情報処理基礎演習Ⅱ
地球環境学科 伊藤,小黒
TA 川野,馬場
講義の内容
 UNIX系のOSの使い方(Linuxの使い方)
(始めのうちは慣れないため扱いづらいかも・・・)






起動・終了
ディレクトリ(フォルダ)の構造
基本的なコマンドの使い方
エディタ(vi)
ファイルの操作,管理
リモートアクセス
 教科書
 三上 「SunユーザのためのやさしいUNIXのはじめ
かた」 オーム社
本講義の評価方法
 中間試験,期末試験
 出席・授業態度
 (レポート)
Unixとは
 Windowsとは異なるOS
 Windowsと比べると・・・




無料・安価
軽い(パソコンが軽快に動く)
安全
高度な命令が可能
サーバや学術的な計算機としての
コンピュータにはUnix(もしくはLinux)搭載されている
Unix系OSの種類
 Unix

Solaris
 Linux



Red Hat Linux
Fedora
Ubuntu ・・・ PC教室搭載
 BSD

Free BSD
他多数
PC教室のLinux起動・終了
<起動>
 パソコンを起動し,黒い画面で選択欄をUbuntu
に指定
 ユーザ名・パスワードを記入
<終了>
 アイコンを押して終了
 (コマンドでも終了可能)
GUIとCUI(復習)
 GUI

アイコンをクリックすることでコンピュータを操作す
る
 CUI

コマンドを打ってコンピュータを操作する
 LinuxはGUIも充実しているが,基本的にCUI
ディレクトリ(教科書P.30)
 Windows系OSでいう「フォルダ」と同じ
 フォルダ: folder, 紙(書類)ばさみ
 ディレクトリ: ツリー構造
/
bin export
local
usr
share
home
・・・
ルートディレクトリ
すべてのファイルや
ディレクトリは
ここから枝分かれ
・・・
ディレクトリの一例
 あるUnix系のコンピュータにmikamiがログイン
/
bin
export
nakano
usr
mikami
home
・・・
tsuji
・・・
ホームディレクトリ カレントディレクトリ
親ディレクトリ
基本コマンド
 ls カレントディレクトリの内容を表示する(P.34)
(Windowsでフォルダの中身を見る行為と同じ)

ls -l
詳細表示
練習
 ターミナルを立ち上げて,現在のディレクトリの中
身を表示してみよう。


どんなファイル(もしくはディレクトリ)があるか確
認し,それをノートに書いてみよう。
35ページ一番下の説明を見ながら,一つずつ理
解しよう。
→WindowsのKドライブの内容と同じであればO.K.
 31ページの図において,「design」ディレクトリの
親ディレクトリは?「home」ディレクトリの親ディレ
クトリは?
基本コマンド
 pwd 現在いる場所を表示する(P.33)
 cd
他のディレクトリに移動する(P.33)

使い方
cd (移動先のディレクトリ名)

親ディレクトリに移動する場合: cd ..
ホームディレクトリに移動する場合: cd

練習
 ホームディレクトリから親ディレクトリに移動し,そ
のディレクトリをls -lコマンドでディレクトリの中身
を見てみよう。
 ルートディレクトリまで行ってみよう。

pwd コマンドで「/」だけ表示されればO.K.
 ルートディレクトリから自分のホームディレクトリ
まで移動してみよう。

pwdとls –lで確認してみよう。
パス
 ファイルやディレクトリ(フォルダ)がどこにあるか
を示す文字列
 Windows系でのパスの例
D:\mydata\HIT\lecture\test.txt
 Unix系でのパスの例
/home/seiji/test
-
スラッシュ
ろ を押す
\→
(本当はバックスラッシュ)
パス
 絶対パス


パス名がスラッシュで始まるパス
ルートディレクトリからみたときの位置(絶対位置)
 相対パス


パス名がスラッシュで始まらないパス
カレントディレクトリから見たときの位置(相対位
置)
相対パス
 カレントディレクトリがbinのときtestの相対パス
../home/mikami/test
/
bin
export
nakano
usr
mikami
test
home
tsuji
・・・
・・・
練習
 ディレクトリの図を見て答えてみよう


