全員参加の環境活動
明治製菓の環境活動
摂南大学非常勤講師で学んだこと
オフィスごみの減量
食品ごみの減量
食品を選んで地球温暖化対策
業務の効率化=環境対策
職場の3S活動(整理・整頓・清掃)で資源と時間を大切に
地域や国レベルの取組に参加しよう
環境カウンセラー 宇田 吉明
元摂南大学非常勤講師(地球環境・資源論)
1
まずは自己紹介
2
略 歴
1947年 神奈川県川崎生まれ
1970年 早稲田大学理工学部卒業、明治製菓に入社
食品及び医薬品のエンジニアリングに従事
食料生産部次長、工務環境室長・環境管理責任者を歴任
フラン、ガルボ、ポルテ、プッカ、メルティキッスなどの開発に従事
チルド料理製造販売会社フルーリーミション・ジャポンの立上げに参画
大阪工場時代に省エネ及びゼロエミッションで農林水産大臣賞
2000年 明治製菓を53歳で退職
摂南大学非常勤講師(地球・環境資源論)
事業者の環境経営の支援及び市民のエコライフ支援活動を開始
現在
NPO大阪環境カウンセラー協会 副理事長
EA21地域事務局大阪 普及委員長 兼 判定委員
大阪市なにわエコ会議 副会長 兼 企業部会長
著書
3
2000年
2004年
2004年~
2006年
2008年
2008年
在職中の活動
4
ゼロエミッションへの三原則
~非ごみ3原則~
持ち込まない
商品やサービスとしてとして
使わないものは持ち込まない
原料:加工でごみを出さない
包材:包材は最終的にごみ
発生させない
歩留100%を目指す
ロス=資源・エネルギーの無駄
持ち出さない
発生した廃棄物は徹底的に
再使用・再利用し、廃棄物として
持ち出さない
5
通い箱で容器の廃棄物をなくす
ダンボールを止め、折りたたみコンテナに
6
ゼロエミッションでコストダウン
~明治製菓大阪工場の事例~
1997 1998 1999
【削減効果】
廃棄物処理費用:△50%
7
明治製菓のごみゼロ工場パンフレット
食糧新聞社
:環境資源協力賞受賞(2000年10月)
リサイクル協議会:農林水産大臣賞受賞(2000年10月)
8
その後摂南大学で
非常勤講師として
地球環境問題と資源問題を
教える
9
経済社会を取り巻く5つの重要課題
②枯渇するエネルギー資源
③加速する地球温暖化
による気候変動
最大で6.4℃上昇
二酸化炭素の増加
森林の減少
異常気象
陸地の乾燥化
海面の上昇
生物種の減少
⑤食糧不足
④深刻化する
干ばつと水不足
資源採掘可能年数
石油
50年
天然ガス 60年
ウラン
70年
石炭
200年
エネルギーの
需要増大
原油価格上昇
①増加する世界人口と経済
中国、インドで1/3以上
穀物、食肉の
需要増大
2000 年60億人
2050年 90億人
穀倉地帯の水不足や干ばつ・洪水が頻発
10
気候変動によるリスクの評価
~EUの基本的な考え方~
ニコラス・スターン元世界銀行上級副総裁による気候
変動問題の経済影響に関する報告書(2006年10月)
対策を講じなかった場合
対策を講じた場合
被害
GDPの5%~20%
被害
GDPの1%程度
気候変動に伴う農業・インフラ・工業生産などへの経済影響
(年間、世界総GDPベース)
今、行動を起こせば、気候変動の最悪の影響は避けることができる
11
ベネツィアの高潮による冠水対策
500億円を投資して防波堤を設置(モーゼ計画)
12
USJオフィスのごみの減量を考える
13
ごみ削減の具体的取り組み
Reduce
~3R活動~
配布を省略→webで閲覧
ミスコピーをしない→プレビューで確認する
両面印刷/縮小印刷
梱包資材の簡易化
帳票類を見直す(本当に必要かどうか?)
