6 校務の情報化
6.学校に関する情報の発信
この項目のねらい

情報発信のもたらす意義や留意点について理
解する。情報発信にあたっての留意点について
理解する。学校ホームページの作成方法を習得
する。
情報発信の意義
(1)保護者との情報共有の促進
(2)児童生徒や地域の安全・安心の確保
(3)地域への説明責任
情報発信の具体例
①保護者との情報共有の促進
(1) 学校の教育活動への取り組み、子ども達の
活動の様子など、日々様子をリアルタイムに
保護者に伝える。
(2) 保護者へのホームページを通した連絡
情報発信の具体例
②児童生徒や地域の安全・安心の確保
●不審者情報の提供
不審者情報などの緊急情報を流します。
ホームページや電子メール等を活用すること
により児童生徒の安全を守り,安心して学校に
通うことができるようになります。
情報発信の具体例
③地域への説明責任
(1) 学校給食の献立表の情報発信
献立表と,そのレシピや食材情報を配信します。
食に関しての安心・安全情報提供を行うことがで
きます。
(2) インフルエンザの流行時の情報発信等(緊急
伝達情報を中心としたもの)
迅速に正確な情報提供ができます。
学校ホームページの役割
今や、学校ホームページは無くてはならないもの
★次のような効果が期待されています。
(1)保護者や地域にとって必要な情報を迅速に発信
することができる。
(2) 学校の目標や取組等を公開し,学校への評価を
得ることができる。
(3) 学校ホームページを通して情報を公開し,保護者
や地域等からの理解や信頼を得ることができる。
学校ホームページ作成における留意点
① 情報発信の目的を明確して構成する。
② 内容の信頼性を確保し,発信する情報の内
容に責任をもつ
③ 知的所有権(特に著作権)を尊重する
掲載した著作物については必ず著作権を確認。
子どもの作品も著作物ですので本人や保護者の確
認をとることが必要。
学校ホームページ作成における留意点
そして、最も配慮が必要なこととして
④児童生徒・職員の個人情報を保護する
■個人情報やプライバシーの保護
インターネットに掲載した情報は全世界の誰でも
が閲覧可能です。事件事故を防ぐためにも、住
所・氏名等の個人情報をルール化して守っていく
ことが大切です。
■肖像権への配慮
使用する写真に児童生徒の顔が写っている場合は
本人や保護者に許諾をとることが必要。
インターネットへ転送前のチェック
チェック表で内容や安全性を再確認した上で、学校長
の許諾の下、インターネットへ転送することが大切です。
学校ホームページを充実し、情報発信をすること
で、保護者・地域に開かれた学校を実現すること
ができるのです。
ダウンロード

情報発信の具体例