施工要領書の整備
2006/12/6
設備システム研究会
第3WG
第3WGメンバー
川本工業㈱
 ㈱九電工
 ㈱ジオプラン
 ㈱大気社
 大成温調㈱
 ㈱テクノ菱和
 東洋熱工業㈱

:長谷川 豪
:武富 康則
:近藤 修
:松原 敏修
:後藤 剛
:飯山 雅英
:渡邉 秀夫
テーマの選定理由

現場では施工要領書で困っていないだろうか?
(作成時間・内容)

施工要領書はちゃんと使われているだろうか?
(ハイスペック・出すだけ・職人まかせ)
コストを考慮した施工要領書ってあるの?
 施工図のとのリンクはできないだろうか?

(イメージのみ・切り貼り)

他の書類との関係は、明確なのだろうーか?
(色々書類はあるけれど、整合性は)
⇒ 各社の現状を調べ見よう
WG各社の現状
WG-F(施工要領)アンケート案
記入者
1
① 施工要領書はどのよ ・自社作成(社内イントラに掲載)+鹿
うなものを使っている 島+大林+戸田の情報
のか/作っているの
か。
2
自社作成(社内イントラに掲
載)
② 現在、どのような書 word → CAPE+旧データからEXCEL版 CADEWAの旧バージョンの
式・スタイルであるの に変更 社内呼称 ACまん Pまん データ形式、及びDXF形
か/データ形式は? Careまん
式、PDF形式
③ 現状、どのような点で ゼネコン各社の施工標準図は、イメー ・CADデータではあるもの
困っているのか。
ジデータが多く加工できない。 現場 の、図形には属性が与え
員は、多大な時間と労力を掛けて、2. られていないため、修正に
を作成しし直している。 施工要領書 手間がかかる。
を作成しても、一人歩きする。例え
・PDF形式のデータは、当然
ば、施工要領書を客先に提出してい 修正できない。
るにも拘わらず、3組の作業Gが現場 ・Excel形式を作る予定も
に入ると、出来上がる物にばらつきガ あるが、目途が立っていな
でる。客先から指摘され手直しが発生 い。また、図形に制限があ
する。 施工図上に、ディテールを反映 る。
できないか?(イメージだと難しいし、
変更できない。データ変化などがある
とデータが飛ぶ)
④ 内容の問題点/
Specが高 等々。
Spec.が高い為、その通りに施工する
と、割高である。(安全サイドのHiSpec.)
官庁工事の標準図レベルの
要領図となっているため、
そのとおり施工するとコスト
がかかる。
⑤ まとめ方をどうするの 系統立てて、整理された(まとめた)も 従来通り工事別に分ける
か/それをどう活用 のではない。例えば、学会仕様にした ようになると思うが、建物
するか。
いとすると、あちこちから、引き出して 用途別にできればより良
整理しなければならない。その作業
いと思う。
は、現場から、会社にアクセスするの
で、時間がかかる。(ネットワーク環境
が悪い。)/現場で提出するスタイル
にまとめて、部分修正・追記をして使
う。例えば、HASS仕様の現場向けと
かであればまとめられるのでは?
