関西における国出先機関原則廃止の取組(経緯)
近畿ブロック知事会議
(平成22年11月)
資料6
○ 国の出先機関(8府省15系統※)につき、権限や財源を関
西広域連合へ丸ごと移管するよう国に要請していくことを確認。
○ 今後の具体的な取組は関西広域連合で検討することとし、連
合に参加していない県とは個別に調整を行う。
※沖縄総合事務局、総合通信局、法務局・地方法務局、地方厚生局、都道府県労働局、中
央労働委員会地方事務所、地方農政局、森林管理局、漁業調整事務所、経済産業局、
地方整備局、北海道開発局、地方運輸局、地方航空局、地方環境事務所
関西広域連合設立(平成22年12月)、
国出先機関対策委員会設置 、
政府へ緊急提案(12月16日地域主権戦略会議)
(提案概要)○ 関西広域連合を受け皿にすること
○ 国の出先機関の丸ごと移管を目指すこ
と
○ まず関西からスタート
○ 協議の場を設置
○ 不参加県を障害としてはならない
「アクション・プラン~出先機関の原則廃止に向けて~」 ○ 出先機関の事務・権限をブロック単位で移譲することを推進する
(平成22年12月28日閣議決定)
ための広域的実施体制の枠組み作りのため、所要の法整備
・ 出先機関単位ですべての事務・権限を移譲することを基本
・ 全国一律・一斉の実施にこだわらず、広域で意思統一が図ら
れた地域からの発意に基づき移譲
○ 平成24年通常国会に法案を提出し、準備期間を経て26年
度中に事務・権限の委譲が行われることを目指す。
3機関の移管を九州とともに求めることに決定
当面の移譲希望機関として、
①経済産業局、②地方整備局、③地方環境事務所を国に提示。
(平成23年5月26日)
アクション・プラン推進委員会(平成23年7月1日)
地域主権戦略会議(7月7日)※ 提案資料は別添のとおり
○3機関の所管省庁政務との意見交換。
○政府における今後の検討スケジュールを決定
9月 広域的実施体制の枠組み等について中間とりまとめ
12月 移管対象となる出先機関を閣議決定
関西広域連合が3機関の移管を求める理由
機関名
理由
経済産業局
中小企業支援対策を中心に広域連合や府県事務と関係が深い機関で、移管により、地
域で総合的な産業政策を展開できる。
地方整備局
全国知事会で最重点分野と位置づけられた直轄国道・河川等住民生活に直接影響する
基本的なインフラ整備を担う機関で、地域振興・安心安全の確保に欠かせない。
地方環境事務所
山陰海岸国立公園の管理等を担う機関で、広域連合が担う山陰海岸ジオパークの推進
にあたり、移管により、景観保全や地域振興など総合的な行政を展開できる。
(平成23年7月1日、アクション・プラン推進委員会 関西広域連合委員会提出資料から抜粋)
国出先機関の移管について、各方面より指摘されている課題
1
広域連合のガバナンス
連合委員会の現行の意思決定方法(全会一致)では限界があるのではないか。
(府県間の利害が対立した場合や緊急時の対応に不安)
議会機能を強化する必要があるのではないか。〈→連合議会で検討中〉
2 重複する府県事務の切り出し
府県を越える広域事務を広域連合で実施するのならば、国出先機関の事務だけではなく、府県が実施している
広域事務も切り出すべきではないか。
(府県は自らの事務の切り出しには消極的)
3 その他
(1)区域の問題〈→実務的に検討中〉
国出先機関の管轄区域と広域連合の区域が一致しない場合の対応
(2)国出先機関移管後の国の関与〈→実務的に検討中〉
震災など緊急時の対応
(3)人員、財源、財産の移管〈→実務的に検討中〉
具体的な財源確保の方法
庁舎などの財産承継の方法
(4)その他の指摘
道州制なら移管できるが、広域連合は受け皿としては不安定
国立公園は「国民の宝」、一地方が管理するのは不安
(平成23年7月28日 第9回関西広域連合委員会資料から抜粋)
3機関の移管は最初の一歩
~移管の実現に向け果断な行動を~
平成23年7月1日
関西広域連合
(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県)
国出先機関対策委員会委員長 橋下 徹
3
国出先機関の廃止は政府の方針
地域主権戦略大綱〈22.6.22 閣議決定〉
◇ 地域における行政は、地方自治体が自主的・総合的に実施
「国と地方の役割分担の見直しを行い、国と地方を通じた事務の集約化等によるスリム化・
効率化を図りつつ、事務・権限を地方自治体に移譲することなどにより抜本的な改革を進め、
地域における行政を地方自治体が自主的かつより総合的に実施できるようにする。」
◇ 国出先機関は「原則廃止」
「国の出先機関の抜本的な改革に当たっては、改革の理念に沿って、『原則廃止』の姿勢の
下、ゼロベースで見直すこととし、」
◇ 地方の発意による選択的実施
「地方の発意による選択的実施による柔軟な取組を可能とする仕組みを検討・構築する。」
「広域連合など広域的実施体制の整備に応じて、事務・権限の移譲が可能となるような仕組
みも併せて検討・構築する。」
アクション・プラン~出先機関の原則廃止に向けて~〈22.12.28 閣議決定〉
◇ 出先機関の事務・権限をブロック単位で移譲することを推進
「出先機関単位で全ての事務・権限を移譲することを基本とする。」
4
まずは3機関の移管を!