1枚ベスト運動→ポイントをA41枚にまとめる
業務改善
Reuse
要紙の裏面利用→ルール作り(個人情報、表面×印等)
Recycle
分別回収・リサイクル(ごみ箱の廃止)
14
ごみ削減の具体的取り組み
~リデュース~
ミスコピーの防止(プレビューによる確認他)
縮小コピー
両面コピー
電子回覧(配布物の廃止)
電子決済(印刷物の廃止)
プロジェクタの使用(配布物の最小化)
FAXの蓄積機能利用(電子データ化)
ダイレクトメール(郵送物)等のお断り
購入雑誌等の見直し(共有化)
カタログ等の必要部数の見直し(残品の防止)
業務見直し(業務の“事業仕分け”)
帳票見直し(1枚ベスト運動)
両面印刷ポスター
(環境省)
マイ箸、マイカップ、マイ水筒、マイバッグ、マイ弁当
15
1枚ベスト運動
~業務の効率化~
書類
書類
テーマ
結論
・
・
理由
・
・
所見(備考)
・
承認
作成者:作成時間の短縮
確認・承認者:見る時間の短縮
確認
作成
業務の効率化
紙の節約
16
ごみ削減の具体的取り組み
~リユース~
裏紙の利用(社内利用)
使用済み封筒の再利用(社内便等)
段ボールを2次配送用に利用
シュレッダー廃紙を梱包用パッキン材として使用
通い箱の採用
弁当箱を使用
トナーカートリッジの再利用
社内フリーマーケットの実施
17
ごみ削減の具体的取り組み
~リサイクル~
分別回収(ごみ置き場→資源置き場)
古紙回収業者へ
PETボトルの寄付(エコキャップ運動)
「OA紙」「新聞」「ダンボール」
「雑誌・カタログ・その他の紙」
「シュレッダー処理紙」
「ペットボトル」「びん」「缶」
リサイクルステーション
資源置き場
手作りの
分別ボックス
18
分別・リサイクルは
ごみ箱をなくすことから
上段:コピー用紙
中断:その他の紙
下段:まとめられない紙
個人のごみ箱の廃止
紙は全て分別回収
個人で持込んだごみは持ち帰り
可燃ごみはフロアに1箇所のみ
ビルのリサイクル
資源置き場
19
パークでの分別ボックス
左半分は小さなこども用
楽しく分別
20
D社 徹底した分別
分別すれば何とかなるリサイクル
21
リサイクル先を探す
大阪市 再生資源事業者の紹介のHP
http://www.city.osaka.lg.jp/kankyo/page/0000033054.html
22
食品ごみの減量
23
日本の食品廃棄の実態
世界では8億5千万人以上の
人が飢餓で苦しんでいる
開発途上国では5秒に1人が飢
餓で死んでいる
日本では、食べられる食料の約
30%が廃棄されている
日本の食べ残し量は世界中の
飢餓が救える量に相当
平成17年度
食品廃棄物量
1,136万トン
(米の年間消費量 約1,000万トン)
24
発生抑制
~レストランで食べ残しを減らす工夫~
ご飯の量を選べるようにする
25
発生抑制
~ドギーバッグ(ドッグバッグ)でお持ち帰り~
欧米諸国では、残した料理を持ち帰ると
いうことは一般に行われている。
ドギーバッグ(携帯型食べ残し料理持ち帰り用容器 )
ポリプロピレン製で繰り返し使える
大小2個セット 約800円
パーク内でもオリジナル商品を販売してみたら?
26
調理場での減量
~水切り~
生ごみの水切りで、生ごみの重量の約10%を減らす
野菜は洗う前に皮むき
野菜の皮はざるに入れて、
水に濡らさないように
乾いている生ごみは、水分
を含んでいる生ごみとは別に
27
ここで、地球温暖化対策について
食品を選んで地球温暖化対策
28
29
フードマイレージ
アスパラガス 1本
国産と輸入品で
二酸化炭素排出量の差は?
