バリアフリーのための心理学10
(2)
車椅子
望月昭 [email protected]
HP: 望月昭のホームページ
ブログ:対人援助学のすすめ
1
前回の復習
• 「社会参加」とは?
• 「できる」=
正の強化で維持される行動が成立
• 「他立的自律」:障害の有無に関わらず、
これが一般的(?)
• 「他立」=援助つき行動=人間の行動
(の大部分)
• 「援助」のありかたは要検討
2
コメント・ピックアップ
• 精神的な疾患・障害を持っている人に対する「バ
リアフリー」対策は考慮されないのか?
• バリアフリーというと、障害者の「自立的自律」を
イメージしてしまう。それは障害者に求めすぎ。
「ひとりで生きるように」ではなく、「自由でいられ
るように」、だから他立的自律でバリアフリー
• バリアフリーは物理的問題かと思っていた。
• ノーマリゼーションの思想をはっきり実現するの
は難しい。何でも受け入れる体勢は容易ではな
い。しかし、近くの運送会社で右腕をなくしたト
ラック運転手を事務所で作業できるようにしてい
るのをみたとき、こういうのは良いなと感じた。
3
・乙武洋匡さんの「五体不満足」の中で、「むやみに助けをさし
のべないでほしいといったようなことを述べていた。自分ででき
ることは自分で、ということを障害者の方は考えているし、同情
されていると思うのと辛いのだと思う。
・自立的自律、・・、すべて社会参加は可能である。問題は、社
会が受け容れる体制が取れているかが問題。やる気も四種で
変わってくるだろう。自律であれば向上し他律であれば低下す
るのでは?
・援助があってもいいから本人に自由を確保されれば自由な社
会生活を送れるが、いつも援助があるわけではないし、援助し
続けるのは大変。それでも「自律」をささえてあげたいと思えば、
援助することで自由を手に入れることは可能。ただプライバ
シーの問題などで、援助がある中で、本当の自由を手に入れ
ることができるか?
4
「できる」を成立させるための支援
5
バリアフリー概念の問題
●多数派と異なる反応形態を持つ個人が、
1)多数派と同じ資源へのアクセスを
求めることと想定するのは正しい
か?
2)単にアクセスできればよいのか?
6
車椅子といえば 1
「リアル」 井上雄彦
7
車椅子といえば 2
鬼警部アイアンサイド(1969~1975)
• http://www.scn-net.ne.jp/~rasen/ironside_copy
湘南ケーブルネット「螺旋」から
8
アイアンサイド
1台目
バリアフリ-のオフィスに介護人を従
えて登場したアイアンサイド。 (略)
介護一切を任されたマークは、元不
良の黒人青年で、アイアンサイドの介
護をしながら高等教育を受け、更生中
という設定。・・・・
マークはアイアンサイドの命ずるま
ま、アイアンサイドを、いつ、いかなる
場所へも速やかに移動させることを決
して厭わない。
9
アイアンサイド
2台目
•
・・3シーズン目か4シーズン目だか
定かでは無いが、アイアンサイドの車
椅子は電動化され、マークはアイアン
サイドの車椅子を押す仕事からは解
放されたが、側を離れることは無く、電
動の昇降用リフトが装備されたバンの
運転も相変わらず行っていた。
10
アイアンサイド
3台目
3台目に至って、アイアンサイドは、自分
の手で車椅子をこぎだし、単なる車椅子に
乗った警部として登場することになる。車椅
子を押すことが無くなったマークは介助者か
ら刑事へと変身していった。
・・・・・・ステータス・シンボルとも言えそう
な先端技術の固まりとも言える電動車椅子
に頼るより、自分の力で車椅子を漕ぐことが
何より格好良いことに気がついたのが一番
11
の理由では無いか思われる。
アイアンサイド
介助者付きの車椅子は、いかにも
重要人物らしくてカッコイイ。
• 電動車椅子は最新テクノロジーを
購入できる財力を感じさせてカッコイ
イ。
• 自分の車椅子なのだから、自分で
こぐのが一番カッコイイ。
・
12
車椅子といえば
車椅子マラソン
http://www.youtube.com/watch?v=tKkf59m
42Ds&feature=fvw
13
2つの研究事例
• 1)スロープは正しく設定されているか?
( 基礎実験心理学の応用)
・ 2)車椅子ユーザに対する対応の諸相
14
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/re/krsc/hs/hs/publication/files/ningen_3/3_037-46.pdf
立命館大学人間科学研究第3巻
15
16
車椅子利用者の飲食店利用における
心理的バリアに関する調査
-人的援助関係から生まれる疎外感について-
高野啓司(2001)
NEDO 報告書資料から
●ファストフッド・レストランにおける接客場面
●車椅子利用者にどのように対応するか?
17
いきさつと目的
• 脳性麻痺のある車椅子ユーザから、健常
者と共にレストランを利用した場合、「障害
のある車椅子ユーザには声をかけない」と
いった意見があった。
店員の対応における心理的バリア(疎外
感)に関する実態調査を行い、その解消に
必要と思われる援助(機器)対策を考察す
る。
18
方法(1):
高野啓司
(2001)
車椅子ユーザと健常者のペアが、後者が車椅子を押し
ながらファーストフードレストランに来店。
来店から会計までの一連の行動の中で、
1)店員の視線、
2)声かけなどの接客行動
VTRで記録し分析
19
方法(2)
「車椅子ユーザ+介助者」(車椅子を健常者
が利用している場合と、重度の脳性麻痺
を持つ成人の場合あり)と「非車椅子ユー
ザ+非車椅子ユーザ」(両名とも男性の場
合と男女の場合あり)の組み合わせで、計
33試行のレストラン利用状況で検討した。
20
結果
高野啓司
(2001)
●(車椅子ユーザからクレームのあった)来店時の声かけ、につ
いては、特に、車椅子ユーザを無視するといった傾向はみられ
なかった。
●食品注文時、「以上でよろしいですか」の店員の視線は、16試
行中、車椅子ユーザに向けられたことは一回もなかった。
●支払い時に、「お会計はごいっしょですか」という発声頻度は、
車椅子-非車椅子のペアの場合では18%(3/16)という低率で
あった(車椅子ユーザが実際に脳性麻痺を持つ個人の場合、1
回も尋ねられることはなかった)。
21
高野啓司
(2001)
これらの結果は、
●店員は車椅子ユーザを無視しているわけではないが、
車椅子-非車椅子のペアの場合、車椅子ユーザを消
費の主体として捉えにくい。
●車椅子ユーザが最初に注文するといった消費行動の
イニシャティブをとっている場合においても、非車椅子
の同伴者はあくまで車椅子ユーザの消費行動の「援助
者」として存在し、両名が対等な存在であるような接客
対応がとられにくい傾向を示している。
22
どこに問題(課題)があるのか?
• お店の店員さんに非はあるのか?
• 「話かける」(言語行動)は、どんなふうに
一般的に成り立つのか?
• 自然な随伴性に任せていては解決がつ
かないのなら、どんな解決策があるだろ
うか。
23
車椅子という「記号」
http://azoz.org/archives/200408311259.php
24
ダウンロード

アイアンサイドを