福井県立大学FD部会主催
for Faculty Development
2005年12月28日(水) 於 共通講義棟 L111
概要
FDをめぐる内外の概況、よい授業の条件を概観したうえで授業
におけるメディア利用の効果の問題、動機づけの教授デザイン、
FD促進の方略について概説します。また、授業改善とFD促進
策についてのグループ作業を行います。
プログラム
10:00--11:45
11:45--12:45
12:45--13:45
13:45--14:00
14:00--14:50
14:50--15:00
講演「大学の授業改善の方策」
昼食
小グループ作業「授業改善方策」「FD促進方策」
休憩
グループ別発表
まとめ
1
大学の授業改善
の方策
FD、メディア利用、インストラク
ショナル・デザインをめぐって
佐賀啓男
(メディア教育開発センター)
2
大学審議会のFDへの提言


学生の学習を充実させるために、教員の教授内容・方
法の改善への取組み(ファカルティ・ディベロップメント)
を積極的に推進する必要がある(平成3年2月答申『大
学教育の改革について』 )
学生の学習に配慮した教育プログラムの提供とともに、
教員の教育能力・意欲の向上が期待され、そのために
欧米の大学で広く普及している教員の教授内容・方法
の改善・向上への取組み(ファカルティ・ディベロップメン
ト)を、我が国でも本格的に導入していく必要がある(平
成3年5月答申『平成5年度以降の高等教育の計画的整
備について』 )
3
FDの実施状況

文部科学省調査(平成10年、13年)から
10年
13年
シラバスを作成
538大学(9割強) 659大学(98%)
FDを実施
193大学(約3割) 409大学(61%)
新任教員研修会
教員相互授業参観
研究会の開催
センター等の設置
メディア・ITの利用
62大学
20大学
111大学
23大学
不明
138大学
101大学
-
63大学
不明
4
アメリカ・イギリス等の大学






教育活動支援センターの存在
(ティーチング・アンド・ラーニング・センター、FD
センター、メディア・センター、ヘルプ・デスクなど)
授業改善の支援、助言
教材制作の支援、助言
研修の提供
コンピュータ利用の支援、助言
優秀教員の顕彰、など
5
FDのモデル(アメリカの一例)



組織の次元 :学部の管理運営、学部内のチーム
形成、コンフリクト管理、意思決定
教授活動の次元 :教授活動の評価、クラスルー
ムの診断、教育方法とメディア・テクノロジー、カ
リキュラム開発
個人的成長の次元 :個人的成長のワークショッ
プ、生涯計画のワークショップ、ファカルティとの
面接、対人的技能の育成、支援的・治療的カウ
ンセリング -Bergquist & Philips(1975)
6
大学の授業で使われるメディア

平成3年調査(N=366、5件法)
メディア
OHP(書画カメラ)
VTR
コンピュータ
スライド
テープレコーダー
ビデオディスク
16ミリ映写機
平均
SD
3.1
3.1
2.4
1.9
1.8
1.4
1.3
1.5
1.3
1.5
1.0
1.2
0.9
0.8
7
よい授業のために重要なこと
32項目(5件法)のうち、上位5項目
1. 講義に意欲をもってあたる(4.6)
2. 講義内容の準備を十分にする(4.5)
3. 用いる教材の準備を十分にする(4.5)
4. 講義開始時に全体計画を学生に示す(4.3)
5. 明瞭な声と話し方で話す(4.2)
8
いい授業の条件:教員の意識
因子分析の結果





