2014年度 業務改善コンテスト
図書館 特別展示の
共催企画について
清水図書館
大倉 正次
2014年10月24日
大学図書館の使命
•
•
•
•
「馬を水のみ場に連れて行く」そして
知の泉の水を飲ませる・・・図書館
図書館展示は
学生さんの知的好奇心に火をつける。
• 図書館の使命:図書を購入する。
• 電子データベースと電子ジャーナルを充実。
• 本をそろえるだけでいいのか。
図書館展示の必要性
• 本を読ませるには展示と講演会を企画するこ
とが大切。
• 付属図書館 各館ではミニ展示を展開中
• 清水図書館では毎年、図書館特別展示を
独自企画で実施してきた。
年2回、春・秋学期に2ヶ月間展示している
春・秋の展示を紹介。
レイチェルカーソン没後50周年記念
春の特別展示
2014年度秋学期の展示企画
• テーマ:「Discoveries in Field Work Series」
(フィールドの生物学シリーズ)
東海大学出版部発行
14巻の企画展示
• 期 間:2014年11月5日(水)~12月25日(木)
• 場 所:清水校舎 清水図書館 閲覧室
• 主 催:清水図書館
• 共 催:東海大学出版部
• 協 力:東海大学出版部出版課 稲 英史
共催は東海大学出版部
• 展示に関わる資料提供
1.カタログ
「Discoveries in Field Work Series Tokai
University Press +」100部の提供
2.著者のポップと展示用ディスプレイの提供
を受ける
3.相談役は出版部出版課の稲英史さん
出会いは一冊のカタログ
と一本の電話から始まった
カタログ:Discoveries in Field Work Series
(フィールドの生物学シリーズ)
図書館員が注目した理由
• フィールドの生物学 4 モグラ (見えないものへの
探究心) 川田 伸一郎著
展示図書の紹介(フィールドの生物学
シリーズ)
カタログの内容に私はインスパイアさ
れてしまた。
• フィールドの生物学シリーズは、若い生物学研
究者のフィールドにかける熱い思いがそれぞれ
の強い個性とミックスされて不思議に変わった、
独特の世界観を主張している。
• これから生物学を目指す初学者には持って来い
のシリーズです。
• カタログにはAuthor Recommend(著者のお薦め
本)が専門書や小説、音楽まで分かりやすく紹
介されている。
• シリーズ編集者の心意気が強く伝わってくるカタ
ログになっている。
図書館と出版部が
共同企画をする意義
• 図書館が出版部と共催で展示を展開する。
• 本を作る側と本を貸しだす側が手を結び
学生サービスの向上につなげる。
双方に大きな学術的・教育的メリット
・共同企画は今回が初めて。
・海洋学部の学生・教職員・地元の方々に
このシリーズを紹介する大きなチャンス。
・著者・出版部・図書館・展示企画・講演会企画
初学者には持って来いの共同企画です。
関連図書を書庫から出す勤労奨学生
準備の出来た展示の様子1.
展示の様子2
海洋学部の先生方の著作も同時展示
ダーウィンフィッシュ -ダーウィンの魚たちA-Z ダニウェル・
ポーリー著
西田睦、武藤文人(訳)
同時企画
• 図書館特別展示 特別企画 講演会
• テーマ:フィールドからのメッセージ、
生物学を学ぶ若き人へ
• 講演者:海洋学部准教授
武藤 文人
• 日時:2014年12月10日 17:30-19:00
• 場所:清水図書館 閲覧室
5月の講演会 講演者は
海洋生物学科の田中彰教授
講演終了後講演者を囲んでの茶話会
教育・研究・のために今出来ること
• 清水図書館の特別展示と講演会の企画を紹
介しました。
• ご清聴ありがとうございました。
清水図書館
大倉正次
ダウンロード

PowerPoint プレゼンテーション