メディア論
第10回 戦争報道と情報操作
2014年12月8日
担当:野原仁
現代の戦争



戦争:基本的に「国家の、国家による、国
家のための武力対立を特徴とする暴力表
現」
現代の戦争=総力戦=前線の兵士や後方体
制を含む軍事力だけではなく、国家全体の
人員・物質・思想・情報などすべての資源
を用いる戦争の形態
特に、情報の重要性がますます重要になっ
てきている→現代の戦争=情報戦争
戦争におけるプロパガンダの重要性



情報戦争である現代の戦争においては、自
国民に対しては「戦争の意義」を訴えて、戦
争への支持を得ることが不可欠
また、自国民だけでなく、できるだけ多くの
(国際的に影響力を有する)他国や国際機関
からの支持を得ることも不可欠
支持を得るための重要な手段のひとつがプ
ロパガンダである
戦争におけるプロパガンダの特徴




日常時と比べて、露骨で強引に、そして大規
模に行われる傾向にある。
どの時代のいかなる戦争も「正義の戦争」な
どは存在しないことを指導者が理解している
がゆえに、必ず「正義はわれにあり」と人々
を戦争に駆りたてる。
現代の戦争では、相互に情報戦を重視してい
るため、必ずプロパガンダが行われる。
視聴者・読者は戦場を実体験できないため、
情報操作が容易に行うことができる。
戦争プロパガンダ10の法則
1.
2.
3.
4.
5.
「われわれは戦争をしたくない」
「しかし敵側が一方的に戦争を望んだ」
「敵側の指導者は悪魔のような人間だ」
「われわれは領土や覇権のためでなく、
偉大な使命のために戦う」
「われわれも誤って犠牲を出すことがあ
るが、敵はわざと残虐行為に及んでい
る」
6.
7.
8.
9.
10.
「敵は卑劣な兵器や戦略を用いてい
る」
「われわれの受けた被害は小さく、敵
に与えた被害は甚大」
「芸術家や知識人も正義の戦いを支持
している」
「われわれの大義は神聖なものであ
る」
「この正義に疑問を投げかける者は裏
切り者である」
戦争報道の作られ方と
情報操作
→テキスト参照
戦争報道における情報操作の
具体例①
→テキスト参照
戦争報道における情報操作の具体例②


NHKスペシャル『民族浄化~ユーゴ情報戦
の内幕~』
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争において、ボ
スニア政府が、アメリカの大手PR会社を用
いて、敵対するセルビア人勢力に関して、ア
メリカ政府・国民ならびにその他の国々と国
民に、「悪い」イメージを与えることで、自
己に有利な世論を作り上げようとしたプロパ
ガンダを描いた作品
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とは
①
 ボスニア・ヘルツェゴビ

ナ→旧ユーゴスラビア連
邦の一部で、セルビア人
(ロシア正教徒)・クロ
アチア人(カトリック教
徒)・ボシュニャク人
(イスラム教徒)が混住
していた
1991年ユーゴスラビア連
邦からクロアチアなどが
独立
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とは
②



翌年、ボシュニャク人を主体としたボスニ
ア・ヘルツェゴビナ政府が独立を宣言→これ
に対してセルビア人が反発。セルビア人が多
数を占めるユーゴスラビア連邦軍も、セルビ
ア人勢力を支援するために軍事介入
以後、政府軍・クロアチア人・セルビア人の
間で内戦状態に陥る
94年アメリカの圧力により、クロアチア人が
政府軍と協力関係をむすぶ→セルビア人勢力
の弱体化をねらう
ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争とは
③
 その後、アメリカを中心とするNATOによる


セルビア人勢力への空爆が激化
最終的に、95年に停戦に合意
「民族浄化=虐殺」は、セルビア人勢力のみ
によるものだけでなく、クロアチア人やボ
シュニャク人も虐殺を行った
ダウンロード

第10回戦争報道とプロパガンダ