対面教育を重視した遠隔講義に
おける受講者の反応
刈谷丈治†,立山紘毅† † ,久長穣† ,村田孝子†
†山口大学総合情報処理センター
† †山口大学経済学部経済法学科
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
1
発表のあらすじ
•システム構成(Video)
•アンケート調査について
1. 目的
2. 調査の詳細
3. アンケートの結果と問題点
•まとめ
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
2
遠隔講義システム の概要および
Video による授業風景
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
3
山口大学キャンパス間ネットワーク(平成11年12月1日現在)
附属養護学校
10Mbps
附属山口中小学校
128kbps
吉田キャンパス
小串キャンパス 55Mbps
150Mbps
附属光中小学校
128kbps
常盤キャンパス
( SINET山口大学ノード)
九州大学(SINET)
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
4
遠隔講義システム
• 構成
– AV教室システム
– レスポンスシステム
– 教室間通信システム
• 教室
キャンパス
教室
吉田
大
130
大
中
大
中
130
58
146
50
常盤
小串
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
学生数(人)
5
レスポンス・システム
• 双方向性・対話性の確保
• 講師と学生のリアルタイムコミュニケーション
の実現
• レスポンス端末
– 各学生卓上に設置
• サーバ・講師端末
– レスポンス端末より集められた情報は教卓上の
講師端末画面上に表示される。
– 学生カメラと連動
– 画像切替器と連動
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
6
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
7
アンケート調査の目的
•システム評価
•通常授業と遠隔授業の違い
•遠隔授業において講師在・不在による違い
↓
遠隔講義における効果的
講義方法のモデル
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
8
アンケート調査の詳細
•1999年前期 一般教養科目「憲法学」
•被調査者 152名
•使用教室 吉田キャンパス教室
常盤キャンパス大教室・中教室
•講義方法 板書 ・ OHC
レスポンス・システムを使った
質疑応答
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
9
アンケート結果の詳細
•遠隔講義の関心度
興味を持った
興味を持たない
映像に写る発言者の映像
映像に写る他教室の状態
講師が示す書画の鮮明度
スピーカーから聞こえる発言者の音声
スピーカーから聞こえる講師の音声
映像に写る講師の表情や動き
0.0
2000/03/17
20.0
40.0
電子情報通信学会教育工学研究会
60.0
80.0
100.0
10
•理解度・質疑応答・緊張感について
授業形態による質疑応答のやり易さ
授業形態による理解度の違い
23%
24%
67%
9%
遠隔授業より通常授業
どちらも同じ
31%
通常授業より遠隔授業
ややリラックス
通常授業がやり易い
どちらも同じ
遠隔授業がやり易い
通常授業と遠隔授業における緊張感の構造
授業形態による緊張感の違い
リラックス
46%
やや緊張
緊張
50
40
30
遠隔授業
20
41
79
11
20
10
2000/03/17
50%
ス
緊
張
張
緊
や
や
リ
ラ
や
や
0%
やや
ス
3
ッ
ク
38
ッ
ク
84
リ
ラ
通常授業
27
0
遠隔授業
緊張通常授業
緊張
やや
リラ
リラ
ッ
ック
クス
ス
100%
電子情報通信学会教育工学研究会
11
•緊張感が生じた要因
•初めての試みのための緊張感
•授業時間以後の対応などからくる緊張感
遠隔地教室でおこる現象
•自分の所在などが講師側に把握されている
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
12
•緊張感・講師の目線・講師の存在が理解度
に及ぼす関係
授業形態による理解度の違い
24%
67%
遠隔授業より通常授業
どちらも同じ
2000/03/17
9%
通常授業より遠隔授業
電子情報通信学会教育工学研究会
13
• 分析の方法
緊張感について
Q3-1 ,Q3-2 ,Q3-3 ,Q3-4 ,Q3-5
講師の視線について
Q4-2 ,Q4-3 ,Q4-4 ,Q4-5
4段階評価
講師の存在感について
Q5-1 ,Q5-2 ,Q5-3
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
14
•緊張感・講師の目線・講師の存在が理解度に
及ぼす関係 ●通常授業グループ ■遠隔授業グループ ▲ どちらも同じグループ
4.0
緊張感
講師の視線
緊張
気になる
3.0
感じない
講師の存在
遠い
語り掛けら
れている感
じの差が大
2.0
遠隔が緊張
度が高い
1.0
リラックス
講師在室時
に緊張感高
い
遠隔で講師の
存在が希薄
講師在・不在
に関わらず気
にならない
気にならない
感じた
身近
0.0
Q3-1 Q3-2 Q3-3 Q3-4 Q3-5 Q4-2 Q4-3 Q4-4 Q4-5 Q5-1 Q5-2 Q5-3
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
15
まとめ
1. 理解度が通常授業でも遠隔授業でも同じという
現象になった要因
2. 質疑応答は,通常授業がやり易いと感じている
のは,遠隔授業のシステムに問題があるのか,
講義方法に問題があるのか
3. 遠隔地教室で映像を通した時の講師の視線,
語り掛けについて,更に具体的に受講者の
捉え方を知る必要
4. 教室間の差異などを調査する必要性
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
16
今後の課題
異なった角度からの分析を行うため,再度
設問項目などを練り直す
遠隔授業の講義方法の検討を行う
2000/03/17
電子情報通信学会教育工学研究会
17
ダウンロード

対面教育を重視した遠隔講義における受講者の反応