重度障害者等包括支援を円滑に
実施するためのサービス利用計画
療養プラン作成の目標
•
•
•
•
•
•
多くの在宅ALS療養者は家族介護とホームヘルプサービスの充実を望んでいるが、家族の休養のため
には、良質な施設でのデイケアや短期入所なら致し方ないと考えている。ただし、自分の介護に慣れた
ヘルパーの同行を必要条件と考えている。
一方、家族以外の者の介護を受けつけない患者や家族も少なくない。そのような家族を放置すればDV
やネグレクトに発展するため積極的な介入が必要である。患者家族が制度を利用しないのは、ニーズが
ないからではなく、事業所がない、自己負担を支払いたくない、制度やヘルパーが使いづらいことに原因
があると考えるべきである。制度を利用したくないという療養者と家族の「自己決定」を尊重すると、双方
ともQOLは改善されずケアの質の低下につながる。
したがって、家族と他人の介護をバランスよく配置し、療養者と家族双方のQOLの向上と社会参加の
実現を目標とする療養プランが求められている。
もしALS療養者の同居者に別の障害者や高齢者、病人、幼児がいれば、なおさら十分な医療的、福祉
的支援がそれぞれ必要であることから、本プランは療養者のみならず、家族も包括的に支援することを
目標としている。(家族に介護を期待できない者は24時間365日途切れることのないケアプランを別途
検討する必要がある)
重度障害者等包括支援対象者の国庫負担基準と介護保険(要介護度5)の合計と医療保険による訪問
看護にかかる費用の合計を財源とするケアプランを想定した。それ以上の給付が必要となるケースでは
市区町村ごとに支給量の増額を行うことを想定している。
日中独居あるいは完全独居の者は、医療職や地域保健所による見回り・見守りが必要である。そのため
には、訪問看護を複数回利用して安全を確認してもらうか、療養通所介護を利用する。家族の目が届か
ない療養ケースでは、医療職による安全確認や相談は必要不可欠である。
包括的な支援が有効と考えられるケース
1、呼吸療法開始前の在宅療養 ④
2、中間施設での在宅移行準備 ③
3、自宅療養での日常的なレスパイト ①
4、福祉ホームでの療養(家族同居) ③
5、家族の就労・就学支援 ②
6、医療系デイケアと重度訪問介護の併用 ④
療養通所介護と重度訪問介護の併給
・療養通所介護
・地元の宿泊施設
重度訪問介護
包括支援
訪問看護ステーション
訪問
自宅
重度訪問介護
在宅移行時の中間施設
保健所、福祉事務所
病院
医師の往診
病棟看護師の訪問
MSWの相談支援
中間施設
訪問
・退院訓練
・レスパイト
包括支援
自宅
ケアマネ
診療所
訪問看護
介護事業所
福祉ホームで家族同居
施設(福祉ホーム)
患者と家族
包括支援
在宅医療チーム
訪問看護・訪問介護・重度訪問介護
ALSの事例①ステージ1 サービス利用計画(目標:週一回レスパイト)
4:00
6:00
8:00
10:00
8
重度訪問
入浴
介護保険
介護
保険
金
4
重度訪問
介護保険
1.5
訪問
看護
重度訪問3
重度訪問3
入
浴
4
重度訪問
介護保
険1.5
訪問
看護
短期レスパイト
福祉ホーム個室か、
療養通所介護
【目標】
週一回、近くの施設や外出でのデイレスパイト。
患者は、家族以外の介護を受け入れず、レスパイ
入院もかたくなに拒否しているため、家族に疲労が
蓄積し介入が必要になった。日中離れる訓練を週
一回行い、様子をみる。
22:00
5
重度訪問
移動2人体制 3
8
重度訪問
20:00
重度訪問5
土
日
18:00
レスパイト(重度2人体制)
+α(訪問看護、家族、ボランティア)
訪問
看護
木
16:00
重度訪問3
介護保
険1.5
水
14:00
5
重度訪問
介護保
険1.5
月
火
12:00
重度訪問3
5
重度訪問
重度訪問3
重度訪問介護 週82時間(月328時間)
デイケア週1回(身体障害者施設か福祉ホーム個室で月4回)
介護保険 週1.5時間×6回
入浴介護 週2回
訪問看護 週3回
【ポイント】