国土交通省でも良い。 冊子のよう
にデータ整理してはどうか?
3
4
5
・自社作成(社内イントラ ・自社作成施工要領書(社内イン ・自社作成(社内イン
に掲載)
トラに掲載620ページ程度)。当社 トラに掲載)
の施工標準と思っているが内容
やボリュームは今だ半分に満た
ない。
・エクセルデ-タ(図形: ・エクセルで画像を貼付け。画像 ・EXCEL形式(図画は
オ-トシェイプ)
データはDXFデータを社内イント オートシェイプ及び
ラ上で取り出せるようになってい CADデータを貼り付
る。
け)
6
・自社作成施工要領
書(CD)
・建築施工要領他
(紙・CD)
・管理先の仕様、要領に
合わせ作成している。
(社内標準として作成し
ているため)
・現場レベルに合わ
せた要領がない。
・各現場で作成したも
のが埋もれている
・ワード(図形はJPEG
貼付)
・現場はエクセルで貼
付け又は紙の切り貼
りが多い。
・エクセルデ-タとCAD 施工標準(要領書作成のための ・自社施工ハンドブッ ・図形の変更ができ
デ-タの両方の要望が 参考資料と行ったほうがいいかも クからの抜粋なので ない。
ある。
しれない。品質保証室で作成して 現場の仕様に合わせ ・画像が汚いのがあ
・図形がオ-トシェイプな いるが技術部門と綿密に打ち合 た修正が必要。
る。
ので見栄えがよくない。 わせをして作成されているもので ・図画データの修正が ・現場員が現場にあ
・図形内の寸法とイメ- はない。)であるため現場のラン 容易に出来ない。
わせた要領として選
ジがかけ離れ指摘を受 ク(金額)により書き直しが必要と ・新しい部材、施工方 択し作成していない。
ける。
なっている。
法の物が網羅されて (取り合えず提出)現
場とあっていない。
・取り合えずの提出資料 現場では、松竹梅のレベル別の いない。
・新しい製品の要領
となっており現場とあって 要領書、できれば許容できる最
いない。
低レベルの要領書が欲しい。
がない。
・各現場で作成したデ- 通常は、デベロッパー、ゼネコン
・現場で簡単に作成
タがなかなか蓄積できて の要領で不足する部分を作成し
できるものがほしい
ない。
ている。
・
現場で必要とする施工要領書は ・現場の仕様に合わ
何か、打ち合わせをする必要が せて作成する必要あ
ある。必要のないものまで時間を り。
かけているように見受けられる。
必要最小限にすることが管理費
を下げることになる。ともすれば
書類に偏重している現場のあり
方を見直す必要性を感じる。
現場からは、割高になる施工要
領であるといわれている。
活用の仕方としての理想は、施
工図を書く時の技術的な拠りどこ
ろとなればと思っている。現場で
の作図の手助けになればなお良
い。ただし当社は図面データは別
にファイルして取り出せるように
なっているのでそういった意味で
は図面が使いやすいと思う。
施工要領書整備の方向性
今ある要領を再確認しよう。
 当たり前の要領はいらない。

