経管栄養の技術
及び関連する
ケア
1
経管栄養が必要な高齢者ケア
1、口腔ケア
広義:口腔の働きを健全に維
持
狭義:口腔清掃と義歯の洗浄
2
①口腔ケアの目的
・口唇・舌・頬を刺激し、
摂食嚥下機能促
進
・唾液分泌による自浄作用促進
誤嚥性肺炎予防
3
②義歯の取り扱い
4
2、消毒・感染予防
・手洗い
・清潔な~物・場所
・すぐに実施
・交換、閉鎖式
5
経腸栄養法の種類
経腸
栄養法
経口
栄養法
経管
栄養法
経鼻
栄養法
経瘻孔法
6
各種経管栄養の特徴
1、経鼻胃管の特徴
・挿入、抜去が簡単
・不快感あり
・先端位置の確認が困難
・排痰困難
7
2、胃瘻の特徴
・局所麻酔で造設
可
・不快感がない
・長期留置可
・スキントラブル
8
3、食道瘻・腸瘻の特徴
◎食道瘻
◎腸瘻
・挿入がやや複雑
必要
・胃切後でも可
養路
・腹壁切開が
・術後の栄
・閉塞
9
各種経管栄養の適応
1、経鼻胃管の適応
・嚥下障害
・術後の一時的栄養管理
10
2、胃瘻の適応
・嚥下障害
・長期の栄養管理
・栄養補助
11
3、食道瘻・腸瘻の適応
・嚥下障害
◎食道瘻
・胃切後
な
・腹水存在
時
◎腸瘻
・術後の一時的
栄養管理
・逆流性誤嚥
12
胃瘻の種類
13
各種胃瘻の利点・欠点
◎チューブ
◎ボタン
・接続が簡単
・チューブ内が不
潔
・チューブが邪魔
・自抜の可能性
・接続が煩雑
・チューブ内衛生
的
・体表スッキリ
・逆流防止弁
14
◎バンパー
◎バルーン
・自抜されにくい
・交換時期が長い
・交換がやや難
・水の入れ替え不
要
・自抜されやすい
・交換時期が短い
・交換が簡単
・水の入れ替え必
要
15
胃瘻挿入部のケア
◎毎日の洗浄~
消毒不要
◎チューブを締
め過ぎない
・回転を確認
・羽の方向を移
動
16
胃瘻のトラブル
・自己抜去
・気分不快
・漏れ
・スキントラブル
・閉塞、感染
・嘔吐、下痢
17
胃食道逆流(GFR)
*誤嚥性肺炎の大きな原因
◎症状
◎原因
:胸やけ、胸痛
:食道裂孔ヘルニア
噴門括約筋の劣化
胃の手術
経鼻栄養チューブ留置
意識障害
胃の運動不全
他
18
経管栄養剤の分類
◎食
品
:
濃厚流動食
半消化態栄養
食品
◎医薬品 : 半消化態栄養剤
消化態栄養剤
成分栄養剤
19
胃瘻による経管栄養の実際
①安全管理体制確保
②観察判断
価記録
③実施準備
④ケア実施
⑤結果確認
⑥片付け
⑦評
20
①安全体制の確保
◎対象者の状態の
介護
情報共有
看護・
◎協働して実施できる
対象者かを判断
看護
21
②観察判断
◎対象者の
状態を観察
◎実施の可否
◎協働して
実施できるか
護
看護
看護
看
22
③実施準備
◎医師等の
指示確認
護
◎必要物品準備
看・介
看・介護
23
④ケア実施
◎対象者へ説明
◎対象者と
栄養剤の確認
◎チューブ挿入部
の確認
護
看護
看護
看
24
④ケア実施
◎体位を整える
◎注入、
注入直後の観察
◎注入中の
定期的状態観察
護
看護
看護
看・介
25
④ケア実施
◎終了後の白湯注入と
状態観察
看・介護
◎体位の保持
看・介護
26
⑤結果報告
◎食後の対象者の状態
介護
看・
◎体位変換再開
看・介護
◎介護職員から看護職員への報告
27
⑥⑦片付け・評価記録
◎使用物品の片付け
看・介護
◎実施について記録
看・介護
28
ダウンロード

経管栄養が必要な高齢者ケア