肢体不自由(人工関節等置換者)の
診断書・意見書を作成される医師の皆さまへ
平成26年4月1日から肢体不自由(人工関節等置換者)の身体障害認定
基準が変わります。
医療技術の進歩により、人工関節等の置換をされても、社会生活に大きな支
障がない程度に日常生活活動(ADL)が改善される方が多くなったことから、医
学的見地から検討を行い、平成26年4月から認定基準を見直すこととしました。
平成26年4月1日以降は新たな基準での診断書・意見書の記載を
お願いします。
◎人工関節等の置換をされた方(肢体不自由)
平成26年3月まで
平成26年4月から
置換術後の障害の状態(関節可動域等)
を評価し、
【股関節・膝関節】
一律4級に認定
【股関節・膝関節】
4級、5級、7級、非該当のいずれかに認
定
【足関節】
一律5級に認定
【足関節】
5級、6級、7級、非該当のいずれかに認
定
平成26年4月1日以降の申請から新たな認定基準の対象になります。
ただし、平成26年3月末までに診断書・意見書が作成された方については、
同年6月末までに申請すれば従来の基準で認定されます。(裏面参照)
◎ 診断書・意見書の作成に当たっての留意事項
平成26年4月からは、人工関節等の置換術後の経過の安定
した時点※の機能障害(関節可動域等)の程度で認定します。
※症状の経過などにより、それぞれの事例で判断な可能な時点
人工関節等の置換をされた方の診断書・意見書の作成に
当たっては関節可動域等の所見の記載をお願いします。
また、人工関節等の置換術を実施した年月日を「参考となる
経過・現症」欄に記載してください。
◎ 経過措置
今回の変更は4月1日以降に申請された方から適用されます
が、3月末までに診断書・意見書が作成された方は、6月末ま
でに申請すれば従来の基準で認定されます。
(例)
手術
3月10日
3月までの基準
で手帳交付
4月1日
診断書
意見書
3月25日
6月30日
申請
4月2日
ご不明な点、その他の詳細については、指定を受けている自治体の担当窓
口までお問い合わせください。
【問い合わせ先】
○○県(市)○○課○○係
電話 ○○○ー○○○ー○○○○
ダウンロード

肢体不自由