〈前回のアクション・プラン推進委員会での確認事項〉
「各地域からは、移譲を希望する出先機関を具体的に選定の上、提示をいただきたい。
これについては、移譲全体の姿と、当面これとこれとを欲しいと分けて提示頂くことも
ありうる」 (23.2.17 アクション・プラン推進委員会での逢坂政務官のご発言)
◇ 現実的なアプローチとして、段階的な移管も厭わない。
◇ 今後、関西として求める移管対象を明示する。
関西広域連合は、7省12系統の出先機関*の移管を目指すが、
(*8府省15系統の出先機関から、関西が対象とならない北海道開発局、沖縄総合事務局及び個別府県への移管を求める都道府県労働局を除く)
■ まずは、次の3機関の移管を求める。
経済産業局
中小企業支援対策を中心に広域連合や府県事務と関係が深い機関で、移管により、地域で総
合的な産業政策を展開できる。
地方整備局
全国知事会で最重点分野と位置づけられた直轄国道・河川等住民生活に直接影響する基本的
なインフラ整備を担う機関で、地域振興・安心安全の確保に欠かせない。
地方環境事務所
山陰海岸国立公園の管理等を担う機関で、広域連合が担う山陰海岸ジオパークの推進にあた
り、移管により、景観保全や地域振興など総合的な行政を展開できる。
5
移管の実現に向け、政府の果断な行動を!
<国出先機関の課題>
① 二重行政によるムダ
② 地域・住民ニーズに柔軟に対応できない
③ 住民ガバナンスの欠如
住民福祉の向上のために、
国出先機関の原則廃止と
住民により身近な地方への移管を!
○ 関西広域連合で責任をもって3機関の事務・権限を引き受ける。
24年通常国会への法案提出に向け、所要の法・制度の整備を強力に
推進すべき。
○ 関西広域連合で独自にPT(プロジェクトチーム)を設置。
PTの調査・ヒアリングに関係省庁・出先機関が協力するよう指示を。
○ 3機関の移管は第1ステップ。
他の機関の移管も今後求めるが、まずはこれら3機関の移管を通じ、
早期に改革の実をあげるべき。
6
国の出先機関改革について
(地域主権戦略会議への緊急提案)
~関西広域連合への移管~
平成22年12月16日
関西広域連合
(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県)
関西広域連合 国出先機関対策委員会委員長 橋下 徹
国の出先機関原則廃止は政府の方針
地域主権戦略大綱(H22.6.22)
事務・権限の地方移譲の実効性を確保する観点から、全国一律・一斉に取り扱うのではなく、地方の発
意による選択的実施による柔軟な取組を可能とする仕組みを検討・構築する。
広域性を有する事務・権限の地方移譲を推進し、その実効性を確保する観点から、自治体間連携の自
発的形成や広域連合など広域的実施体制の整備に応じて、事務・権限の移譲が可能となるような仕組
みも併せて検討・構築する。
(アクション・プランの策定の際、)地方自治体への移譲等については、地方自治体側の要望をも踏まえ、
重点的に取り組むべき事項の速やかな実施を検討し、可能なものから速やかに実施することを基本とす
る。
出先機関改革の基本方向(H22.11.29)
広域的実施体制の枠組み作りのため、所要の法整備を行う。
(それまでの間)複数の府県にまたがる事務・権限であっても、特区制度の利用などにより移譲。
関西における広域的実施体制(関西広域連合)はできた
今こそ、関西の行動を踏まえ、可能なものから速やかに移管すべく、政
治的なリーダー・シップを発揮すべき。
関西広域連合からの提案
関西広域連合として、次の緊急提案を行う。
○ 関西広域連合を受け皿にすること
• 新たな広域的実施体制の枠組み作り(法整備)は、広域連合により多くの事務を
円滑に移譲できるものとすること
