(2)水津商店の小売棚卸法の問題解答
(テキスト40頁)
商品の仕入原価に25%の利益を加算
定価販売
小売棚卸法の会計処理可能
6月1日:商品400円仕入
400円(原価)×1.25=500円(売価)
商品販売益:100円(=500円ー400円)
商 品
6/1
500
買掛金
6/1
400
商品販売益
6/1
(借)商 品 500
(貸)買 掛 金 400
(貸)商品販売益 100
100
6月8日:商品720円仕入、
150円小切手支払、残額は買掛金
 720円(原価)×1.25=900円(売価)
 商品販売益:180円(=900円ー720円)
商 品
6/1
6/8
買掛金
500
6/1
900
当座預金
××
6/8
(借)商 品 900
6/8
商品販売益
150
(貸)当 座 預 金 150
(貸)買 掛 金 570
(貸)商品販売益 180
400
570
6/1
100
6/8
180
6月15日:売上1,250円
商 品
6/1
500
6/8
900
(借)現
6/15 1,250
現 金
6/15 1,250
金 1,250 (貸)商
品 1,250
6月18日:商品640円仕入、
全額小切手支払
640円(原価)×1.25=800円(売価)
販売益:160円(=800円ー640円)
商 品
6/1
500
6/8
900
6/18 800
(借)商
当座預金
6/15 1,250
××
6/8
150
6/18 640
商品販売益
品 800 (貸)当 座 預 金 640
(貸)商品販売益 160
6/1
100
6/8
180
6/18 160
6月25日:商品480円仕入、
全額当座振込で支払い
480円(原価)×1.25=600円(売価)
商品販売益:120円(=600円ー480円)
商 品
6/1
6/8
500
900
6/18 800
当座預金
6/15 1,250
××
150
6/18 800
6/25 480
商品販売益
6/25 600
(借)商
6/8
6/1
100
6/8
180
品 600 (貸)当 座 預 金 480
6/18 160
(貸)商品販売益 120
6/25 120
6月30日:売上1,200円
商 品
現 金
6/1
500
6/15 1,250
6/15 1,250
6/8
900
6/30 1,200
6/30 1,200
6/18 800
6/25 600
(借)現
金 1,200 (貸)商
品 1,200
6月30日:決算処理
繰延未実現利益の処理
(未販売商品中の未実現利益を次期繰越)
商品販売益(当期実現分)を損益勘定へ
商品勘定を残高勘定へ
繰延未実現利益を残高勘定へ
6月30日:繰延未実現利益の処理
商品販売益
6/30 70
商 品
6/1
100
6/8
180
6/18 160
6/25 120
6/1
500
6/15 1,250
6/8
900
6/30 1,200
6/18 800
6/25 600
2,800
2,450
繰延未実現利益
6/30 70
(借)商品販売益 70
(貸)繰延未実現利益 70
差額350円
(原価280円(350÷1.25)
未実現利益70円)
6月30日:商品販売益を損益勘定へ振替え
商品販売益
損益勘定
6/30
70
6/1
100
6/30
490
6/8
180
6/30 490
6/18 160
6/25 120
560
560
(借)商品販売益 490
(貸)損益勘定 490
6月30日:商品残高を残高勘定へ
商 品
残高勘定
6/1
500
6/15 1,250
6/8
900
6/30 1,200
6/18 800
6/30
6/30
350
350
6/25 600
2,800
(借)残 高 勘 定
2,800
350 (貸)商
品 350
6月30日:繰延未実現利益を残高勘定へ
残高勘定
繰延未実現利益
6/30 70
6/30 70
6/30 商品 350
6/30 繰延
未実現利益 70
(借)繰延未実現利益 70
(貸)残高勘定 70
350円ー70円で、
結局商品原価は
280円となる。
7月1日:期首の開始記入
商 品
繰延未実現利益
7/1諸口 350
7/1
商品販売益
70
7/1 諸口 70
商品販売益
7/1 繰延未実現利益70
(借)商
品 350 (貸)諸
(借)諸
口
(借)繰延未実現利益
口 350
70 (貸)繰延未実現利益
70
70 (貸)商 品 販 売 益 70
7月5日:商品800円を掛仕入
800円(原価)×1.25=1,000円(売価)
商品販売益:200円(=1,000円ー800円)
商 品
商品販売益
7/1 350
7/1 70
7/5 1,000
7/5 200
買掛金
7/5 800
(借)商 品 1,000
(貸)買 掛 金 800
(貸)商品販売益 200
7月12日:商品640円仕入、
全額小切手支払
 640円(原価)×1.25=800円(売価)
 販売益:160円(=800円ー640円)
商 品
7/1
300
当座預金
××
7/12 640
7/5 1,000
7/12 800
(借)商
商品販売益
品 800 (貸)当 座 預 金 640
(貸)商品販売益 160
7/1
70
7/5
200
7/12 160
7月15日:1,100円売上、
200円掛け売り、残額は現金売り
商 品
7/1
300
7/15 1,100
売掛金
7/15 200
7/5 1,000
現 金
7/12 800
7/15 900
(借)売 掛 金 200 (貸)商
(貸)現
金 900
品 1,100
7月21日:商品960円仕入
 960円(原価)×1.25=1,200円(売価)
 商品販売益:240円(=1,200円ー960円)
商 品
商品販売益
7/1
70
7/5 1,000
7/5
200
7/12 800
7/12 160
7/21 1,200
7/21 240
7/1
300
7/15 1,100
買掛金
(借)商
品 1,200 (貸)買 掛 金 960
7/5 800
(貸)商品販売益 240
7/21 960
7月31日:現金売上1,200円
商 品
7/1
300
7/15 1,100
7/5 1,000
7/21 1,200
現 金
7/15 900
7/21 1,200
7/12 800
7/21 1,200
(借)現
金 1,200 (貸)商
品 1,200
7月31日:決算処理
繰延未実現利益の処理
(未販売商品中の未実現利益を次期繰越)
商品販売益(当期実現分)を損益勘定へ
商品勘定を残高勘定へ
繰延未実現利益を残高勘定へ
7月31日:繰延未実現利益の処理
商品販売益
7/31 210
商 品
7/1
70
7/5
200
7/12 160
7/21 240
7/1
350
7/15 1,100
7/5 1,000
7/31 1,200
7/12 800
7/21 1,200
3,350
2,300
繰延未実現利益
7/31 210
(借)商品販売益 210
(貸)繰延未実現利益 210
差額1,050円
(原価840円(1,050÷1.25)
未実現利益210円)
7月31日:商品販売益を損益勘定へ
商品販売益
損益勘定
7/31 210
7/1
70
7/31 460
7/5
200
7/31 460
7/12 160
7/21 240
670
670
(借)商品販売益 460 (貸)損益勘定 460
7月31日:商品勘定残高を残高勘定へ
商 品
7/1
残高勘定
300
7/15 1,100
7/5 1,000
7/21 1,200
7/12 800
7/31 1,050
7/31 1,050
7/21 1,200
3,350
3,350
(借)残高勘定 1,050 (貸)商
品 1,050
7月31日:繰越未実現利益を残高勘定へ
繰延未実現利益
7/31 210
7/31 210
残高勘定
7/31 1,050
7/31 210
1,050円-210円で、
結局商品原価は
840円となる。
(借)繰延未実現利益 210 (貸)残高勘定 210
ダウンロード

『簿記詳論』第2章39頁 演習問題解答