・ 本人とのコミュニケーションが可能なヘルパーが付き添うことで、短期レスパイトが可能となる。他人の介護を利用する必要性を知り、自分で
指示ができるように、コミュニケーションも工夫する。家族は最初は同行しても、徐々に自分の時間を持ち、患者から離れる努力をする。
介護の長期化をにらんで、在宅初期からこのようなプログラムを導入することは非常に大切である。
【その他】 介護保険は身体介護、訪問入浴等で使う。訪問看護は必要に応じて行う。
24:00
ALSの事例①ステージ2 サービス利用計画(目標:週一回外泊)
4:00
6:00
8:00
訪問
看護
月
火
10:00
8
重度訪問
介護保
険1.5
入浴
介護保険
訪問
看護
水
12:00
介護保
険1.5
14:00
16:00
3
重度訪問
日
入浴
介護保険
短期レスパイト
福祉ホームの個室などを
利用する
レスパイト(2人体制)+α(看護、家族、ボラ)
介護保
険2
重度訪問3
重度訪問3
5
重度訪問
移動2人体制 3
重度訪問3
8
重度訪問
【目標】
①の1で他人による介護に慣れてきたら、一泊の
外泊訓練をおこなう。慣れたヘルパーの二人体制
なら、必要なケアがどこでも指示ができる。必要に
応じて、レスパイト先でも訪問看護や往診を行う。
24:00
重度訪問3
介護保険
2
重度訪問5
3
重度訪問
22:00
5
重度訪問
訪問
看護
金
20:00
5
重度訪問
木
土
18:00
重度訪問介護 週76時間(月304時間)
一泊レスパイト 週1回(月4回)
移動介護往復2時間月(8時間+24時間)、
介護保険 週(1.5時間×4回+2時間×2)
入浴介護 週2回
訪問看護 週3回
【ポイント】
・ 本人とのコミュニケーションが可能なヘルパーが二人体制で付き添うことで、安心感が得られるため、
短期レスパイトが必要に応じて実施できるようになる。
【その他】 介護保険は身体介護、訪問入浴等で使う。訪問看護は必要に応じて行う。
ALSの事例② サービス利用計画(目標:家族の就労・就学支援)
4:00
水
木
8:00
10:00
介護保険2.5時
間
月
火
6:00
重度6時間
重度6時間
重度6時間
12:00
14:00
16:00
療養通所介護、または外出支援
18:00
重度3時間
重度訪問(6時間)
訪問
介護保険2.5時
看護
間
重度3時間
介護保険
訪問
看護
重度3時間
訪問
介護保険2.5時
看護
間
重度3時間
介護保険
訪問
看護
重度3時間
介護保険2.5時
間
療養通所介護、または外出支援
重度3時間
重度6時間
介護保険2.5
訪問
看護
時間
重度3時間
介護保険
土
重度6時間
介護保険2.5
時間
重度3時間
介護保険
日
重度6時間
訪問
看護
重度3時間
24:00
重度訪問(2時
間)
重度訪問(4時間)
重度訪問(2時
間)
重度訪問(4時間)
重度訪問(2時
間)
重度訪問(4時間)
2人体制(5時間)
・週二回、療養通所介護を利用。慣れたら宿泊レスパイトも。
慣れ親しんだヘルパーの付き添いが条件。
・移動に重度訪問2人体制。重度訪問介護369時間と介護保険の
ホームヘルプを利用。
・必要に応じて、通所介護を外出支援に切り替えることができる。
・日曜は家族でゆっくり過ごすが、重度訪問介護のヘルパーの
移動介助(二人体制)も確保しておく。外出しなければ、一人ずつ
サービスを提供してもよい。
【ポイント】
深夜早朝は重度訪問介護、日中は介護保険、介護保険の療養通所介護、重度訪問介護ホームヘルプサービスを受ける。
【その他】
22:00
重度訪問(6時間)
金
【特徴】
療養通所介護を週二回利用。
訪問看護を通所介護を利用しない平日は
一日二回利用し、家族のいない日中の
安全を確認する。
訪問看護ステーションと訪問介護事業所
が同法人のため、フレキシブルで連携のと
れた対応が実現する。
20:00
ALSの事例③ サービス利用計画(目標:福祉ホームで家族同居)
4:00
月
6:00
8:00
10:00
福祉ホーム
重度(2時間)
火
ホーム
重度(2時間)
水
ホーム
重度(2時間)
木
ホーム
重度(2時間)