○ 国の出先機関の丸ごと移管を目指すこと
• 関西は、権限、財源とともに組織も丸ごと受ける覚悟
• 細かな条件にとらわれず、早期の移管を実現すべき
• 各府県に移譲する事務・権限は関西広域連合で振り分け
○ まず関西からスタート
• 全国に先駆ける実験的取り組みとして実施
○ 協議の場を設置
• 移管に向けて、国と関西広域連合による協議の場(関西版の国と地方の協議の場)
を早急に設けること
○ 不参加県を障害としてはならない
• 不参加県の区域に係る事務事業は連合委託とするなどの手法を検討すべき
• 政令市は国からの権限移譲を前提に参加に前向き
国と関西広域連合との協議の場のイメージ
関西広域連合への丸ごと移管を早期に実現するため、政治主導の
国と関西広域連合の協議の場を設ける
※ 知事・政務三役レベルの協議の場に加え、個別具体の検討のための
事務レベルの協議の場も設ける。
国と関西広域連合の協議の場
国
〔関係省庁政務三役〕
協議
関西広域連合
「個別具体の検討のための事務レベルの協議の場」
<協議事項>
・ 事務事業移管の具体的な手続き
・ 財源措置
・ 人員の移管手続き
・ 移管までの具体的な工程、スケジュール
など
参考
<広域連合制度の概要>
○ 都道府県、市町村により構成される特別地方公共団体
• 地方自治法第284条第3項を根拠。
• 都道府県や市町村が共同で事務を処理するための仕組み(組合)の一形態。
複数の事務を複合的に処理することが可能。
• 全国で115(H22.4)の設置例があるが、複数の都道府県による広域連合は関西広域連合が初。
○ 特徴〔他の制度(例:一部事務組合)と異なる点〕
• 国(都道府県)からの権限移譲の受け皿となる。
(国の事務を広域連合に移譲するよう要請できる)
• 都道府県や市町村と同様の直接請求制度あり。
• 広域計画を通じ、構成府県や市町村に残る事務との関係を調整。
○ 組織
• 執行機関:広域連合長(直接選挙or間接選挙で選出)
• 議決機関:連合議会(直接選挙or間接選挙で選出)
○ 財政
• 主たる財源は構成団体からの分賦金(負担金)。独自の課税権はない。
<関西広域連合>
○ H22.12.1 設立〔滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、和歌山県、鳥取県、徳島県の2府5県で構成〕
○ 組織
• 広域連合長:井戸 兵庫県知事(構成府県知事による互選)
• 連合委員会:構成府県知事で組織(委員長は連合長)。
連合長が基本方針などの重要事項を決定するにあたり意見具申を行う。
• 連合議会 :定数20(各府県議会からの間接選挙)
<国出先機関対策委員会>
構成府県知事で組織(委員長:橋下 大阪府知事、 副委員長:山田 京都府知事)
 重点的に移譲を求める事務・機関の選定
 具体的な事務処理の仕組み
 財源確保策
 人員の取扱い
などを検討、国に対して要請していく。
○ 予算 22年度(4カ月):約83,000千円、 23年度(通年):約500,000千円
発足当初に実施する事務(7分野)
• 防災
:関西防災計画の策定、災害発生時の相互応援体制の強化など
• 観光・文化:関西観光・文化振興計画の策定、広域観光ルートの設定、海外プロモーションの実施など
• 産業
:関西産業ビジョンの策定、公設試験研究機関の連携、合同プロモーションの実施など
• 医療
:広域的なドクターヘリの配置・運行など
• 環境
:関西広域環境保全計画の策定、温室効果ガス削減のための広域的取組など
• 試験・免許:調理師、製菓衛生師、准看護師に係る試験実施・免許交付
• 職員研修 :府県職員等の合同研修
ダウンロード

関西における国出先機関原則廃止の取組(経緯)