特集
[2]
天然ガス、分散型エネルギーシステムで新たな社会を
■総合エネルギー効率の比較
〈従来方式による発電システム〉 〈天然ガスコージェネレーションシステム 解 説 〉
エネルギーを賢く使う
「スマート化」を促 進する
豊富でクリーンな天然ガスで、青い地球を守りながら、
「未来の暮らし」
をスマートにしていきたい、
そんな、想いを込めたスローガン
「ガ、スマート!」。
天然ガスで、暮らしガ、街ガ、未来ガ、スマートになっていきます。
LNGの
ローリー供給
「分散型システム」
と
「大規模
集中型
(供給)
システム」
の
ベストミックス
天然ガス
トラックによる
都市間輸送
天然ガス自動車
による
都市間輸送
バイオガスの
オンサイト利用
今、問われているエネルギーのあり方
東日本大震災後、
エネルギーに関して、環境性、供給安定性、経済性
に加え、安全性・信頼性の確保ということが改めて認識されるなか、分
散型エネルギーシステム、エネルギーの有効利用が求められていま
す。大規模集中電源と分散型電源のベストミックス、エネルギーの有
効利用と単一のシステムに偏らないエネルギーの多様性の確保が求
スマートエネルギー
ネットワーク
(都市部) P12
解 説 の導管導入
バイオガス 熱と電気の
高度利用
解説
再生可能エネルギー との
ベストミックス
COSM
められるなか、天然ガスへの期待が今まで以上に高まると考えていま
熱
す。こうした期待に応えるべく、当社は、天然ガスの普及拡大、
コージェ
ネレーションなどの導入拡大を図ります。
(非常用発電機兼用)
LNG 燃料
による船舶
COSM
解説
ガスを利用したコージェネレーションなど分散型エネルギーシステム
の意義だと私たちは考えています。
LNG火力発電所
天然ガスの特性を活かし
新たなエネルギーミックスの実現に貢献していきます
らつくり出される電気と熱を組み合わせ、情報通信技術(ICT)でエネ
ルギーの最適利用を実現するスマートエネルギーネットワークの構築
次世代をリードする技術の更なる研究開発と実用化
家庭用燃料電池、業務用コージェネレーションシステム、ガス冷暖
高効率LNG船
水素ステーション 解 説
冷熱発電 解 説
大阪ガス
(株)代表取締役 副社長執行役員 経営企画本部長
北前 雅人
エネルギー・セキュリティの確保という観点から、天然ガスが果たす役
都市ガス製造所
割はこれまで以上に高まると考えています。そして、
お客さまの行動様式や社会インフラの変革
に柔軟に対応しながら、抜本的な省エネルギー対策に貢献していくことが私たちに期待されて
房システムの更なる高効率化とコストダウンなど分散型エネルギー
います。そのため、
より発電効率の高い家庭用燃料電池の開発と普及、情報通信技術を活用
社会の実現に向けた取り組み、バイオガス・水素製造などの技術開発
を進めています。
P11
コンバインドサイクル
さらに、地域単位で、再生可能エネルギーとコージェネレーションか
など、
エネルギーのベストミックスを追求し、低炭素社会の実現と社会
スマートハウス
ガス
に寄与し、あわせて我が国の経済成長に貢献できること、
これが、天然
コストの低減の両面に取り組んでいきたいと考えています。
COSM
コージェネレーション
工場、店舗・オフィス、
ご家庭のそれぞれで、エネルギーの高効率利
セキュリティ向上の実現を通じて、強靭なエネルギー供給構造の構築
電気
ガス
大阪ガスが考える分散型エネルギーシステム
解説 、
用や、電力需要のピークカット 停電時の自立運転機能による電源
「分散型システム」
と
「大規模
集中型
(供給)
システム」
の
ベストミックス
し、
お客さまにご負担をかけずにトータルのエネルギー利用率を高めるスマートな暮らしとビジネス
の実現、太陽光発電と家庭用コージェネレーションを組み合わせた「ダブル発電システム」
など、
燃料電池自動車
多様なサービスの提供を加速させています。新たなエネルギーミックスの実現に向けて、
グルー
プ一体となってエネルギー事業者としての責任を果たしていきます。
メガソーラー
09
大阪ガスグループ CSR レポート 2012
風力発電
大阪ガスグループ CSR レポート 2012
10
特集
[2]
天然ガス、分散型エネルギーシステムで新たな社会を
ご家庭や地域で、天然ガスコージェネレーション や再生可能エネルギー など分
散型エネルギーシステムによる創エネと、それらをネットワーク化することで、省エ