金
ホーム
重度(2時間)
土
ホーム
重度(2時間)
日
ホーム
重度(2時間)
【特徴】
夫婦で地域の福祉ホームに入居。
ホーム併設の診療所の往診や、訪問看護、
在宅介護サービスを手軽に受けることがで
きる。
日中はホーム内の療養介護で介護をしても
らえるので、家族の外出やレスパイトが実現
する。
在宅移行時の中間施設としての利用も有効
12:00
14:00
16:00
療養通所介護(6時間)
療養通所介護(6時間)
療養通所介護(6時間)
療養通所介護(6時間)
療養通所介護(6時間)
重度訪問介護(6時間)
重度訪問介護(6時間)
訪問看護ステー
ション併設の療養
通所介護
18:00
20:00
22:00
ホーム
介護保険2
重度訪問介護(4時間)
ホーム
介護保険2
重度訪問介護(4時間)
重度訪問介護(4時間)
介護保険2
ホーム
介護保険2
重度訪問介護(4時間)
ホーム
介護保険2
重度訪問介護(4時間)
ホーム
重度訪問4
ホーム
重度訪問4
・重度訪問介護360時間/月、介護保険で療養通所介護と訪問介護を
実施。公的介護保障を受けながら、ケアホームでプライバシーを確保。
・施設ならではの安心感と家族介護のメリットのあるプラン。
・家族同居を想定。
・介護者も高齢になり在宅療養が困難になったため、夫婦で入居できる
福祉ホームを選択。24時間ホーム職員のサポートを受けることができる。
・ホームでは、在宅ケアと施設ケア両方の援助を受けて生活する。
・日中も家族主体の介護だが、看護による療養介護(週5日)の間は
外出もできるので自由にすごせる。
【ポイント】 家族で入居できる福祉ホームでは、在宅サービスと施設サービスの双方のメリットを生かした療養が可能。
【その他】 「福祉ホーム」で「療養通所介護」を利用
24:00
ALSの事例④ サービス利用計画(目標:医療系デイケアと重度訪問介護の併用によ
る24時間在宅ケア)
4:00
6:00
8:00
10:00
12:00
14:00
16:00
18:00
20:00
22:00
24:00
月
重度8時間
介護保険2.5時
間
診療所(難病リハビリケア)
訪問
看護
重度3時間
重度訪問(2時
間)
火
重度8時間
介護保険2.5時
間
診療所(難病リハビリケア)
訪問
看護
重度3時間
重度訪問(2時
間)
水
重度8時間
介護保険2.5時
間
診療所(難病リハビリケア)
訪問
看護
重度3時間
重度訪問(2時
間)
重度8時間
介護保険2.5時
間
訪問
看護
重度3時間
重度訪問(2時
間)
訪問
看護
重度3時間
重度訪問(2時
間)
木
診療所(難病リハビリケア)
金
重度8時間
介護保険2.5
時間
土
重度8時間
介護保険2.5
時間
重度9時間
日
重度8時間
介護保険2.5
時間
重度9時間
【特徴】
・呼吸筋麻痺、転倒、嚥下障害の
危険のある状態から開始するプラン。
・突発的な病状変化に対応するため、施設
と在宅の連携により、常時の見守りをおこ
なう。
診療所(難病リハビリケア)
重度訪問(4時間)
重度訪問(4時間)
・呼吸筋麻痺が見られ、嚥下障害が著しくなり、常時見守りが必要な
障害程度区分6の者にも、包括的な支援を開始するプランの提案。
・毎日日中は診療所の通所リハビリを利用し、医療保険で
医療専門職による見守り。夜間・深夜は、重度訪問介護のヘルパー
または有償ボランティアによる見守りで対応する。
・医療による日中の見守り介護ができるので、家族の擁護体制のない
独居者にも対応できる。
【ポイント】呼吸器を利用する前のほうが、施設と在宅の併用が有効で実現可能性がある。この時期から施設に通い慣れれば、施設職員も個別のケアに
慣れるため、呼吸機装着後も、引き続き受け入れてくれると思われる。 呼吸療法開始後はコミュニケーションやケアが難しくなるために、そうなる前から
施設に通い、利用者も施設職員も双方とも慣れておく必要がある。
【その他】医療系のリハビリ施設で日中の見守りが可能。夜間は重度訪問介護もしくは有償ボランティアで対応。
ダウンロード

DL(Power Point)