第1因子:意欲と準備(講義に意欲をもってあたる、内容の準備、教材
の準備、学生の講義への積極的態度など;寄与17%)
第2因子:学生の参加促進(グループ討論、実際的作業、質問とその
引き出し、学生の名前と顔;寄与12%)
第3因子:視聴覚教材利用(事象解説のための視聴覚教材利用、事
例提示のための利用、導入のための利用、技能演習のための利用
など;寄与11%)
第4因子:教科書利用(教科書中心に進める、講義中の小テスト、テキ
スト指定など;寄与 7%)
第5因子:講義の構成の提示(毎回に講義の全体での位置を示す、全
体計画を示す、各回に講義内容のまとめなど;寄与 6%)
9
高等教育機関のe-Learningの実施
インターネット授業の配信 (%)
行っている
計画している
4年制大学
16.5
22.6
短 大
7.7
14.4
高 専
11.9
28.8
単位認定しているインターネット授業 (%)
4年制大学
短 大
高 専
行っている
4.3
2.0
1.7
計画している
5.6
4.0
10.2
2003年NIME調査
10
ITに関する教員の意識
よくあて
はまる
ある程度
あてはまる
計
自分のIT利用
能力が低い
19.3
41.5
60.8
利用による
教育効果がない
4.6
23.4
28.0
授業で利用する必要が
ない
8.3
24.2
32.5
(3項目間に相関)
2001年NIME通信制課程担当教員の調査
11
研修のニーズ、実施、参加
27.9
電
58.3
ル
子 メー
74.3
参加
23.8
ワ
・表
ー プ ロ
50.8
計算
フ ゙ ラウ
実施
68.4
ニーズ
23.0
45.4
ザ
66.1
15.5
ホ
ー ムヘ
35.0
成
゚ ーシ ゙ 作
71.1
20.6
デ ー
30.4
ス
タ ヘ ゙ー
81.5
14.0
パ ワ
21.0
ント
ー ポ イ
71.3
0
(「有り」%)
10
20
30
40
50
60
70
80
90
100
2000年NIME機関調査
12
メディアFDの枠組み
13
ウェッブサイトの開発・運営(1)
14
ウェッブサイトの開発・運営(2)
15
ウェッブサイトの開発・運営(3)
16
ウェッブサイトの開発・運営(4)
17
メディアの教育効果について(1)
メディア比較研究(1)
 新しいメディアの利用を
 伝統的教育方法と比較し、
 教育効果を検証する。
[映画、スライド、テレビ、OHP、ティ
ーチング・マシーン、コンピュータ…]
18
メディアの教育効果について(2)
クラークの批判
Clark, R.E.(1983).
Reconsidering Research on
Learning from Media.
Review of Educational
Research, 53(4), 445-459.
19
メディアの教育効果について(3)
テレビの教育利用研究
Chu, G.C. and Schramm, W.
(1967).
Learning from Television;
What the Research Says,
NAEB, 1979.
20
メディアの教育効果について(4)
Chu & Schramm (1)
望ましい条件のもと、人々はTVから
効率的に学習。
 TVは、適切な位置づけで利用される
とき、学習の道具としてもっとも効果
的。

21
メディアの教育効果について(5)
Chu & Schramm (2)
 色彩は、それ自体では、学習を
増進するようにはみえない。
 視覚的装飾それ自体
は、特
に有用な手段ではない。
22
メディアの教育効果について(6)
Schrammの結論
Simple Television
and
Active Participation
23
メディアの教育効果について(7)
メディア比較研究(2)
24
メディアの教育効果について(8)
Clark(1983)のレビュー
_________________________
ちがう教師 → 同じ教師
短い期間 → 長い期間
↓
学習に効果
↓
効果消失
_________________________
内容・方法の違い、新奇性効果
25
教育メディア研究の教訓







メディア自体ではなく、内容と方法が重要
効率(距離・時間など)と効果は別
できることと生じることは別
実際はたらいた要因は何かが大切
学習者が学習に参加することが大切
メディアの教育場面への位置づけ方が大切
経済的・経営的判断も大切
26
例:授業における
パワーポイントの利用



コンピュータないしパワーポイントの利用それ自
体が、直接に教育効果に結びつくわけではない。
教育効果は、基本的に、授業の進め方、教授法、
パワーポイントのスライド・コンテンツ、その構成
や配列法、提示のスピード、口頭での説明との
関連のしかた、明瞭な音声、教師の態度や熱意
などに依存する。
しかし、パワーポイントは、授業における「効率」
の側面に影響する。使う価値はある。
27
インストラクショナル・デザイン





教育活動を効果的にするための計画
よい教材を開発するための計画
メディア・プログラムの計画
教員への助言者・支援者としてのデザイナー
さまざまな教授デザイン・モデル
[行動主義的モデル、完全習得モデル、認知主
義的モデル、動機づけのモデル]
28
動機づけの教授デザイン(1)
ケラー(1983)の教授活動の動機づけデザイン
 興味:学習者の好奇心が喚起されるか否か、そ
して、それがいかに適切に持続するかどうか。
 適切さ:教授活動が、学習者のニーズを満足さ
せ、個人的目標を達成するのを助けるか。
 期待:学習者が学習にどれくらい成功できると知
覚するか。
 満足:学習の結果が、学習者の内在的な動機づ
けと外側からの報酬にいかにかかわるか。
29
興味を増進する方略(1)



方略1.好奇心を増すには、新奇で不一致で対立を含
み、逆説的な事象を使用する。現状に不意な変化があ
るとき、注意が喚起される。
方略2.好奇心を増すには、抽象的になってしまう材料
の中に、個人的、感情的な要素を入れるような逸話など
の工夫を使う。
方略3.好奇心を喚起し保持させるには、人々がすでに
知っていることや信じていることについてより多く学習す
る機会を与えよ。しかし同時に、適切な量のなじみが薄
く期待していないことも与えよ。
30
興味を増進する方略(2)


