第4章 資料の蓄積・保管
1.装備と配架
 装備
蔵書印、図書ラベル、その他のラベル、ブックディ
テクションテープの貼付
 雑誌の製本
 配架
分類配架法(相対的配架法)
別置式配架法
固定配架法
2.保存の方法
(1)環境の整備
1)温度と湿度
図書の保存に適した環境
温度13℃~18℃ 相対湿度55%~65%
2)光
あらゆる種類の光が、資料の劣化を促進する原
因。特に紫外線が有害。
3)磁気
2.保存の方法
4)カビ・細菌・塵埃
きれいな空気を巡回させる必要
5)虫害
6)災害
(2)資料の取り扱い方
3.酸性紙問題
(1)酸性紙問題の発端(アメリカ)
1930年代W.J.バローの研究により、1800年代後
半以後作られた紙は、100年程度でぼろぼろにな
ることが判明
(2)劣化の原因
硫酸バンドによるセルロースの分解
(3)酸性紙問題の対策
1)酸性紙で作られた本の処理
脱酸処理
2)中性紙の使用
3)電子媒体に変換する
物理的な保存をあきらめ、ディジタル化して保存
する
ダウンロード

パワーポイント5