1人~2人)。
なぜ予防接種が必要なの?
風しんは大人がかかると重症になることが多く、妊婦、とくに妊娠初期のお
母さんが風しんにかかると、胎児が風しんウイルスに感染し、難聴、心疾患、
白内障、精神や身体の発達の遅れ等の障がいをもった赤ちゃんが生まれる
可能性があります。
妊婦は風しんの予防接種を受けることが出来ないため、妊婦とその胎児を
風しんから守るには周囲の方々が予防接種をすることが大切です。
予防接種を受ける場合は、お近くの医療機関(内科、小児科など)にご相談ください。
(接種は要事前予約)
風しんに関するご相談
おおい町 なごみ保健課
保健福祉室
0770-77-1155
0770-67-2000
過去に予防接種を受けたかどうか分からないんですが・・・
確実に風しんの免疫を付けるには、予防接種を2回受ける必要があります。(誕
生日が平成2年4月1日より前の方の多くは2回受けていません。)
医療機関の検査で風しんに対する十分な免疫があることを確認したことがなけれ
ば、予防接種を御検討ください。なお、過去に妊娠されている方は、妊娠時に風し
んの抗体検査を行っていることがありますので、母子健康手帳でご確認ください。
また、過去に風しんに感染したことがある場合や予防接種を受けたことがある場
合であっても、予防接種を受けることが出来ます。
昔、風しんにかかったと思います。それでも予防接種は必要?
すでに風しんにかかったとの記憶のある人たちの約半分は記憶違い、ま
たは他の病気だったという調査結果があります。福井県でも、麻しんや風し
んの届出の後、詳しい検査で実は他の病気であったということが珍しくあり
ません。
医療機関の血液検査で風しんであることが確認された、または検査で風し
んに対する十分な免疫があると確認されたのでなければ、予防接種を御検
討ください。
予防接種はいくらくらいかかりますか?
医療機関にもよりますが、麻しん風しん(MR)混合ワクチンの場合、1回の接種で8千円~1
万円程度です。
大人の方への助成制度はあ
りませんが※、ご自身の健康
のためにも、また、周りの妊
婦さんと生まれてくる赤ちゃん
のためにも、是非予防接種を
御検討ください。
予防接種って、結構、
お金かかるんだね。
助成はないのかな・・・
※平成25年度の定期予防接種の対象(全額公費)
1歳、小学校入学前の1年間
風しんに関してもっと知りたい場合は、
福井県 風しん
おおい町
検索
ダウンロード

スライド 1