30
アスパラガス 1本
オーストラリア産 7,728km 3.41poco
日本 長野県産
167km 0.01poco
差
3.40poco
1poco=100g
340g-CO2
31
フードマイレージ
豆腐 1丁
国産と輸入品で
二酸化炭素排出量の差は?
32
豆腐 1丁
アメリカ産大豆
1,0929km 2.04poco
日本 佐賀産大豆
896km 0.45poco
差
1.59poco
1poco=100g
159g-CO2
33
CO2「見える化」戦略会議設置
食品、水道、交通なども対象
□経済産業省
大手スーパーやメーカーとともに具体的な商品での試作
□農林水産省
農産物や木材製品など
□環境省
店頭に並ぶ商品ばかりでなく、上下水道などの公共サービ
スや、航空機、鉄道、バスなどの公共交通機関による移動、
宅配便の利用、ホテル宿泊、イベント開催など様々なサービ
スについても対象とする
34
カーボンフットプリント表示
CFP(Carbon Footprint of Products)
商品・サービスのライフサイクル全般(原材料調達から廃棄・リサイクルまで)で
排出される温室効果ガスをCO2量に換算し、商品に表示するもの。
商品のライフサイクル
・ 原材料調達段階
・ 生産段階
・ 流通・販売段階
・ 使用・維持管理段階
・ 廃棄・リサイクル段階
カーボンフットプリント・マーク 35
カーボンフットプリント表示商品
350ml
缶ビール
161g
トマト
ジュース
189g
ポテト
チップス
232g
消費者が積極的に選べば地産地消が促進される
36
メニューにCO2表示
居酒屋チェーン マルシェグループのメニュー
37
その他
38
整理・整頓でムダをなくす
■整理 不要なもの、余分なものを片付ける
■整頓 すぐに使える状態にしておく
整理→ダブっているものは回収する
整頓→定位置化・みえる化で探す時間の節約
共有化でスペース・資源の節約
工具類
机の引出
事務器具類
39
USJならではの環境への取り組み
環境がテーマのアトラクション
オリジナルエコグッズの販売
・・・・・・
40
社会の環境の輪にも参加しよう
41
大阪市二酸化炭素削減コンペ
大阪市「なにわエコ会議」環境に配慮した企業部会では、市
域での取り組みの一環として、次のような取り組みを行って
います。
◇取組項目:電気、ガス、水道(その内、把握できるもの)
◇対象期間:11月~1月(12月~1月も可)
◇表彰・事例発表会:2009年3月3日午後
◇詳細:「なにわエコ会議」 で検索
42
大阪市環境家計簿
家族で大阪市なにわエコライフ制度に
参加しよう
•取り組んだ結果が1ヵ月後に分かる
•エコマインドが芽生え、家計もお得に
•エコライフ(もったいない)が普通になる
•家族とのコミュニケーションが進む
チャレンジシート
前年の
数値と
比較
大阪市では毎年「なにわエコライフ
43
制度」を実施しています
個人では省エネコンテストに応募しよう!
44
おわりに
環境経営=経営の効率化
45
効率化=環境対策
効率=アウトプット÷インプット
自動車の性能=走行距離÷燃料消費量
燃費
エアコンの性能=熱量÷電力消費量
COP
ルームエアコン
6.5
給湯機=熱量÷電力消費量
COP
エコキュート
4.0
投資効率=売上÷投資額
生産性=生産量÷投入量(時間、資源、エネルギー)
オフィス業務の効率=実績÷投入量(時間、資源、エネルギー)
46
効率化=環境対策
効率=アウトプット(成果)÷インプット
ロス=アウトプット(廃棄物)÷インプット
ごみ発生率=テーマパークのごみ総量÷入場者数
ごみ発生率=オフィルのごみ総量÷従業員数
ごみ発生率=オフィルのごみ総量÷売上
OA紙ごみ発生率=OA紙ごみ総量÷OA紙購入量
食品廃棄物発生率=食品廃棄物量(額)÷食材投入量(額)
食品リサイクル率=リサイクル量÷食品廃棄物量
47
USJの益々の発展と
先進的な環境への取組を
期待します
48
ダウンロード

全員参加の環境活動