哺乳動物卵子における染色体分配に関わる
細胞骨格再編成の制御機構の解明
弘前大学特別研究員 椛嶋(かばしま)克哉
農学生命科学部畜産学研究室
細胞骨格とは
アクチン繊維
(直径約6-7 nm)
中間径繊維
(直径約10 nm)
微小管
(直径約25 nm)
卵子の細胞骨格(微小管とアクチン繊維)
青:核/染色体,緑:微小管,赤:アクチン繊維
卵子の微小管とアクチン繊維の再編成に及ぼす
Rhoキナーゼ阻害剤Y-27632の影響
極体
極体放出率(%)
100
80
60
40
84%
78%
65%
10%
**
20
0
0
1
10
100
Y-27632(μM)
a
a:コントロール
b:Y-27632
青:染色体,緑:微小管,赤:アクチン繊維
b
Suzuki et al., Journal of Mammalian Ova Research, in press.
卵子の細胞骨格(中間径繊維,ケラチン)
a
b
c
第一減数分裂前期
第一減数分裂中期
第二減数分裂中期
青:核/染色体,緑:ケラチン
Kabashima et al., Reproduction in Domestic Animals, 2010.
ケラチンの再編成に及ぼす各種キナーゼ阻害剤の影響
a
b
a:コントロール
b:ロスコビチン
c:U0126
d:Y-27632
c
d
青:核/染色体,緑:ケラチン
Kabashima et al., Reproduction in Domestic Animals, 2010.
卵子細胞骨格の再編成とそれに関わるシグナル伝達経路
低分子量Gタンパク質Rho
RhoA
mDia
アクチン繊維形成
極体放出
(細胞質分裂)
Rhoキナーゼ/ROCK
微小管形成
紡錘体
Mos-MAPK経路
MPF(cdc2/cyclinB)
Mos
Cdc2キナーゼ(CDK1)
MAPキナーゼ(MAPK)
中間径繊維(ケラチン)形成
卵子強度付与?
ヒトの加齢卵子に観察される紡錘体形成の異常
Volarcik et al., Human Reproduction, 1998.
各種老化モデル
Klotho欠損マウス(寿命約2ヶ月)
日本クレアHPより
老化促進モデルマウス(寿命約10ヶ月)
公益信託成茂動物科学振興基金研究助成,2010年
『Klothoマウスは卵子老化研究のモデルとなるか?』
250,000円
財団法人日本科学協会笹川科学研究助成,2011年
400,000円
卵子のマニピュレーション技術
① 除核前
② ピペットの挿入
③ 除核中
④ 除核後
100 μm
ダウンロード

微小管とアクチン繊維 - 弘前大学研究推進部