ホームディレクトリの絶対パスを書いてみよう。
ホームディレクトリから見て,binディレクトリの相
対パスを書いてみよう。
 cdの正式な使い方は,
cd (パス名)
であることから,上で書いた相対パスでbinに直
接移動するかどうか確認してみよう。
ディレクトリの操作コマンド
 mkdir

mkdir test
 rmdir


ディレクトリの生成 (P.36)
testというディレクトリを生成
ディレクトリの削除(P.36)
rmdir test
testというディレクトリを削除
注意点
1. 削除したいディレクトリに1つでもファイルが
あると,削除できない。
2. 削除したいディレクトリに現在いると,
削除できない。
練習
 ホームディレクトリでjouhou2のディレクトリを作
成してみよう。
(以後、本講義ではjouhou2ディレクトリ内で作業
します。)
ホームディレクトリ
 右の図のようにディレクトリ
jouhou2
を作成してみよう。
test1
 作成後,test1,2を消してみよう。
test2
ファイルの操作コマンド(1)
 cat

 cp

ファイルの内容を表示する(P.37)
cat (表示したいファイル名)
ファイルをコピーする(P.39)
cp (コピー元のファイル名) (コピー先のファイル名)
適当なファイルを作成する下準備として・・・
 コマンドの実行結果をファイル出力(P.44 or 89)

例: ls –l > test_ls.txt
(ls –lの結果を,test_ls.txtに保存する)
練習
 jouhou2ディレクトリで
ls –l > test_ls.txt
を実行してみよう。
 test_ls.txtが作成されたか確認してみよう。
 test_ls.txtの内容を表示してみよう。
 test_ls.txtをls.txtの名前でコピーしよう。
練習(少し難しいです)
 もう一度右図のディレクトリを
作成し,test1にls.txtをコピー
してみよう。
ホームディレクトリ
jouhou2
test1
test2
ヒント: 現在jouhou2ディレクトリにいる場合
cp (コピー元のファイル名) (コピー先のパス名)
絶対パス,相対パスどちらでも良い
練習
 rmdir の「注意」ができないことを試そう


前の練習が完了している状態で,rmdirを試して
みよう。
test2まで移動して,test2ディレクトリを消すコマン
ドを試してみよう。
(参考)カレントディレクトリを消したい、というコマンド
rmdir .
ファイルの操作コマンド(2)
 mv (P.40)
ファイル名を変更する
2. ファイルを別のディレクトリに移動する
使い方
1. mv (変更したいファイル名) (変更後のファイル名)
2. mv (移動したいファイル名) (移動先のファイル名)
1.
cpと同じ使い方
 rm ファイルを削除する (P.41)

rm (削除したいファイル名)
練習
 jouhou2ディレクトリの
ホームディレクトリ
test_ls.txtをnew_ls.txt
に名前を変更してみよう
test_ls.txt
jouhou2
ls.txt
 test1,test2の中のls.txtを削除し,
test1
test2
ls.txt
ls.txt
test1,test2ディレクトリを削除してみよう
ファイルの作成・保存(第4章)
 Linuxにも様々なエディタがある。

vi, emacs, mule など
どのLinuxにも標準にインストールされている

Windows の場合
メモ帳,ワードパッド,その他多数
どのWindowsにも標準にインストールされている
viエディタ
下記2種類のモードを使い分けて,ファイルを作成していく
コマンドモード
A
・カーソルの移動
・文字の削除
・ファイルの保存
など
文字入力モード
・文字の入力
Esc
viを触ってみよう(1)
1. viを起動
起動直後はコマンドモード
2. 文字入力モードに切り替えて,
「Hirhoshima Institute of Technology
2-1-1 Miyake Saeki-ku Hiroshima, Japan」
と打ってみよう。
間違った場合はそのままにしておく。
viを触ってみよう(2)
 カーソルの移動
 コマンドモードに直して
K
H
←
↑
↓
J
 文字の削除
 コマンドモードで
X
→
L
viを触ってみよう(3)
 ファイルを保存



コマンドモードで
: を打ち,(カーソルが下に移
動)
「w」と入力
保存先のファイル名を聞かれるので,記入して保存
 viの終了




コマンドモードで
「q」と入力
:
を打ち,
保存して終了の場合は,「wq」と打っても良い
保存しないで終了の場合は,「q!」
練習
 viエディタで
Grobal Environmental Studies
Faculty of Environmental Studies
Hirhoshima Institute of Technology
2-1-1 Miyake Saeki-ku Hiroshima, Japan
CB○○○○ 名前(ローマ字)
E-mail: (自分のメールアドレス)
を打ち,ファイル名を「signature.txt」として
保存してみよう
便利な記号 (P.42)
 メタキャラクター







;
*
?
>
>>
|
&
1文字以上の文字列
ワイルドカード(*)について
例
 *
1文字以上の文字列
 a*
「a」ではじまる文字列
 x*y
「x」ではじまり「y」で終わる文字列
 *b
「b」で終わる文字列
コマンドでの使い方
 rm *
すべてのファイルを削除する
 rm a*
ファイル名がaから始まるファイルをすべて
削除する
 rm *.doc 拡張子がdocのファイルをすべて削除する
→ワードファイルをすべて削除する
練習
ダウンロード

絶対パス