(必要なものを絞り込む)





最低の仕様で施工できるものにしたい。
使い易いよう1頁1項目に絞り込む。
手順等は載せない。
エクセル+データを載せ加工できるように。
曖昧な表現はしない。
現状の施工要領の例
●図面に貼ったり、職人さんにも理解して
納まり図
もらえるよう文字を極力なくそう。
イメージ
納まり図
イメージ
●図を見ただけで、内容が理解できる曖昧
でない要領にしよう。
●仕様を最低限に
手順・説明
参考
手順・説明
参考
作成内容の検討
施工要領作成項目
分類
項目
躯体
1 ダクト
防火区画貫通処理
RC
2
防火区画貫通処理
RC
3
防火区画貫通処理
中空壁
4
防火区画貫通処理
中空壁
5
外壁貫通
RC
6
外壁貫通
RC
7
外壁貫通
RC
8
外壁貫通
RC
9
外壁貫通
折板
10
外壁貫通
折板
11
ハト小屋
RC
12
ベンドキャップ取付
RC
13
ベンドキャップ取付
RC
14
ベンドキャップ取付
ALC
15
保温付フレキ接続要領
16
保温付フレキ接続要領
17 配管
地中外壁貫通
RC
18
外壁貫通
RC
19
外壁貫通
RC
20
外壁貫通
ALC
21
外壁貫通
ALC
22
防火区画貫通
ALC
23
防火区画貫通
ALC
24
防火区画貫通
硬質塩ビ
RC
25
屋上はと小屋貫通
RC
26
屋上スラブ貫通
通気
RC
27
防水床貫通
RC
28
防水床貫通
RC
29
防水床貫通
フラッシュ立ち上がり部分 RC
30 冷媒
屋上はと小屋貫通
冷媒ラック
RC
31
冷媒配管支持部要領
32
冷媒配管突合せ保温部要領
33
冷媒配管立管支持部要領
34 電気
ケーブル防火区画貫通処理
RC
35
ケーブル防火区画貫通処理
中空壁
36
114条間仕切り内配線
中空壁
系統立てたうえでの
作成内容を選択しよう。
37 機器
38
39 部材
40
エアコンドレンアップ廻り
止水用実管スリーブ
スライドスリーブ
保温
保温有
保温無
保温有
保温無
保温有
保温無
保温有
保温無
保温有
保温無
備考・注意点
点検口記入・吊り・ロックウール仕様確認
点検口記入
点検口記入・ロックウール仕様確認
点検口記入・ロックウール仕様確認
ダクト固定・板厚確認
ダクト固定・板厚確認
実管にアングル廻している?
実管にアングル廻している?
箱抜
問題と成りそうなところ。建築と絡む部
箱抜
実管
実管
分と後々問題となるところに絞ろう。
パネル処理
吹き付けタイル
端末未処理
端末処理品
保温無
配管固定
保温有
配管固定
・外壁貫通
保温無
配管固定
保温有
配管固定
・区画貫通
保温無
配管固定
保温有
配管固定
保温無
・防水貫通 配管固定
パネル処理
既製金物使用
・最近のトラブル等
保温有
保温無
保温つきフレキダクト接続要領
既製品使用
冷媒配管支持要領
冷媒配管保温要領
ドレンのテスト要領を作成したい
エアコンドレンアップ廻り
メーカー確認
参考として作成する
参考として作成する
施工要領の見直し内容 1
● 仕様を最低限に
● 注意書きを図面に
● ビジュアルに
施工要領の見直し内容 2
型枠貫
通?
::
ケーブル防火区画貫通処理(RC壁)
配管貫通部の処理(外壁-RC)
○ - ○
○ - ○
(寸法 : mm)
区画壁面から1m以上電線管を突き出す場合
1.保温なし
バックアップ材
シール材
シール材
吊りボルト
●仕様をひとつに絞るのは難しい
吊りボルト
耐熱シール
モルタル充填
電線管
●内容は、現場の条件や要求に
よって変わる
ケーブル
必ず支持をとること
耐熱シール
打放し壁
●A4に1枚の要領ではバランスが?
1,000以上屋 内
1,000以上
屋 外
2.止水材使用 (保温あり)
実管スリーブ
(VUソケット)
シール材
VU短管
ラッキング
スパンシール
バックアップ材
インシュレーション
区画壁面から1m以上電線管を突き出せない場合
スリーパ
作成例
(寸法 : mm)
A
電線管
保温材
モルタル充填
VU短管
シール材
ケーブル貫通部 防火措置材
打放し壁
スリーブ
ずれ止め鉄筋
ケーブル
屋 外
屋 内
耐熱シール
止水材
つば付実管スリーブ
シール材
(躯体欠込み10mm□ 程度)
3.つば付実管スリーブ使用 (保温あり)
B
スリーブずれ止め鉄筋