ネとエネルギーセキュリティ強化を実現するスマートな社会の構築に貢献します。
解説
解説
地域で…
「スマートエネルギーネットワーク」の開発
「ガスコージェネレーション+再生可能エネルギー+I
CT」
でエネルギーコミュニティを形成し、エネルギーの
ご家庭で…
■エネルギーセキュリティの向上
融通だけでなく、分散型電源を束ねて統合制御するこ
とにより、3つの新たな価値を提供する次世代のエネル
ギーシステムです。
「スマートハウス」
フラッグシップモデルの開発
“3電池”
(燃料電池・太陽電池・蓄電池)
を組み合わせて、
CO2排出ネットゼロの暮らしを追求しています。
「スマートハウス」
のフラッグシップモデルを研究開発中です。電気と熱
を賢く
(スマートに)
「 創る・貯める・使う」
ことにより、快適で環境にやさし
い暮らしの実現を目指しています。2011年2月から
「技術評価住宅」
「居
住実験住宅」
の2棟の実験住宅で実証試験を実施しています。
①更なる省エネ・省CO2の推進
②エネルギーセキュリティの向上
スマートハウスを支える 3つの電池
③再生可能エネルギーの導入促進
ガスコージェネレーションは、非常用発電機として利用できるなど、単独でもエネルギー
大阪ガスは、2010年度から東京ガスと共同で経済産
■燃料電池「エネファーム」
セキュリティ向上に貢献するシステムです。スマートエネルギーネットワークは、分散した
業省の「分散型エネルギー複合最適化実証事業」
に参
水素と酸素を反応させ発電し、
その時に発生
コージェネレーションを統合制御し、大きな発電所と同じ役割を担うことで、
ネットワーク
画しており、当社では9件のお客さまにご協力をいただ
する熱を住宅で利用。2012年4月には、高い
全体の安定性を更に高めることを目指します。
いて実証事業を進めています。
発電効率(46.5%)の固体酸化物形燃料電
解 説「エネファームtype-S」
池 を発売しました。
■太陽電池
太陽光で発電したCO 2ゼロの電力を
利用することで、社会全体のCO 2削減
に貢献します。
■蓄電池
燃料電池と連携して充放電を行うことで、燃
料電池の運転を省エネルギー性が最大限ま
で発揮できるようにします。
赤字:燃料電池の排熱利用
青字:電気の利用
「スマートハウス」向け設備の普及
大阪ガスでは、家庭用コージェネレーションシステムと太陽電池を組み合わせた
「ダブル発電」
や、ご家庭のエネル
解説
ギーを見える化する
「エネルック P L U S 」
など
「スマートハウス」
向け設備の普及に努めています。新築住宅はもと
より、
リフォームにおいても導入を促進しています。
■家庭用コージェネレーションシステム、
ダブル発電の普及状況(累計)
■ダブル発電
家庭用コージェネレーションシステム累計販売台数
(台)
ダブル発電 累計販売件数
100.000
80,000
65,457
73,404
(件)
5,369
81,357
5,000
40,000
ある
(株)
ガスアンドパワーが大阪市此花区、
❷デマンド
レスポンス募集
(メリット提示)
4,000
1,000
931
大阪ガスグループ CSR レポート 2012
低炭素社会の実現に向けて、関係会社で
岡山県勝田郡勝央町、和歌山県有田郡広川
2,000
20,000
11
お客さまのコージェネレーションの出力増加を促し、電力需給逼迫の緩和に貢献するデマンド
3,000
2,816
2009
❽需給逼迫
による
費用増加
を回避
❼ネガワット 解 説
❾メリット
2010
2011
再生可能エネルギー
レスポンスの取り組みを2012年6月より開始しました。
❶需給逼迫情報
60,000
0
コージェネレーションシステムによるデマンドレスポンス
0
❻お客さまの
ネガワットを
取りまとめ
お客さま
(複数)
❸デマンドレスポンスへ
応募
(任意)
❺ネガワット
町の3カ所で、合計約3,500kWのメガソー
ラー建設を進めています。いずれも2013
年3月末までに運転を開始する予定です。
解 説 の活用も進めており、
また、バイオガス 神戸市東灘区の下水処理施設から年間約
80万㎥を受け入れています。
メリット
❹コージェネレーション
発電出力増
(ネガワット創出)
大阪ガスグループ CSR レポート 2012
12
ダウンロード

エネルギーを賢く使う「スマート化」を促 進する