方略4.好奇心を増すためには、なじみが薄いも
のをなじみ深く、なじみ深いものをなじみ薄いも
のにする比喩を利用せよ。
方略5.好奇心を増すには、学習者を、問いの
生成と探索へと導け。: 認識的好奇心を促進さ
せるために、学習者が状況の中から自ら問いを
見出し、その解決に向けて、探索していくように
導く。
31
適切さを増す方略



方略1.達成へと努力する行動を増すために、
中程度にむずかしい条件のもとで、卓越さの基
準を達成する機会を与えよ。
方略2.自己の力量感にかかわる動機を増すた
めに、選択や責任、そして、対人的影響に資す
る機会を提供せよ。
方略3.帰属感を満足させるために、信頼関係を
確立し、危険のない協力的な相互作用の機会を
提供せよ。
32
期待と満足にかかわる方略(1)



方略1.成功の経験を増すことによって、成功へ
の期待を増せ。: 課題に成功したという認識そ
のものが、次の成功への期待を増す。
方略2.成功のために何が必要かを示すことに
よって、成功への期待を増せ。
方略3.学習者自身が、成功に至るプロセスをコ
ントロールしているという認識を促すような教授
上の工夫をせよ。
33
期待と満足にかかわる方略(2)

方略4.学習者に、成功を個人的努力と能力に
結びつけるのを助ける帰属的フィードバックを使
うことによって、成功への期待を増せ。:成功の
原因を、学習者自身の努力と能力に求めさせる
こと 。

方略5.教授活動への内在的満足を保持するた
めに、外在的な報酬よりも、学習課題に内在す
る報酬を利用せよ。
34
期待と満足にかかわる方略(3)


方略6.教授活動への内在的満足を保持するた
めに、予測できて明白で随伴的な報酬ではなく、
期待外の非随伴的な報酬を用いよ。あまりにも
あからさまな報酬は、課題への内発的関心を減
ずる。
方略7.教授活動への内在的満足を保持するた
めに、脅しや監視や外的な行為評価ではなく、
言語的賞賛と情報的フィードバックを用いよ。
35
効果的メディアFD支援(1)




学内にメディアFD担当部門をつくる
メディア利用、授業設計・評価、教材開発の専門
家を配置してワークショップやセミナーを企画・運
営
組織的・人的なインフラをつくることがきわめて
重要
この部門がないと、メディアの活用は、教員個人
の努力と負担にまかされたまま
36
効果的メディアFD支援(2)




メディアとITに関する全学的なポリシーを成文化
して、教職員に示す
戦略、利用者と技能レベル、インフラ、訓練、支
援策など
目標と、それを実現するためのスケジュールと方
略の作成
定期的に達成状況の評価
37
効果的メディアFD支援(3)



コンピュータ・センター、情報処理教育センター
等に「ヘルプ・デスク」を常駐
相談、助言、問題解決;面談、出前、電話、イン
ターネット、印刷リーフレット
職員採用、大学院生バイト、人材派遣
38
効果的メディアFD支援(4)




教室のメディア環境を改善し、メディアとITを使い
やすくする
使い勝手の改善
機器の配置やシステムの改善
標準的に利用するソフト等の利用マニュアルの
整備、インターネットによる提供
39
効果的メディアFD支援(5)



教員グループの教材開発等を促進・支援する
教員集団(学科、専攻単位など)、自主的教員グ
ループの活動に対し、特別な戦略的予算をつけ
る
FD担当部門が、教員の教材開発プロジェクト等
の運営を技術面で支援
40
効果的メディアFD支援(6)



学内全体に教育活動改善の文化的な雰囲気を
醸成する
FD担当部門が中心となり、教員を励ます雰囲気
づくり
優秀な教員や教員グループを、毎年、顕彰する
ことがあってもよい
41
効果的メディアFD支援(7)




学外の機関が提供する情報や活動を積極的に
利用する
メディア教育開発センターが提供するサービス
(教材開発、研修、SCSなど)の利用
FD担当部門のウェッブ・サイトにリンク集を整備
他の大学のFD担当部門との交流を図る
42
NIMEの研修をオンライン化
メディアFD
プロジェクト
ビデオストリー
ミングと関連資料
形成的評価の
実施
オンラインコース
の拡充へ
43
http://pinball.nime.ac.jp/
mediafd/fdit_top.html
44
グループ作業と発表

動機づけの教授デザインを踏まえて、よ
り具体的に授業を改善する方策を提案
してください。

FD支援方策を踏まえて、御大学におけ
る具体的なFDの促進方策を提出してく
ださい。
45
おわりに:





もう少しの工夫
もう少しの準備
もう少しの熱意
もう少しのメディア技能
このなかのひとつでもいいから始めてみま
しょう。
ご参加、ありがとうございました。
46
ダウンロード

大学の授業改善の方策 - コンピュータの利用