防食処理
シール材
シール材
バックアップ材
打放し壁
シール材
[単位:mm]
バックアップ材
A
A
B
C
薄鋼
ネジ無
厚鋼
インシュレーション
―
100以上
200以上 シール材
19
E19
30 スリーパ
100以上
30
25, 31 E25, E31 22, 28 200以上
100以上
30
39, 51 E39, E51 36, 42 200以上
実管スリーブ
63, 75 E63, E75 54, 70 400以上
100以上
40
―
―
82
500以上
100以上
70
バックアップ材
―
―
500以上
92
70
100以上
配管
実管スリーブ
―
―
104
500以上
100以上
70
代表的評定工法
打放し壁
シール材
実管スリーブ
バックアップ材
配管
シール材
打放し壁
>10
>10
止水材
地 中
シール材
C
適正電線管サイズ
ラッキング
A
バックアップ材
防食処理
スリーブ
屋 内
国土交通大臣認定番号
壁
PS060WL-9092、9094
屋 外床
PS060FL-9091、9093
地 中
A 部 詳 細
保温材
メーカー名
古河電気工業㈱
屋 内
シス研
シス研 2006.
2006.
屋 内
A 部 詳 細
ある現場の施工要領
目
1
総
2
工
次
目
則
・・・・・・ 1
要
・・・・・・ 2
3
全体工事工程表
・・・・・・ 3
4
施工管理体制表
・・・・・・ 4
5
配管作業管理フロー図
・・・・・・ 5
6
施
6-1
6-2
6-3
6-4
6-5
6-6
6-7
6-8
6-9
6-10
6-11
用途
事
工
概
基
一般事項
ダクト材料使用一覧表
ダクト材料仕様
ダクト製作仕様
6-4-1 角ダクト製作仕様(共板工法)
6-4-2 排煙ダクト製作仕様(耐火ダクト)
6-4-3 共板工法の金具取付間隔
6-4-4 円形ダクト製作仕様
ハゼ・接合・補強
吊り金物・支持金物
キャンバス継手 (たわみ継手)
消音フレキシブルダクト
フレキシブルダクト
器具の取付
区画貫通処理
使用場所
7
品質管理チェックシート
7-1 ダクト工事チェックシート
1
2
3
4
5
6
総
則
工
事
概
要
全体工事工程表
施工管理体制表
・・・・・・ 1
配管作業管理フロー図
施
工
基
準
・・・・・・ 5
6-1
6-2
6-3
6-4
6-5
6-6
6-7
6-8
6-9
6-10
6-11
6-12
6-13
6-14
一般事項
配管材規格
継手材料規格
バルブ規格
他バルブ、継手規格
他バルブ、継手規格
配管使用区分
配管付属品使用区分
計器取り付け位置
支持・固定 配管支持一般事項
支持・固定 配管支持間隔
支持・固定 配管支持(振止め)
支持・固定 耐震支持
区画貫通処理
・・・・・・ 6
● 簡易仕様書として活用できないか
準
管材
次
・・・・・・ 6
・・・・・・ 7,8
・・・・・・ 9
・・・・・・ 10
・・・・・・ 11
・・・・・・ 12
・・・・・・ 13
・・・・・・ 14
・・・・・・ 15,16
・・・・・・ 17
継手・使用区分
・・・・・・ 18,19,20
パッキン等
・・・・・・ 2
・・・・・・ 3
・・・・・・ 4
・・・・・・
・・・・・・ 7
・・・・・・ 8
・・・・・・ 9
・・・・・・ 10
・・・・・・ 11
・・・・・・ 12,13,14
・・・・・・ 15
・・・・・・ 16
・・・・・・ 17
・・・・・・ 18
・・・・・・ 19
・・・・・・ 20
保温仕様 ・・・・・・ 21
・・・・・・ 21,
・・・・・・ 22,23,24,25,26
・・・・・・ 27,28
・・・・・・ 29
7
7-1
7-2
7-3
7-4
品質管理チェックシート
埋設配管工事チェックシート
空調配管チェックシート
衛生配管チェックシート
消火配管チェックシート
試験
・・・・・・ 22
・・・・・・ 23
・・・・・・ 24
・・・・・・ 25
今後の進め方及び課題
選定した40項目の作りこみ。(作業中)
 簡易仕様の使用方法の検討
 作成要領の現場・各社での評価
 エクセルへのデータの載せ方検討

(DWG・他データ形式は別が良いか?)
追加項目の検討
 配布・展開方法の検討

ダウンロード

WG3「施工要領書の整備」