後藤伸二郎
泰平コンサルタント株式会社
基本コンセプト
柳ヶ瀬は巨大ショッピングモール
お客様本位のアイディアを導入
今ある資源を活用しハコモノに頼らず
世代交代を促進し、持続的活力を創造
市民が共有し、参加し、運営
ひとづくり&まちづくりが相互連携
柳ヶ瀬の魅力
要素
ストロングポイント
ウィークポイント
ハード
大きく 屋根つき
比較的新しい
交通アクセス不便
ソフト
-
わかりにくい
たまりの場がない
移動がつらい
お店
多くてにぎやか
何があるのか不明
ブランドイメージ低
価格の不利
課題攻略の方針
アクセス利便性アップ 駐車場対策
わかりやすい編成
同種店舗集積
ゆったり空間の提供 連続たまり施設
安らぎ空間演出
大型植樹帯
移動をラクに
移動手段提供
イメージづくり
店舗誘致、出店支援
柳ヶ瀬ハッスルプログラム
Program1
テーマストリート
Program2
気軽にテンポ
Program3
緑と光の回廊
Program4
ホッと空間
Program5
安心パーキング
Program6
らくらく周遊バス
Program1
テーマストリート
まちの再編成
ストリート・エリアに
テーマを設定
同種店舗を集積
専門性を高める
わかり易いモール
Program2
気軽にテンポ(1)
誰でも気軽に店舗経営できる場の提供
テーマに沿った店舗の集積と活力アップ
店舗誘致・出店支援
休止状態店舗、世代交代店舗の活用
ターゲットは若い経営者・全国的に募集
安い家賃システム
節度ある価格競争協定
Program2
気軽にテンポ(2)
Program3
緑と光の回廊(1)
メインの通りを植樹帯の緑と花でつなぐ
さらに上空から光が差し込む回廊を創出
やすらぎを求めて人々が集う空間
大型グリーンベルトを設置
グリーンベルト上空はトップライト
グリーンベルトは市民オーナー制
(レンタルガーデン)
年1回のベストガーディナーコンテスト
Program3
緑と光の回廊(2)
Program4
ホッと空間(1)
ホッと一息できる空間の演出
ベンチやテーブルを配置
道草や井戸端会議も大いに歓迎
グリーンベルト付属の“ゆったりベンチ”
“まったりテーブル”の配置
Program4
ホッと空間(2)
Program5
安心パーキング(1)
自動車駐車のサービス水準の改善
時間を気にせず安心してお買い物
徒歩圏内に特約駐車場を指定
特約駐車場では指定時間内は無料
(例えば、10:00~18:00)
あるいは定額料金制(¥300/回)
時間外は購買額に応じ無料駐車券を進呈
Program6
らくらく周遊バス(1)
低床オープン式の電気自動車を運行
乗り降りをフリーとしお客様の移動を支援
お年寄りやお子様連れに嬉しいサービス
らくらく周遊バスの開発



低床オープン式(床高10cm)
電気自動車(ソーラーシステムから充電)
最高速度は3km/h
一定間隔運転(10分程度)
適宜減速または停車(いつでも乗降可)
Program6
らくらく周遊バス(2)
実現に向けて
店舗オーナー組織の強化と将来像の共有
経済的負担への認識
人的資源の育成
NPOの積極的な受入れと連携
行政との対話と役割分担
オプション
プログラム
OP1 店舗交換・賃借システム
OP2 協同広告発行システム
OP3 ゼロエミッションへの挑戦
後藤伸二郎
泰平コンサルタント株式会社
イラスト:株式会社ビバ企画
ダウンロード

柳ヶ瀬ハッスルプログラム - UAゼンセンのまちづくり