1
インストール・起動する
「SQS」
で検索
SQSホームページ
http://sqs-xml.sourceforge.jp/
動作環境
JavaSE 6以上 (JRE6)
AdobeReader等
PDF表示ソフト
IE/Opera/Firefox等
Webブラウザ
クリックすると、
[SourceEditor2.0]の
インストール/更新・起動
クリックすると、
[MarkReader2.0]の
インストール/更新・起動
2
SourceEditorで調査票ファイルを開く
※たとえば、「学校評価」の調査票のひな型の
「 .sqsファイル」を、教育委員会のWebサイトから
ダウンロードして入手する。
SourceEditor画面上に、
「.sqsファイル」をDrag&Drop
ココへ!
※将来的には、いろいろなWebサイトが、
.sqsファイルを公開・配布するようになることが期待される。
3
SourceEditorで調査票ファイルを編集する
タブで複数の
ファイルを
切り替え
ながらの、
同時編集が可能
アウトライン上で
選択をした部分が、
「編集対象ノード」と
して表示される。
ノードの種類ごとに
「編集対象ノード」の
GUIが作られ、
入れ子状に編成
される。
アウトライン形式で
階層的にノードを
表示・選択・編集。
ノードの種類ごとに
アイコンや表示ラベルの
カスタマイズが可能。
※.sqsファイル以外のXMLファイルも、
それなりに編集可能。
4
SourceEditorで調査票の印刷原稿を作成する
SourceEditorのツールバーの「PDFで印刷原稿をプレビュー」を押すと、
Webブラウザを通じて、
AdobeReaderなどが自動起動し、
調査票マークシートのPDFが開く。
普通紙に白黒で
両面印刷
調査票の量産
配布
回答者による回答
回収
5
調査票をスキャンして画像データにする
汎用の
ADF(自動紙送り)
装置付きスキャナで
スキャン
スキャン画像の解像度、色深度、
保存画像フォーマットは、任意でOK。
(ただしPDF形式には未対応)
ページ上下の■模様が重要!
スキャンの明るさ設定に注意!
汚損した原稿でもなるべく読み取る
6
MarkReaderへの入力データを準備する
ADFスキャナでスキャンした画像を、
「Sourceフォルダ」の中に格納する
ひとつの
フォルダに
まとめられた
入力データ
「Sourceフォルダ」
1ページ1ファイルで調査票を
スキャンした画像データ群
「ファイル名で並び替え」すると、
回答者順・ページ順に並ぶようにする
調査票の印刷原稿として
用いた「PDFファイル」を、
集計用のタネとして、
このフォルダに同梱する
回答者一人分は、
連続したファイル名になる
ようにする
7
MarkReaderでの処理を実行する
・・・・・・
Drag&Dropで
「Sourceフォルダ」を指定
ココ
へ!
TIPS
LAN内でMarkReaderをたくさん
起動しておくと、自動的に
分散並列して処理が高速化する
処理
index.html
Webブラウザが自動的に開き、
Ajax画面で出力結果を検索・閲覧可能
出力結果は、
「Resultフォルダ」の静的構造として生成
7
8
MarkReaderでの処理結果の修正・集計結果を利用する
Ajax画面で調査結果の修正をし、MarkReaderの
「Restart」ボタンを押す。
そうすると、
再集計が実施されて、
クロス集計データ、
CSV/Excelデータの
内容が更新される。
無回答エラー
マーク式回答欄の
自動読み取り結果の修正が可能。
自由記述式回答欄については
人力によるテキスト入力作業の
支援機能を提供。
多重回答
エラー
未入力の
自由記述欄
ダウンロード

の インストール/更新・起動