Adaptive Playout Buffer Algorithm
for Enhancing Perceived Quality
of Streaming Applications
ユーザ品質を考慮したストリーミング
アプリケーションのためのプレイアウト機構
大阪大学 大学院基礎工学研究科
村田研究室
藤本 康平
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
1
ストリーミングアプリケーション
server
 データをダウンロード
Source file しながら、到着した
♪
データから直ちに再生
♪
♪♪
Internet
♪
Access line
♪
♪
♪
♪
♪
♪
♪
- IPフォン,
音声会議
(vat, NeVoT..)
- インターネットラジオ
(Winamp, RealPlayer..)
- etc
client
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
2
遅延に関する問題
データの転送遅延が保証されていない
Internet
2
4
入れ替わり
3
1
正しく再生
できない
遅延のばらつき
server
client
パケット
パケットロス
いつまでも
再生されない
プレイアウトバッファアルゴリズム
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
3
プレイアウトバッファアルゴリズム
(PBA)
Internet
5
7
入れ替わり
6
4
♪
3 2 1
♪
遅延のばらつき
♪
♪
×
server
♪
♪
client
パケットロス
プレイアウト遅延
オーディオデータの再生を安定させる
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
4
プレイアウト遅延
 PBA の重要なパラメータ
‐ プレイアウト遅延が短い場合
ロスしたとみなすパケットが増加するため音質は低くなる
が到着したパケットは短い待ち時間で再生される
‐ プレイアウト遅延が長い場合
実時間性は下がるが、再生できるパケットは増える
プレイアウト遅延と再生される音質の間には
トレードオフの関係がある
トレードオフの関係を統計的に分析し、適
切な値に設定することにより品質を保証
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
5
既存のPBA
 パケットロス率は 0% にする
 プレイアウト遅延は可能な限り小さくなる
ようにする
約 5% のロスが生じた音声でも
ユーザは我慢できる
ユーザの要求するパケットロス率を
満たしつつ、プレイアウト遅延を最小化
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
6
アプリケーションの品質の考察
 既存の PBA では、ネットワークパラメータ
を制御する
ネットワークパラメータとユーザの感じる
品質の関係については考えていない
ユーザの感じる品質を最適に
する制御も必要
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
7
研究の目的
 パケット転送遅延の特性を明らかにし、
パケットロス率(音質) とプレイアウト遅延
(実時間性)の関係をモデル化する
 遅延モデルを利用して、ユーザの期待する
ロス率を満たす PBA を提案する
 ユーザの感じる品質が最も高くなるような
プレイアウト遅延の制御を行う PBA を提
案する (Enhanced MOS PBA)
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
8
Enhanced MOS PBA (E-MOS)
ユーザの感じる品質が最も高くなるような
プレイアウト制御を行う
ネットワークパラメータと
MOS の関係を明らかにする
現在のネットワークの状況において
実現可能な遅延とロス率の関係を
明らかにする
MOS を最高にするプレイアウト遅延の
算出方法を明らかにする
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
9
ネットワークパラメータと MOS の関係
• VoIP において、エンコーダ、遅延、ロス率に対する
MOS の調査を行った文献を参照
5
MOS
4
3
2
1
1% Loss
5% Loss
(Encoder: G711)
0
0 50 100 150 200 250 300 350 400
End-to-End One-way Delay [msec]
[11] C. Savolaine, “QoS/VoIP Overview,” in IEEE Communications
Quality & Reliability (CQR 2001) International Workshop, April, 2001
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
10
MOS 関数
 MOS の分布より近似曲線を算出し、
MOS 関数を作成する
5
4
3
Loss1
2
Loss5
1
M(1,d)
M(5,d)
0
0
50
100
150
200
250
300
350
Playout Delay [msec]
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
11
400
遅延分布のモデル化
0.1
Delay distribution
Pareto distribution
0.01
0.001
150
200
250
300
350
400
Delay [msec]
遅延の確率分布をパレート分布でモデル化
プレイアウト遅延を x msec に設定すると、
y×100 % のパケットの再生が推定できる
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
12
MOS 関数のパラメータ
 遅延モデルと MOS 関数より、MOS が最高
となる遅延を推定
‐ 到着したパケットの遅延モデル (パレート分布)
‐ 実際のパケットロス率 (pn: ネットワークにおけるロス)
(1)
(2)
‐ MOS関数への代入 (pnは外部要因であるため一定とする)
(3)
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
13
MOS 関数の最大値の算出
5
Q(d)
4
3
2
1
0
0
d
100
200
300
400
500
600
Playout Delay (d) [msec]
(α: 9.10 , k: 15.53)
 Q’(d) よりはさみうち法を用いて、最大値
をとるdを算出
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
14
E-MOS アルゴリズム
ユーザの感じる品質 (MOS) が最適になるよう
プレイアウト遅延を制御する
1. 到着したパケットの遅延を記録
2. 記録した過去 n 個の遅延値より、パレート
分布に必要なパラメータ (α,k) を算出
3. α, k , Q(d) より、MOS 値が最高
になるプレイアウト遅延の値を算出
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
15
性能評価1
アルゴリズム
目標再生率
[%]
パケットロス率 平均プレイアウ
[%]
ト遅延[msec]
MOS値
95
99
5.7
0.94
227.92
387.12
2.22
2.41
Exp-Avg
99.9
-
0.12
4.54
770.44
247.91
0.59
2.38
F-Exp-Avg
SPD
Window
99
0.1
5.44
1.34
970.34
198.74
362.57
E-MOS
-
2.95
294.75
0.10
2.33
2.47
2.49
LossControl
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
16
性能評価2
アルゴリズム
目標再生率
[%]
パケットロス率 平均プレイアウ
[%]
ト遅延[msec]
MOS値
95
99
6.02
1.77
40.61
58.45
2.99
3.83
Exp-Avg
99.9
-
0.60
4.93
375.28
39.79
3.61
3.21
F-Exp-Avg
SPD
Window
99
0.04
3.08
2.33
102.26
39.74
48.60
4.13
3.57
3.72
E-MOS
-
0.10
77,71
4.17
LossControl
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
17
実装実験
 E-MOS の計算量、実現性を調べる
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
18
実装結果
パケット
アルゴリズ
ロス率
ム
[%]
Exp-Avg
E-MOS
4.52
0.50
平均プレイ
アウト遅延
[msec]
35.23
63.14
MOS値
3.45
4.01
E-MOS は高い品質をユーザに提供できる
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
19
まとめ
 パレート分布による遅延分布のモデル化
 再生率を制御可能なプレイアウトバッファ
アルゴリズムを提案
 ユーザの感じる品質を最適化するプレイ
アウトバッファアルゴリズムの提案
 シミュレーション、実装結果による提案
アルゴリズムの有効性の確認
2002/2/20
平成13年度 修士論文発表会
20
ダウンロード

ppt - 先進ネットワークアーキテクチャ研究室