慶祝
第44回九州ブロック家畜保健衛生業績発表会
農場段階におけるQAP(品質保証計画)
鹿児島大学 岡本嘉六
2003年2月14日
畜産物安全性確保のためのセミナー
1.特別講演:安全な畜産物を生産・供給する新しい時代
鹿児島大学農学部 教授 岡本 嘉六 先生・・・・・・・・・・・・・・・・・90分
2.農林水産省がすすめる家畜生産段階のHACCPとは
東京食糧安全研究所(主宰) 獣医学博士 茶薗 明 先生・・・55分
3.HACCP定着のための効果的な作業手順
㈱アトルHACCP推進室
川原 俊介 氏・・・・・・・・・・・・45分
4.質疑応答・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30分
北部会場(鳥栖市JAグリーンセンター)
平成15年2月5日13時~17時
南部会場 (鹿児島空港ホテル)
平成15年2月6日13時~17時
目的: 畜産の現況に即した家畜衛生事業の改善向上に資する
作成に至る背景
1996 境市学校給食事故(O157)
1998 卵の賞味期限表示(SE)
香港新型インフルエンザ
1999 テレビ朝日ダイオキシン報道
2000 雪印黄色ブドウ球菌事故
2001 テレ朝判決・控訴
BSE発生
HACCP: 安全性向上の新
しい方法論であると同時に、
衛生管理記録を残し第三者
に確認してもらうことにより
生産者を保護する。
畜産物生産衛生指導体制整備事業
1996-2001
HACCPに基づく衛生管理手法の導入
生産効率を高める
安全性を向上させる
日本鶏卵HACCP認定機構
1999年5月
農林水産省 「家畜
畜産物生産衛生指
導体制整備事業」
専門委員会
専門委員
茶薗 明(東京食糧安全研究所主宰・鹿児島大学客員教授)
小久保彌太郎(日本食品衛生協会技術参与)
元井葭子 (独立行政法人家畜衛生研究所部長)
酒井健夫(日本大学生物自然学部獣医学科教授)
小川益雄(日本食品分析センター技術顧問)
㈲東京食糧安全研究所:HACCP作業部会
統 轄 茶薗 明(東京食糧安全研究所主宰)
委員長 佐藤懇一(東京食糧安全研究所)
委 員 平野誠一(共立製薬㈱)
委 員 渡辺邦雄(共立製薬㈱)
1999年時点では生産者の理解が
委 員 小野原節雄(㈱アトル)
得られなかったが、今やこれしか
委 員 川原俊介(㈱アトル)
道がないことが理解されつつある。
委 員 桜木正美(㈱アトル)
委 員 杉浦嘉明(㈱鶏卵肉情報センター)
委 員 立石 亘(㈱鶏卵肉情報センター)
委 員 佐藤徳重(フードテクノエンジニアリング㈱)
委 員 大貫勝彦(㈱フロンティア インターナショナル)
委 員 井上敏雄(㈱ウエルオン)
指導者 山本茂貴(国立医薬品食品衛生研究所食品衛生管理部部長)
指導者 田中信正(新潟薬科大学教授・JHTC理事長)
指導者 岡本嘉六(鹿児島大学農学部教授)
指導者 小久保彌太郎(日本食品衛生協会技術参与)
指導者 伊藤 武(財)東京顕微鏡院(食と環境の科学センター所長)
な
ぜ
今
認
証
機
構
が
必
要
か
日
本
鶏
卵
H
A
C
C
P
認
定
機
構
家畜の生産段階における衛生管理ガイドライン
生産局 畜産部 衛生課 松岡 鎮雄
農林水産省から-畜産の情報(国内編)平成15年2月号-
生産現場のHACCPガイドラインの策定
―経緯,現状,今後の対応について―
小野寺 聖(農林水産省生産局畜産部衛生課課長補佐)
日本獣医師会雑誌、平成15年2月号
平成14年度 畜産振興主要事業一覧
5.家畜衛生対策
事業名:畜産物生産衛生指導体制整備事業
実施主体:県
事業内容 :生産衛生管理ガイドラインのモデル実施等
備考:国庫
本ガイドラインは、下記のステップを経て14年9月30日に策定された
第1段階:HACCPシステムによる衛生管理モデル導入に係る調査・検討 ・普及・啓発
第2段階:HACCPシステムによる衛生管理基準の作成
第3段階:衛生管理ガイドラインの検証・策定
図2 畜産物生産衛生指導体制整備事業
指導体制
松岡 鎮雄氏
生産衛生管理体制整備事業
2002-2004
農林水産省生産局長通達
14生第2738号: 平成14年9月30日
第三者による検証体制の構築
最も大切な点は、「誰が費用を負担するか」である。
行政が国民の税金を使ってやるのか= 「護送船団方式」
それとも
受益者が「安全性に対する対価」として負担するのか
今や、「自己責任の時代」に突入している!
良
好
な
関
係
を
築
く
た
め
の
、
保
証
シ
ス
テ
ム
コ
ス
ト
を
価
格
に
上
乗
せ
し
、
生
産
者
と
消
費
者
の
衛
生
対
策
官財
吏源
・
税が
金な
増い
一
に律
よ
り規
消制
費は
者生
負産
担者
もの
破
重綻
く、
な
る
農畜水産物流通の国際化の進行と国際基準 (1999)
ー グローバル・スタンダードとは ー
危険性の管理(マネジメント)
は、生産者が査定で提起され
た管理措置と管理基準が実施
可能なものであるか否かを検
討し、可能となれば実行し定期
点検等の監視体制をとる役割
危険性の査定(アセスメント)は、
各方面の専門家によって、実験や
調査に基づく科学的根拠から当
該物質によってヒトで起きる健康
被害を予測し、100万人に1人程
度の確率に抑え込むための管理
措置と管理基準を策定する役割
危険性の情報交換(コミュニケーション)は、査定と管理の連
携が円滑にいくようにする企画・立案、組織化、進行の調整、
成果の評価を行う危険性解析における第三者的存在であり、
生産者と消費者の情報交換も担う役割
九州
九州農政局
九州農試
九州農政局
食品衛生問題の解決に獣医療が果たすべき役割
検査官としての役割にとどまらず、21世紀の食
の問題について、包括的指針を提示すること
地方化の時代を切り開くために
全国一律ではなく、より高度なサービスを提供する
道産食品安全確保特別対策事業費(HACCP推進事業)
段階
評価
保健 福祉部
7以上:☆☆☆☆
HACCPに基づいた高度な自主管理を実施しています。
実施期間(始期)11
年~13 年(期限)
6 :☆☆☆
HACCPに基づいた自主管理に積極的に取り組んでいます。
5 :☆☆
HACCPに基づいた自主管理に取り組んでいます。
関係課・関係事業:水産林務部水産経営課、農政部酪農畜産課・
4 :☆
自主管理ができておりHACCPに基づいた取り組みが可能です。
流通対策課、経済部地域産業課、総合企画部経済企画室
3 :
自主管理に積極的に取り組んでいます。
環境生活部消費生活課
1~2:
自主管理に取り組み始めました。
予算額(千円):平成11
年度 13 ,383
1未満:
もう少し努力しましょう。
「北海道だからできる」と言い訳せず、
「九州は一つ」でやってみようではないか!
ダウンロード

その5(7.66Mb) - 鹿児島大学 共同獣医学部 ホームページ