Value Engineering の 紹介
2001年12月14日
経営学部 教授
吉井康雄
V : Value
F
V 
C
F : Function
C : Cost
VEとは、有形・無形のシステムに求められる
機能を保証しながら、相対的な価値を高める
組織的な活動である
V E の 特 徴
①機能保証を前提とする、創造的な活動
②目的志向的であり、手段志向的
ニーズ志向的であり、シーズ志向的
上位概念志向的であり、下位概念志向的
③思考方法を変え、行動を変えるシンキングメソッド
④ダイナミックな経営管理手法として、最適
①機能保証を前提とする、創造的な活動
F
V 
C
Fは、かくあるべき姿
Cは、ライフサイクルコスト
②目的志向的であり、手段志向的
あなたの顧客は
何か?
誰か?
F
V 
C
顧客満足度の保証のツール
ニュー・ビジネスへのトリガー
③思考方法を変え、行動を変える
シンキングメソッド
考えを
行動を
変える
変える
より高い
目標に
挑戦
環境
適合
常にイノベイティブであり、
ストラテジック・マインドを醸成
VEのアプローチ
機能定義
目
的
は
何
か
モノ(有形)(無形)
機能系統図
構成要素の
機能による
機能分解
要求機能の
定義による
機能分解
創造的分野
機能評価
代替案創造
各種手法の活用
機能の観点
による
機能設計
(創造性工学)
(意思決定手法)
組織力の発揮
(固有技術)
(チームワーク)
代
替
案
評
価
実
践
に
よ
る
価
値
創
造
<私の主張>
VEは、機能の追求に徹したシンキング・ツール
シンキング・プロセスのみで
コンサルティング可能
先生方は固有技術の専門家
VE的アプローチ
(自分のフィールドで)
(産学協同研究を)
+ α + β
α
固有技術
(とらわれない心)(素直な心)
β
非孤立化の原則
(他人の力を借りる)
<私の主張>
F
V 
C
システムの機能
追及による
価値創造思考
顧客は何か、誰か
Personal Value
Management Value
Social Value
VE思考のマインドの養成
顧客オリエンテッドな態度の醸成
顧客のValueの創造と向上
学生への 情報 Value Engineering の提供
<私の主張>
目的志向的であれ
VEの有効性は教育の現場でも!
対学生:
自律的意思決定の
できる人材の育成
対研究仲間:
産学協同研究による
担当分野の深耕と
社会貢献
旗をあげる
少なくとも有効なツール
CVS(Certified Value
Specialist)
アメリカVE協会認定の
国際資格
<東京理科大学も旗を>
<私の希望>
「VEの旗を
あげている
経営学部も
ある」
という
イメージを
訴えたい
日本VE協会への学部名での
参画許可をいただきたい
◎日本VE協会との連携が強く
アピールできる
◎試行段階ということで当面の
活動予算は個人研究費で賄う
◎参入退出は随意で制約はない
私には、VEは
「学問」というよりも「思想」 「哲学」「行動の規範」
ダウンロード

2001年12月14日、経営学部教授会で、バリューエンジニアリングの